レビュー
フォレスターの外観はキープコンセプトだが中身は一新して魅力倍増!

スバル 新型フォレスター“速”試乗/ハイブリッド「e-BOXER」が安すぎる!

2018年6月20日、スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の5代目となる新型モデルが発表された。

スバル 新型フォレスターの走行イメージ

スバル 新型フォレスターの走行イメージ

新型フォレスターには、「e-BOXER」と呼ばれるハイブリッドモデルが新たにラインアップされている。また、運転者の顔を認識する「ドライバーモニタリングシステム」が搭載されていることや、走行性能としては最新のプラットフォーム「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」が採用されているなど、新たな技術が搭載されていることもトピックだ。もちろん、これまで通り悪路における変わらぬ走破性も健在だ。

新型フォレスターのグレードラインアップと価格は、以下の通りとなる。

■新型フォレスターのグレードと価格


・2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴+モーター(e-BOXER)
Advance:3,099,600円


・2.5L 水平対向4気筒DOHC直噴
Premium:3,024,000円
Touring:2,808,000円
X-BREAK:2,916,000円

なお、発売については2.5リッター水平対向4気筒エンジン搭載車が2018年7月19日、e-BOXERと呼ばれるハイブリッド搭載車は2018年9月14日に発売が予定されている。

今回、全長4kmのクローズドコースで、e-BOXERと2.5リッターエンジン搭載モデルに試乗したほか、オフロードコースにも試乗することができたので、新型フォレスターの魅力を、試乗を通じてお伝えしたい。

なお、今回は新型フォレスターを以下の項目において5段階で採点して、評価する。

・運転のしやすさ(取りまわし性/視界)
・内装(質感/スイッチの操作性とメーターの視認性)
・居住性&荷室(前後席の居住性/荷室の広さと使い勝手)
・走行性能(動力性能/走行安定性)
・乗り心地
・安全&快適装備
・価格
・総合評価
※上記項目について、それぞれ1〜5点の5段階で採点、評価

新型フォレスターの運転のしやすさ(取りまわし性/視界)

スバル 新型フォレスターのフロントエクステリア(グレードはAdvance)

スバル 新型フォレスターのフロントエクステリア(グレードはAdvance)

スバル 新型フォレスターのリアエクステリア(グレードはAdvance)

スバル 新型フォレスターのリアエクステリア(グレードはAdvance)

フォレスターは、SUVの中では視界にすぐれている。だが、先代に比べると、新型フォレスターは視界がやや悪化している。昨今のクルマに多い「囲まれ感」を重視しており、サイドウィンドウの後端部分が少し大きめに持ち上がっていて、斜め後方の視界は若干だがそがれている。最近のクルマは、全般的に視界が著しく悪いから、フォレスターは見やすいほうではある。だが、先代に比べればやや流行に押された妥協が見える。

最小回転半径は5.4m。先代に比べてホイールベースを30mm伸ばした影響もあって、わずか0.1mではあるが拡大した。

評価:★★★★☆(4点)
コメント:先代に比べると視界、小回り性能ともに少し悪化した。全幅も20mm広がって1,815mmになったが、それでも昨今のSUVラインアップの中では運転しやすい部類に入るだろう。

新型フォレスターの内装(質感/スイッチの操作性とメーターの視認性)

スバル 新型フォレスターのインパネ

スバル 新型フォレスターのインパネ

新型フォレスターのインテリアは、ほかのスバル車と同様にスタイリッシュながら機能も重視したデザインが採用されている。インパネの形状は、オーソドックスではあるものの手触りのいいソフトパッドやステッチがあしらわれており、細部まで上質に造り込まれている。

スバル 新型フォレスターのメーター

スバル 新型フォレスターのメーター

スバル 新型フォレスターのセンターコンソール

スバル 新型フォレスターのセンターコンソール

大径メーターは見やすく、カーナビ画面が収まるインパネ中央のあたりは手前に張り出されていて、操作しやすい。また、新型フォレスターでは、パーキングブレーキが従来のレバー式からスイッチへと変わっているのも、変更点のひとつだ。

