選び方・特集

見た目も大事! バイクに乗る時に必要な機能性とデザインを兼ね備えた「ライディングシューズ」

近年、新しい生活スタイルの広がりもあって、バイク人気が高まっている。そこで今回は、バイクに乗り始めた人に、バイク用の靴「ライディングシューズ」を紹介しよう。普通の靴で乗っている人も多いが、安全性や操作性を考えると専用品を選ぶほうがいい。近頃流行のカジュアルなデザインのライディングシューズを中心にセレクトしたので、ライディングシューズの機能性は理解しているものの、“いかにもバイク用”といったルックスが苦手で避けていたリターンライダーや現役ライダーでも気に入るモデルが見つかるはずだ。

ライディングシューズは普通の靴と、どこが違う?

教習所で二輪免許証を取得する際、バイクで転倒した時のダメージを減らすため「くるぶしまでカバーする靴を履くように」とレクチャーされる。くるぶしが露出した状態で転倒すると、低速でも重傷になる場合があるからだ。もちろん、バイク用のライディングシューズでなくてもハイカットシューズはある。ただ、バイクに乗ることを想定して作られていないため、変速ギアのあるバイクに乗ると、シフトレバーの当たる部分が汚れたり傷んだりしやすい。

一般的なウォーキングシューズを履いてバイクに乗っていると、写真のように、シフトレバーの当たる左足の甲の部分が黒く汚れ、擦れて生地が薄くなったり、破れることもある

一般的なウォーキングシューズを履いてバイクに乗っていると、写真のように、シフトレバーの当たる左足の甲の部分が黒く汚れ、擦れて生地が薄くなったり、破れることもある

その点、大半のライディングシューズは、そうしたライディング中の操作で生じる靴へのダメージを低減する工夫が施されている。さらに、足を守るプロテクション機能も搭載。基本的にくるぶしをガードするハイカット仕様で、製品によって配置やカバー率など異なる部分はあるものの、プロテクターが内蔵されている。このほか、バイク操作のしやすさを考慮した素材やパーツが使われているのもポイントだ。

そんなライディングシューズの特徴を、RS TAICHI(アールエス タイチ)の「DRYMASTER-FIT フープシューズ(RSS011)」を用いて見てみよう。DRYMASTER-FIT フープシューズは、バイク用シューズに見えないデザインだが、内部にプロテクターを装備したり、グリップ性の高いソールを採用するなど、ライディングに必要な機能を随所に搭載した高性能モデルだ。

ハイカットのスニーカーのようなバイク用シューズ「DRYMASTER-FIT フープシューズ」。アウター採用された防水・透湿素材「ドライマスター」が高い防水性を発揮するとともに、汗などを効率的に外部へ放出してくれるので、シューズ内部の蒸れも軽減される。CORDURA BLACK、CORDURA KHAKI(写真のもの)、SHIBUYA BLACK、TRIVELA DENIM、ALL BLACK、BLACK、GRAYの7色が用意されており、価格は21,780円(税込)〜

ハイカットのスニーカーのようなバイク用シューズ「DRYMASTER-FIT フープシューズ」。アウター採用された防水・透湿素材「ドライマスター」が高い防水性を発揮するとともに、汗などを効率的に外部へ放出してくれるので、シューズ内部の蒸れも軽減される。CORDURA BLACK、CORDURA KHAKI(写真のもの)、SHIBUYA BLACK、TRIVELA DENIM、ALL BLACK、BLACK、GRAYの7色が用意されており、価格は21,780円(税込)〜

くるぶし部にはプロテクターが内蔵されている。なお、DRYMASTER-FIT フープシューズはカラーによって表地の素材が異なり、今回使用したCORDURA KHAKIとCORDURA BLACKにはナイロンの7倍もの強度を持つ繊維「CORDURA」を採用。TRIVELA DENIMとALL BLACKには耐久性にすぐれ、メンテナンスしやすい合成皮革「Clarino」が使われている

