レビュー
e-BOXERの本命はフォレスターじゃなくてXVかも!?

独特の加速感が爽快!スバルXV「e-BOXER」実燃費を計ってみたら…

2018年10月19日、スバルのクロスオーバーSUV「XV」に、ハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載したモデル「XV Advance」が新たにラインアップされた。

スバルのハイブリッドシステム「e-BOXER」が搭載された「XV Advance」

スバルのハイブリッドシステム「e-BOXER」が搭載された「XV Advance」

e-BOXERは、2018年6月にフルモデルチェンジされたスバル「フォレスター」で初めて採用されたハイブリッドシステムだ。e-BOXERの搭載は、フォレスターに次いでXVが2車種目となる。

e-BOXERは、CVTに1つのモーターを組み合わせるという、比較的シンプルな仕組みのマイルドハイブリッドだ。e-BOXERではモーターのみで走行したり、減速時にはモーターが発電して電気をリチウムイオン電池に蓄えてくれる。

XV Advanceに搭載されているモーターは、最高出力が10kW(13.6PS)、最大トルクは65N・m(6.6kgf・m)と、動力性能はそれほど高くはない。そのため、モーターだけで駆動するEV走行で力強く加速するようなことはないが、平たん路などではアクセルに対する反応が素早く、モーターの恩恵を感じる。エンジンの回転数が下がって駆動力が落ち込むような領域を、モーターが上手にカバーしてくれるので、走りは滑らかだ。

スバル「XV Advance」の試乗イメージ

スバル「XV Advance」の試乗イメージ

アクセルペダルを踏み続けると、3,500rpmあたりから速度が活発に上昇を始める。さらに高回転域まで回すと、モーター駆動の効果は薄れるがスポーティーに伸びていく加速感を味わえる。また、巡航中にはどのタイミングでアクセルを踏んでも、モーターがエンジンをアシストしてくれるので快適だ。

ただし、時速30〜40kmあたりをエンジンが停止した状態でEV走行中に、アクセルペダルを踏んでエンジンがかかった瞬間、前方へ少し押されるようなショックが伝わってくることが少し気になった。

XV Advanceの車重は、1,550kg。XV Advanceと同等の装備を採用した「XV 2.0i-S eyeSight」の1,440kgに比べて、XV Advanceは110kg重い。車重が100kg以上重ければ走行安定性に影響を与えそうなものだが、実際に運転すると重さはほとんど気にならない。

駆動用リチウムイオン電池は、左右の後輪の中央付近(荷室の床下あたり)に搭載され、慣性の影響を受けにくい。最低地上高は200mmを確保しているから、悪路の凹凸を乗り越えやすいうえ、素早い切り返しなどでも左右にあおられるような挙動は生じにくく、重心の高さはほとんど感じさせない。

スバル「XV Advance」の試乗イメージ

スバル「XV Advance」の試乗イメージ

XV Advanceのコーナーリング性能は絶妙だ。高重心で車重も1,500kgを超えているので、普通なら後輪側の安定性を重視して少し曲がりにくいセッティングにするのだが、XV Advanceはよく曲がる。

ためしに、危険回避を想定してハンドルを内側へ切り込みながらアクセルペダルを戻す操作をすると、よく曲がる代わりに後輪の踏ん張り感はややゆるいものの、挙動の変化が穏やかなので不安は感じず、むしろ“操れている”という実感が高まる。もともとスバルはそのあたりの味付けがうまいのだが、XV Advanceでもそれが明確に表れていた。

スバル「XV Advance」のホイール&タイヤ

スバル「XV Advance」のホイール&タイヤ

XV Advanceは、タイヤサイズが18インチ(225/55R18)ということもあって、市街地を時速40km以下の低速で走行すると、やや硬めな印象を受ける。だが、細かな路面の粗さを拾ってしまうようなことはなく、大きな段差を乗り越えたときのショックもやさしい。タイヤの指定空気圧は、前輪が230kPa、後輪は220kPa。ハイブリッドだからといって、燃費を上げようとむやみに高い数値にしていないので、乗り心地は不快には感じない。

