いいモノ調査隊
自分には無縁だと思っていませんか?

まさかのバッテリー上がりに! 「ジャンプスターター」で安心を常備

自動車ライターのマリオ高野です。

クルマ好きのたしなみとして、昔からブースターケーブルを愛車の荷室の片隅に常備しています。

ブースターケーブルは、自分の愛車がバッテリー上がりを起こした際はもちろん、別のクルマがバッテリー上がりを起こした場合にも役立つので、カーライフの必需品といえます。常備している方も多いことでしょう。

バッテリー上がりを起こした車は、ブースターケーブルで他車とつないで始動してもらうことができます

バッテリー上がりを起こした車は、ブースターケーブルで他車とつないで始動してもらうことができます

バッテリー上がりから再起させるモバイルバッテリー

しかしブースターケーブルは、バッテリーが正常なクルマが別にもう1台存在しないと役に立たないのがネックです。たとえば、交通量が極端に少ない山奥などで愛車がバッテリー上がりを起こすと、親切な人が乗ったクルマが奇跡的に通りかかるか、JAFや保険会社のロードサービスなどの救援が来るのを待つしかありません。

そこでおすすめなのが、「ジャンプスターター」という、バッテリー上がりを起こしたクルマのエンジンを始動させるためのモバイルバッテリーです。エンジン始動用のバッテリーは、昔から自動車の整備工場やJAFなどで使われてきましたが、最近になって軽量コンパクト化が進み、携帯するのに便利なモノが出回るようになりました。低価格化も進んだので、愛車に常備すべきアイテムとして強くおすすめしたいと思います。

今回は数あるジャンプスターターの中から、Arteckの「ジャンプスターター(12V車用エンジンスターター)」を試してみました。

本機とクルマのバッテリーをつなぐクランプ付きケーブルと、各種デバイスを充電するためのケーブル(白)が付属します。使えるのは、アップルのDockコネクタ、Lightning端子、USBミニです

ケース内にスッキリと収まった様子。愛車内の常備のほか、男性ならバッグなどに入れて持ち歩くのに不便を感じさせないサイズです。本体とクルマをつなぐためのケーブル&クランプ、そしてモバイル機器の充電用のケーブルが付属します。ケースとケーブルなどは荷室の片隅に置き、本体はモバイルバッテリーとして使うのもアリでしょう

ジャンプスターターとしての機能以外にも、携帯式バッテリーチャージャーとしてスマートフォンやデジタルカメラなどが充電でき、ポータブルLEDフラッシュライト(SOSシグナル点滅はフル充電時で120時間発光)も備わっています。
クルマに置いておくと便利な、多機能なモバイルバッテリーという感覚です。大きさは(幅×高さ×奥行)13.5×7.5×2cm、重さは240gで、携帯性は悪くありません。

専用ケースの質感は、価格からするとまずまず。愛車の荷室に常備してもジャマになることはないでしょう

専用ケースの質感は、価格からするとまずまず。愛車の荷室に常備してもジャマになることはないでしょう

ジャンプスターターへの充電(インプット)は、本体サイドにあるUSB端子から行います(左上)。使い切った状態から満充電まで5〜6時間かかります(右上)。クルマのバッテリーとつなぐコードは、クルマのイラストが描かれた部分の端子から(左下)。その隣の端子は、スマホなどのモバイル機器への充電用です(右下)

放置してある古い愛車で試してみた

数年前にバッテリーが上がって、そのまま放置していた愛車で始動テストをしてみます。キーを回してもウンとスンともいわない状態なので、経験上他車とつないでも始動が困難となる場合もあります

ブースターケーブルも、しっかりしたものは長さや太さが結構あり、意外とかさばるもの。シガーライターソケット同士をつなぐタイプのものもありますが、これもかさばります

取扱説明書に書かれている日本語は、ネットで翻訳したそのままっぽい感じの微妙な日本語ですが、内容は普通に理解できると思います。

さっそくワタシの愛車の1つ、初代スバル・インプレッサWRX(エンジン排気量1994cc、バッテリー規格:55D23L)で試してみました。

数年前にバッテリーが上がったまま放置し、機能が完璧にゼロになった古いバッテリーも、難なく一発でエンジンが始動。始動時の電気パワー感はかなり頼もしい雰囲気で、新品のバッテリーを搭載した状態での始動とほぼ変わりませんでした。クランプをつなぐ手間など、作業面でも従来のようにブースターケーブルでつなぐ方法よりはるかに簡単にて、ちょっとした感動を覚えたほどです。