くるぶし部にはプロテクターが内蔵されている。なお、DRYMASTER-FIT フープシューズはカラーによって表地の素材が異なり、今回使用したCORDURA KHAKIとCORDURA BLACKにはナイロンの7倍もの強度を持つ繊維「CORDURA」を採用。TRIVELA DENIMとALL BLACKには耐久性にすぐれ、メンテナンスしやすい合成皮革「Clarino」が使われている

かかと部にもインナープロテクターを装備し、転倒時の身体への衝撃をやわらげる。車体と擦れる内側にはヒールガードも備えられており、シューズへのダメージを軽減。ちなみに、外側にある2枚の葉っぱのようなロゴはリフレクター。夜間の視認性を高めてくれる

かかと部にもインナープロテクターを装備し、転倒時の身体への衝撃をやわらげる。車体と擦れる内側にはヒールガードも備えられており、シューズへのダメージを軽減。ちなみに、外側にある2枚の葉っぱのようなロゴはリフレクター。夜間の視認性を高めてくれる

シフトペダルが当たる左足の部分にシフトガードを配置。インナープロテクターも装備されている

シフトペダルが当たる左足の部分にシフトガードを配置。インナープロテクターも装備されている

シフト操作をすると、このようにガード部分にシフトレバーが当たる。ガードがあることで靴が傷みにくくなるだけでなく、硬さがあるので操作もしやすい

シフト操作をすると、このようにガード部分にシフトレバーが当たる。ガードがあることで靴が傷みにくくなるだけでなく、硬さがあるので操作もしやすい

vibram社と共同開発したソールは、ライディングに必要なグリップ性や排水性を備える。少し硬めなので、ステップを踏みやすく、シフトチェンジもしやすい印象だ

vibram社と共同開発したソールは、ライディングに必要なグリップ性や排水性を備える。少し硬めなので、ステップを踏みやすく、シフトチェンジもしやすい印象だ

安全性を考慮し、靴紐はほどけないタイプとなっており、ダイヤルを回してフィット感を調整する「BOAシステム」を採用している。靴紐はほどけるとステップなどに引っかかる可能性があるほか、グローブを装着していると結び直すのに手間がかかるので、この仕様は便利だ

安全性を考慮し、靴紐はほどけないタイプとなっており、ダイヤルを回してフィット感を調整する「BOAシステム」を採用している。靴紐はほどけるとステップなどに引っかかる可能性があるほか、グローブを装着していると結び直すのに手間がかかるので、この仕様は便利だ

グローブを装着した状態で使ってみたが、ダイヤル操作は難なく行えた

グローブを装着した状態で使ってみたが、ダイヤル操作は難なく行えた

バイクから降りて歩く際の負担を軽減するため、クッション性にすぐれた厚手のインナーソールを採用。結構な距離を歩いてみたが、歩きづらさは感じなかった。この歩きやすさとデザインなら、電車に乗って少し遠出するのも問題ないだろう

バイクから降りて歩く際の負担を軽減するため、クッション性にすぐれた厚手のインナーソールを採用。結構な距離を歩いてみたが、歩きづらさは感じなかった。この歩きやすさとデザインなら、電車に乗って少し遠出するのも問題ないだろう

バイク専用に見えないライディングシューズをピックアップ

前述のDRYMASTER-FIT フープシューズを実際に履いてバイクに乗ってみたが、普通の靴に比べると、操作性のよさと安心感は絶大。かかとの内側で車体をホールドしやすく、バイクとの一体感も高まる印象だ。筆者も過去、一般的なハイカットのウォーキングシューズを履いてバイクに乗っていたこともあるが(前述のウォーキングシューズは筆者のもの)、ライディングするならやはり専用シューズが最適だと感じさせられた。ちなみに、筆者がウォーキングシューズで乗車していたのは、仕事柄、バイク移動したあとに電車に乗ったり、比較的長い距離を歩かなければならないことが多く、ライディングシューズの“いかにも”なデザインと走行時の履き心地に抵抗もあったからだ。