スバル「XV Advance」のフロントエクステリア

スバル「XV Advance」のフロントエクステリア

スバル「XV Advance」のリアエクステリア

スバル「XV Advance」のリアエクステリア

XV Advanceのボディサイズは、ベースのXVとまったく同じで、取り回し性は良好だ。全幅は、同社の「インプレッサスポーツ」よりも25mmワイドだが1,800mmに収まり、全長も4,500mmを下回る。このサイズなら、混雑した市街地でも楽に運転できる。1,550mmの全高は、立体駐車場が利用できるように配慮されている。

XV AdvanceのJC08モード燃費は「19.2km/L」、WLTCモード燃費は「15.0km/L」。XVの1.6リッターのJC08モード燃費が「16.2km/L」、同2.0リッターが「16.4km/L」なので、XVの中では高い燃費値を誇る。また、e-BOXERを搭載したフォレスターAdvanceの燃費は、JC08モード燃費が「18.6km/L」、WLTCモード燃費が「14.0km/L」なので、ボディが軽い分、XV Advanceの燃費値のほうがややすぐれている。なお、記事の後半には編集者による実燃費テストの結果も記載しているので、そちらもご覧いただければ幸いだ。

XV Advanceの価格は、282万9,600円。XV Advanceに近く、ノーマルエンジンを搭載するグレード「XV 2.0i-S eyeSight」との価格差は12万9,600円だ。たとえば、トヨタ車はハイブリッドになると30〜40万円ほど高くなるので、スバルのe-BOXERはかなり安いと言える。

XV Advanceは、エコカー減税でも有利だ。自動車取得税と自動車重量税の合計額は、2018年度のエコカー減税を加味すると、XV Advanceが5万7,400円、XV 2.0i-S eyeSightは9万円となる。XV Advanceの税額は3万2,600円安く、この金額を価格差の12万9,600円から差し引いた9万7,000円が、XVにおけるe-BOXERの最終的な価格差となる。

実用燃費は、JC08モード燃費の85%、レギュラーガソリン価格が1L当たり155円とすれば、1km当たりの走行コストはXV Advanceが9.5円、2.0i-Sアイサイトは11.4円だ。1km当たりの差額は1.9円で、9万7,000円の実質差額は約5万kmの走行で取り戻せる。

これはハイブリッドの損得勘定の中では短い部類に入る。XV Advanceの燃費値そのものは、他社のハイブリッドカーと比べればあまりいいとは言えないが(エコカー減税も免税にならず減税にとどまる)、ハイブリッドの価格が安い分、短い走行距離で取り戻せる。

スバル「XV Advance」の試乗イメージ

スバル「XV Advance」の試乗イメージ

XV Advanceは、モーター駆動を得たことで低回転域を中心に動力性能を高めた。燃費だけでなくドライバビリティの魅力が増しており、e-BOXERは割安な価格で購入することができる。XV Advanceは選ぶ価値が高いので、XVを購入するときには、Advanceを積極的に検討したほうがいいだろう。

スバル「XV Advance」実燃費テスト

スバル「XV Advance」のエンジンルームには、「e-BOXER」のロゴが光る

スバル「XV Advance」のエンジンルームには、「e-BOXER」のロゴが光る

スバルのハイブリッド技術「e-BOXER」を備えた「XV Advance」。今回、ハイブリッドカーということで、気になるXV Advanceの実燃費を編集部員Sが測定してみた。

実燃費テストの走行パターンは、「市街地」「郊外路」「高速道路」の3種類でそれぞれ計測。走行ルートは、「市街地」が新宿から八王子までの渋滞の激しい約30kmのルート。「郊外路」は、八王子から高尾山を過ぎ、相模湖から道志みちに入り途中で折り返す、信号が少なく快走路からワインディングまで変化に富む約50kmのルート。「高速道路」は、相模湖ICから新宿までの約60kmのルートだ。

テスト実施日は、2018年11月7日の15時頃にスタート。当日の天気は曇りで、気温は21℃。XV Advanceには、「SI-DRIVE」と呼ばれる走行モードの切り替えスイッチが付いている。