スバル 新型フォレスターの「X-MODE」スイッチ

スバル 新型フォレスターの「X-MODE」スイッチ

センターコンソールには、ダイヤルスイッチの「X-MODE」が配置されている。X-MODEとは、悪路にはまってしまったときなどに走破力を高めて脱出を助けてくれる4輪制御技術のこと。先代のX-MODEはONかOFFかだけであったが、新型フォレスターでは新たに2つの走行モードを切り替えることができるようになった。

ひとつは、雪道や砂利道など滑りやすい路面を走行するときに使用する「SNOW・DIRT」モード。もうひとつは、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような路面で使用する「DEEP SNOW・MUD」モードだ。いざというときには、路面を見て適切な走行モードへすぐに切り替えることができる。先代よりも、かなり使いやすくなったといえるだろう。

評価:★★★★☆(4点)
コメント:インテリアは、実用性を優先させながら、見栄えや手触りもいい。落ち着きがあって、高い質感を実現している。

新型フォレスターの居住性&荷室(前後席の居住性/荷室の広さと使い勝手)

スバル 新型フォレスターのフロントシート

スバル 新型フォレスターのフロントシート

新型フォレスターの居住空間は、ミドルサイズSUVとしては広い。フロントシートはサイズに余裕があり、背もたれは若干硬めだが、腰を中心に体をしっかりと支えてくれる。座面は柔軟でボリューム感があって、座り心地は快適だ。

スバル 新型フォレスターのリアシート

スバル 新型フォレスターのリアシート

リアシートは、先代もそれなりに快適ではあったのだが、新型ではさらによくなっている。新型フォレスターでは、ホイールベースが30mm伸ばされているのだが、その30mmをリアシートの足元空間に充てているからだ。座面の奥行が20mm伸びており、膝の裏側まで確実に支えてくれる。

さらに、リアシートは座り心地も改善されていて、特に体重が加わる座面のうしろはしなやかに沈んで、サポート性もいい。

評価:★★★★☆(4点)
コメント:新型フォレスターの居住性は、SUVの中でもすぐれている。最低地上高が220mmに達するSUVとしては、床が低めで乗降性がいい。フロント、リアシートともに座り心地は快適で、寛げる居住空間が提供されている。

新型フォレスターの走行性能(動力性能/走行安定性)

左が「e-BOXER」を搭載するAdvance、右が2.5リッターを搭載するX-BREAK

左が「e-BOXER」を搭載するAdvance、右が2.5リッターを搭載するX-BREAK

新型フォレスターのエンジンには、2リッター水平対向4気筒 直噴にモーターを組み合わせたe-BOXERと、2.5リッター水平対向4気筒 直噴の2種類がラインアップされている。

スバル 新型フォレスター2.5リッター搭載グレードの走行イメージ

スバル 新型フォレスター2.5リッター搭載グレードの走行イメージ

まず2.5リッターは、先代に搭載されていた2リッターエンジンと比べると、500ccの排気量拡大と直噴化によって、幅広い回転域で動力性能が向上している。先代は3,500rpm以下の駆動力は不足していたが、新型フォレスターではちょうどいいパワーだ。しかも、4,000rpmを超えれば加速が活発になり、適度にスポーティーな走りも楽しめる。

スバル 新型フォレスターe-BOXER搭載グレードの走行イメージ

スバル 新型フォレスター、e-BOXER搭載グレードの走行イメージ

対するe-BOXERは、2.5リッターほどのパワフルさはない。アクセルペダルを深く踏み込んだ際のエンジンノイズは粗く、やや耳障りだ。モーターの最高出力が13.6PS程度のため、加速を強力にアシストしてくれるわけではない。だが、低回転域でアクセルペダルを緩く踏み増したときなどには、すぐにモーターの駆動力が立ち上がる。そこからは、速度が滑らかに上昇して、ノイズもなく静かな加速感が得られる。