今回セレクトしたライディングシューズは、普段着にも合わせやすいデザインのものばかり。搭載されている機能は製品により異なるので、「変速ギアのあるバイクに乗るから、シフトレバーの当たる部分にガードが装備されているものにしよう」というように、自分のライディングスタイルに合わせて選んでほしい。個人的には、防水性も備えているほうがいいと思う。

TCX「ストリート3 Waterproof」

ヌバック仕上げの本革を使ったスニーカータイプだが、防水透湿メンブレンにT-DRYを採用しおり、雨天でもシューズ内に雨が染み込みにくい。くるぶし、つま先、かかとのほか、ミッドソールにもプロテクション素材が用いられているので、安全性も上々。靴紐を固定するバンドも装備されている。

ヌバックフィニッシュによってビンテージな雰囲気に仕上げられている。ブラック(写真のもの)とブラウンの2色展開で、価格は21,890円(税込)

ヌバックフィニッシュによってビンテージな雰囲気に仕上げられている。ブラック(写真のもの)とブラウンの2色展開で、価格は21,890円(税込)

本革を使用しているが防水性も備えているので、雨が降っても安心

本革を使用しているが防水性も備えているので、雨が降っても安心

靴紐をバンドで固定すると、ステップなどに引っかけて紐がほどけるのを防いでくれる

靴紐をバンドで固定すると、ステップなどに引っかけて紐がほどけるのを防いでくれる

牛本革スエードとメッシュ生地をアッパーに採用し、通気性を高めた「ストリート3 Air」もラインアップされている。プロテクションやT-DRY防水透湿メンブレンといった機能は「ストリート3 Waterproof」と同様。グレー(写真のもの)とブラックの2色が用意されており、価格は21,890円(税込)

牛本革スエードとメッシュ生地をアッパーに採用し、通気性を高めた「ストリート3 Air」もラインアップされている。プロテクションやT-DRY防水透湿メンブレンといった機能は「ストリート3 Waterproof」と同様。グレー(写真のもの)とブラックの2色が用意されており、価格は21,890円(税込)

TCX「7306W/7307W ダートウッド Waterproof」

くるぶし、つま先、かかと、ミッドソールにプロテクション素材を配置し、防水透湿メンブレンにT-DRYを採用して防水性を持たせている点は、前述の「ストリート3 Waterproof」や「ストリート3 Air」同様にTCXブランドのシューズに共通するもの。靴紐を固定するバンドが装備されているほか、サイドジッパーも付いているので、グローブを装着したままでも脱ぎ履きしやすい。

表層にワックスやオイルを多めに含浸させてプレスするプルアップ仕上げの牛革を使用。写真のブラック(7306W)とブラウン(7307W)の2色が用意されており、価格は24,970円(税込)

表層にワックスやオイルを多めに含浸させてプレスするプルアップ仕上げの牛革を使用。写真のブラック(7306W)とブラウン(7307W)の2色が用意されており、価格は24,970円(税込)

乗車中に靴紐がほどけにくくするバンドはアッパーと同色でまとめられており、目立たないのもいい

乗車中に靴紐がほどけにくくするバンドはアッパーと同色でまとめられており、目立たないのもいい

サイドジッパーが装備されているので、着脱時に靴紐をいちいちほどく必要はない

サイドジッパーが装備されているので、着脱時に靴紐をいちいちほどく必要はない

「ダートウッド」シリーズには、アッパーにフルグレイン牛革、防水透湿メンブレンに GORE-TEXを採用した「7305G ダートウッド GORE-TEX」もラインアップされている。カラーはブラックのみで、価格は27,940円(税込)