手順は超簡単。付属のクランプをバッテリーの端子に付けて(黒はマイナス、赤はプラス)、本体とつなぐだけ。このとき、クルマ側はキーを回すなどの操作はまだ不要です

プラスとマイナスを間違えないような配慮もなされるところに、作り手の親切さを感じました

プラスとマイナスを間違えないような配慮もなされるところに、作り手の親切さを感じました

商用バンや輸入車など、エンジンルーム以外にバッテリーが搭載されるクルマの場合は、ケーブルなどをつなぎにくいこともありますが、これならバッテリーがどこに搭載されていても簡単です

クランプと本体をつないで、このランプが赤く点滅するのを確認したら、写真の指先にあるボタンを長押しします。カチカチという小さな作動音が鳴り、ランプの点滅が緑色になったら準備OK。クルマのキーを回してエンジンを始動させます。取扱説明書に書かれた説明文では、ちょっとわかりにくいかもしれません

エンジンが始動できたら完了なので、クランプを外します。バッテリーが死んでいる場合でも、クルマ側の充電機能が正常なら普通に走行可能ですが、速やかに新品バッテリーに交換しましょう。マニュアルトランスミッション車の場合、路上でエンストしてしまうと自力では再始動できない可能性が高いので、エンストにはくれぐれもご注意ください

クルマのエンジンを始動させるには、残量半分以上の充電が必要と記されています

クルマのエンジンを始動させるには、残量半分以上の充電が必要と記されています

ジャンプスターター本体の電気残量は4つのランプで表示。購入した時点でほぼ満充電だったので、そのまま使えました。排気量が2500cc以上のクルマでは、ワンランク大きな容量をお買い求めください。

使用シーンを動画でご覧ください。このとおり、実にカンタンです!

スマホなどの充電も可能です

自動車のバッテリーは、ある日突如として上がってしまうことが多いもの。特に気温が下がる冬場は、不意打ちのようにバッテリーが急死するリスクが高くなるので、これからの季節(秋から冬にかけて)はバッテリー上がりに備えておくことの重要性が高まります。

年式が新しいクルマでは、当然ながら搭載されるバッテリーも新しいので、ライトのつけっ放しなどのミスをやらかさないかぎり、バッテリーが上がることはないと思われがちですが、それはカーライフの落とし穴。

たとえば、月に2〜3回しか運転しなかったり、一度の運転で走らせる距離(エンジンの稼働時間)が短かったり……などといった運転状況は、実はバッテリーの負担が大きく、予想よりも短期間でバッテリーが寿命を迎えやすくなってしまうもの。

しかも、最近のクルマは電子制御の塊と化しており、基本的に昔のクルマよりもバッテリーの負担が大きくなっているので、新車でも油断は禁物なのです。

自動車のエンジン始動のほか、スマートフォン、タブレット、カメラ、GPSユニット、MP3プレーヤー、ワイヤレスヘッドホン、携帯ゲーム機などのデバイスへの充電ができます

巨大台風や地震などの自然災害による停電リスクが高まった昨今、モバイルバッテリーは1つでも多いと安心だと思います。また、愛車のバッテリー上がりなど、カーライフのトラブル対策以外でも有事の際に役に立つ可能性は高いといえますので、常備することをおすすめします。

モバイルデバイス用の充電端子。私のAndroidスマートフォン(USB Type-C)に対応する端子はありませんでしたが、常用の充電用コードが使えるので問題ありませんでした

付属のLEDライトは、たとえば暗闇の中でクルマのバッテリー端子とジャンプスターターをつなぐなどの作業ができるほどの十分な明るさを発揮。有事の際には懐中電灯代わりにもなるでしょう

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る