スバル 新型フォレスターの走行イメージ

スバル 新型フォレスターの走行イメージ

走行安定性と操舵感は、全高が1,700mmを超えるSUVとしてはかなりすぐれている。スバル最新のプラットフォーム「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」が採用されていることもあって、カーブの手前でハンドルを切り込むと、前輪が適度に反応して車両を内側に向けてくれる。鈍ければ旋回軌跡が拡大して曲がりにくく、機敏であれば不安定になるが、反応がいいので運転しやすい。無理に速度を上昇させれば旋回軌跡が大回りになるが、少々スポーティーな走りをしても問題ないレベルだ。

さらに、後輪の接地性が高いので、カーブを曲がっている途中でアクセルペダルを緩めたり、ハンドルをさらに内側に切り込んでも安定している。これならば、仮に挙動を乱しても動きがゆっくりして唐突感もないので、修正操舵もしやすいだろう。

スバル 新型フォレスター、ダートコースの走行イメージ

スバル 新型フォレスター、ダートコースの走行イメージ

さらに、新型フォレスターでダートコースも試乗した。試乗車のX-BREAKには、17インチのオールシーズンタイヤが装着されていた。ダートコースはかなり滑りやすかったが、多くはノーマルモードでも十分に走破することができる。だが、凹凸の厳しい路面になると前輪を中心に空転が始まってしまう。

スバル 新型フォレスター、ダートコースの走行イメージ

スバル 新型フォレスター、ダートコースの走行イメージ

そこで、X-MODEのスイッチを「スノー&ダート」に入れると、空転が抑えられて走破することができる。エンジン特性や4WDに採用される多板クラッチの締結力、空転したホイールの制動力(ブレーキを掛けて駆動力の伝達効率を確保する)などが総合制御され、走破力を向上させる仕組みだ。

スバル 新型フォレスター、ダートコースの走行イメージ

スバル 新型フォレスター、ダートコースの走行イメージ

だがフォレスターは、センターデフ式4WDを採用しているトヨタ「ランドクルーザー」のような本格的なオフロードSUVではないので、X-MODEの制御をフルに作動させる時間が長引くと、油温の上昇を招いてしまう。あくまで、キャンプ場にあるぬかるみなどで立ち往生しないような制御と考えるべきだろう。

評価:★★★★☆(4点)
コメント:2.5リッターエンジンは動力性能が高く、幅広い走行シーンに適している。e-BOXERは、静かで滑らかな巡航や市街地走行が得意だ。X-MODEは、短い距離や時間での悪路走行をサポートしてくれる。

新型フォレスターの乗り心地

新型フォレスターで舗装路を走行した際のAdvance(e-BOXER)とPremium(2.5リッター)グレードは、いずれも18インチタイヤを装着していた。タイヤの銘柄はどちらもブリヂストン「デューラーH/Pスポーツ」で、指定空気圧は前輪が230kPa、後輪は220kPaだ。

スバル 新型フォレスターの試乗イメージ

スバル 新型フォレスターの試乗イメージ

乗り心地はやや硬めだが、大きな凹凸を乗り越えたときに生じる突き上げ感は抑えられている。また、AdvanceはPremiumに比べて車重が110kgほど重く、乗り心地はPremiumに比べてわずかに柔らかかったために快適に感じた。

評価:★★★☆☆(3点)
コメント:18インチタイヤの乗り心地はやや硬く感じるが、突き上げ感は抑えられている。Advanceのほうが、Premiumよりも少し快適だ。

新型フォレスターの安全&快適装備

スバル 新型フォレスターには最新のアイサイトなど、安全機能が豊富に備わっている

スバル 新型フォレスターには最新のアイサイトなど、安全機能が豊富に備わっている

新型フォレスターには、改良を重ねて熟成されたスバルの安全運転支援システム「アイサイト」が搭載されている。自動車や歩行者、自転車を検知し、夜間における安全性能も向上させている。

さらに、昨年2017年にレヴォーグへ初めて採用された、高速道路などでの疲れを軽減してくれる「ツーリングアシスト」が、新型フォレスターの全グレードに搭載されている。また、歩行者保護エアバッグなど最新の安全装備も標準で装着されているなど、新型フォレスターの安全性能は最新のスバル車らしく、かなり高い性能を誇っているといえる。