ステアリングの右下にあるのがSI-DRIVEのモード切り替えスイッチ。今回は「S(スポーツ)ではなく「I(インテリジェント)」モードで燃費を測定した

今回のテストでは、SI-DRIVEのモードを「I(インテリジェント)」と呼ばれる出力が穏やかなモードにして燃費を測定した。

なお、XV Advanceのカタログに記載されているJC08モード燃費、およびWLTCモード燃費については以下のとおりだ。

スバル XV Advance 実燃費テスト/市街地編

市街地編では、新宿を起点として国道20号を走行し、八王子方面へと向かった。XV Advanceは、40km/hを超えるようなある程度スピードが出ているときの乗り味がとてもいい。その速度域でアクセルを軽く踏み込めば、エンジンとともにモーターによるトルクが瞬時に加わって、エンジンとモーターが一体になった滑らかで爽快な加速感が得られる。この乗り心地は、ハイブリッドならではだ。

ただし、渋滞時の0〜10kmといった極低速域では、「回生」が少し強めに効くためにアクセル調整がややしづらく感じる。また、停止状態から発進した直後はEVで走行し、10〜15km/hぐらいあたりでエンジンがかかるのだが、エンジンがかかる瞬間にわずかに前方へと押し出されるような感覚があり、渋滞で前方にクルマがいるときなどは少し驚くことがあった。このエンジン始動時に駆動系へと伝わるショックは、対応を望みたいところだ。

市街地編の燃費結果は、「14.2km/L」となった。

スバル XV Advance 実燃費テスト/郊外路編

スバル XV Advanceは、パワートレイン以外の基本的な部分はXVそのままなので、郊外路やワインディングでも気持ちよく、安心して走ることができる。XVというミドルサイズSUVは、日本のワインディングにはちょうどいいサイズ感だ。

また、当初はXV Advanceの車重の増加によって、走りに重さを感じるのではないかと懸念していたが、峠道ではXV本来の軽快さを残しつつ、e-BOXERによるしっとりとしてジェントルな乗り味を楽しむことができる。

制限速度の40〜50km/hあたりから、モーターアシストによって走りが上質な感触へと変化していく。制限速度の50km/hで巡航していると、どこまでも走って行きたくなるような感覚にとらわれる。e-BOXERとXVは相性がいい。峠を走ると、XVの魅力がe-BOXERによって引き上げられていることが一層わかる。

XV Advanceの郊外路の燃費結果は、「18.0km/L」となった。

スバル XV Advance 実燃費テスト/高速道路編

市街地や郊外路では気付いていなかったが、高速道路を80km/hで走行していると、ロードノイズが車内へと入ってくる。これは、少し気になるところだ。

高速道路では、e-BOXERならではの加速が味わえる。たとえば追い越しやパーキングエリアから本線への合流、料金所からの加速などでは、ノーマルのXVで見られるような非力さが解消されており、力強い加速によってスムーズに合流することができる。また、直線的にスピードが上がっていくようなモーターならではの加速感が楽しい。

また、e-BOXERはガソリンエンジンのような“荒々しさ”がない分、渋滞などに見舞われてアクセルを踏めないといったストレスを受けにくく、よりていねいな運転が心がけられるように感じた。

XV Advanceの高速道路の燃費結果は、「18.9 km/L」となった。

スバル XV Advance 実燃費結果のまとめ

以前ノーマルのXVへ試乗した際には、視界のよさや使い勝手の高さ、手頃な価格帯でX-MODEという本格的な4WDの走破機能を備えていることに感動した。だが、そんなXVの懸念点のひとつであったのがパワー不足だった。それが、XV Advanceでは解消されている。XV Advanceの、胸のすく加速感は実に魅力的だ。

さらに、もうひとつの懸念点であった燃費についても、今回テストした実燃費テストの結果はWLTCモード燃費を上回る結果となった。e-BOXERの乗り味は、これまでお伝えしたとおりガソリンエンジンとはまったく異なる。また、他社の都市部に強いハイブリッドと異なり、郊外路のようなある程度巡航できるような地域のほうが、XV Advanceの実力を発揮できると感じた。もし、試乗の機会があれば、ぜひe-BOXERとガソリンエンジンの両方を乗り比べてみてほしい。

-実燃費-
市街地の実燃費:14.2km/L
郊外路の実燃費:18.0km/L
高速道路の実燃費:18.9 km/L

-カタログ燃費-
市街地モード(WLTC-L):11.5km/L
郊外モード(WLTC-L):15.5km/L
高速道路モード(WLTC-H):16.8km/L
WLTCモード 総合燃費:15.0km/L
JC08モード燃費:19.2km/L

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る