スバル 新型フォレスターに搭載されている「ドライバーモニタリングシステム」による顔認識イメージ

スバル 新型フォレスターに搭載されている「ドライバーモニタリングシステム」による顔認識イメージ

また、Advanceのみではあるが、スバル初となるシステム「ドライバーモニタリングシステム」が標準装備されている点に注目したい。ドライバーモニタリングシステムは、単眼カメラがドライバーの顔を常にモニターしてくれて、疲労や眠気が生じていると判断されたときには、警報音と警告表示で注意をうながしてくれるというもの。

運転者の顔とシート位置を記憶させれば、乗車した際にドライバーを識別して、自動でシートが調節されるので便利だ。たとえば、体格の異なる夫婦や家族など、男女間で1台のフォレスターを使うようなシチュエーションにおける使い勝手は高いはずだ。

評価:★★★★★(5点)
コメント:アイサイトツーリングアシストなど、スバル最新の安全、快適機能がほぼ標準で搭載されている。また、他社にはない顔認識機能「ドライバーモニタリングシステム」が初搭載されている点も特徴的だ。

新型フォレスターの価格の割安感

スバル 新型フォレスターの走行イメージ

スバル 新型フォレスターの走行イメージ

新型フォレスターは、安全装備の充実や排気量の拡大を考慮すれば、実質的には値下げされているといえる。エンジンだけをみても、排気量は500cc拡大された。100ccの相場は2万円だから、実質10万円に相当する。しかも、直噴化されているので実際にはさらに買い得となる。

e-BOXERを搭載するAdvanceは、Premiumに比べて価格差はわずかに7万5,600円だ。Advanceに装備されている「ドライバーモニタリングシステム」の価格換算は少なくとも10万8,000円にはなるから、Advanceはe-BOXERを搭載したにもかかわらず、2.5リッターに比べて実質的に3万円程度安い。

評価:★★★★★(5点)
コメント:新型フォレスターの機能や装備内容を考えれば、価格はとても割安といえる。

総合評価

新型フォレスターの燃費は、WLTCモードで以下のとおりとなる。

■新型フォレスターの燃費


・WLTCモード
e-BOXER:14.0km/L
2.5リッター:13.2km/L


・市街地モード
e-BOXER:11.2km/L
2.5リッター:9.6km/L


・郊外モード
e-BOXER:14.2km/L
2.5リッター:14.6km/L


・高速道路モード
e-BOXER:16.0km/L
2.5リッター:16.4km/L

WLTCの総合モードと市街地モードについてはe-BOXERがすぐれているが、速度域が高く減速の少ない郊外モードと高速道路モードでは、2.5リッターの燃費のほうが上まわってしまう。

つまり、e-BOXERはハイブリッドでありながら、燃費についてはシチュエーションによって一長一短だ。そうであれば、2.5リッターのPremiumとe-BOXERのAdvanceに価格差が設けられなかったことは納得できる。

高速道路や峠道を走る機会が多い、もしくはスポーティーな運転を楽しみたいユーザーは2.5リッター(とくに、Touringに安全装備を加えると割安になる)、市街地を中心に走行距離が伸びるユーザーはe-BOXERを搭載するAdvanceという選び方になるだろう。

燃費値はともかくとして、機能や装備、そして価格のバランスを考えれば、ドライバーモニタリングシステムまで装備されているAdvanceが圧倒的に割安だ。

スバル 新型フォレスターのイメージ

スバル 新型フォレスターのイメージ

新型フォレスターは外観こそキープコンセプトだが、排気量をアップした2.5リッターエンジンにハイブリッドのe-BOXERなど、エンジンが一新された。プラットフォームの刷新もあって、走行性能は満足できるものにまで引き上げられていて、乗り心地もいい。悪路走破のX-MODEも改良された。さらに、スバル最新の安全装備が搭載されていて、居住性や積載性も満足できる。

新型フォレスターは、見栄えだけが保守的だが、トータル性能の高さによって安心して推奨することのできる、高い魅力を備えるSUVへと変貌している。

総合評価:★★★★☆(4点)

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る