「ダートウッド」シリーズには、アッパーにフルグレイン牛革、防水透湿メンブレンに GORE-TEXを採用した「7305G ダートウッド GORE-TEX」もラインアップされている。カラーはブラックのみで、価格は27,940円(税込)

HenlyBegins「HBS-001 SAFE シューズ」

防水性は備えていないが、シフトレバーの当たる部分にはガードが装備され、セーフティーシューズと同レベルの強度を持つ鉄芯をつま先に配置されている。靴紐はあるが面ファスナーで固定するタイプなので、脱ぎ履きしやすい。また、10,000円以下で購入できるリーズナブルな点も魅力だ。

アッパーにはポリウレタン合成皮革を採用。写真のブラックのほか、ブラック/ホワイトレッドラインのカラバリも用意されている。価格はブラックが8,580円(税込)で、ブラック/ホワイトレッドラインが8,690円(税込)

アッパーにはポリウレタン合成皮革を採用。写真のブラックのほか、ブラック/ホワイトレッドラインのカラバリも用意されている。価格はブラックが8,580円(税込)で、ブラック/ホワイトレッドラインが8,690円(税込)

シフトレバーが当たる左足の甲にガードを備え、つま先には鉄芯を入れるなど、プロテクション性は高い印象

シフトレバーが当たる左足の甲にガードを備え、つま先には鉄芯を入れるなど、プロテクション性は高い印象

面ファスナーを外したり留めたりして脱ぎ履きできるので、グローブを装着したままでも操作しやすい

面ファスナーを外したり留めたりして脱ぎ履きできるので、グローブを装着したままでも操作しやすい

HenlyBegins「HBS-003 ショートブーツ」

一見、普通のブーツに見えるが、くるぶしにクッションパッドを備え、外皮の内側にシフトパッドが装備されているのでシフト操作もしやすそう。さらに、ステップと接するソールの土踏まず部には滑り止めが付いており、安定したライディングに貢献。レースアップタイプだが、サイドジップで簡単に脱ぎ履きできる。

革製だが裏地が付いているので、履き心地はやわらか。ブラック(写真のもの)、ブラウン、ダークブラウンの3色が用意されており、価格はいずれも15,400円(税込)

革製だが裏地が付いているので、履き心地はやわらか。ブラック(写真のもの)、ブラウン、ダークブラウンの3色が用意されており、価格はいずれも15,400円(税込)

外皮内側にシフトパッドが装備されている

外皮内側にシフトパッドが装備されている

サイドジップにはジップガードが付いているので、愛車を傷つける心配はない

サイドジップにはジップガードが付いているので、愛車を傷つける心配はない

ガエルネ「VOYAGER(ボヤージャー) CDG GORE-TEX」

くるぶしとかかとにプロテクターを装備し、つま先にはカップ型のガードが内蔵されている。外装はヌバック仕上げの本革だが、内装はGORE-TEXとされており、高い防水性と透湿性を発揮。競技用のライディングブーツもリリースしているブランドという信頼感もある。

本革を使用したスニーカータイプ。ブラックとグレー(写真のもの)の2色展開で、価格は25,300円(税込)

本革を使用したスニーカータイプ。ブラックとグレー(写真のもの)の2色展開で、価格は25,300円(税込)

つま先にカップ型のガードが内蔵されているので、安全性が高く、シフト操作もしやすい

つま先にカップ型のガードが内蔵されているので、安全性が高く、シフト操作もしやすい

バイク本体に接触しないように、サイドジップは外側に装備。サイドジップも防水性を備えた止水タイプとなっている

バイク本体に接触しないように、サイドジップは外側に装備。サイドジップも防水性を備えた止水タイプとなっている

ガエルネ「G-stone(Gストーン) GORE-TEX」

前述の「VOYAGER CDG GORE-TEX」同様に、防水耐久性、防風性、透湿性を兼ね備えたGORE-TEXを内装に採用。シフトガード、アンクルガードを内蔵し、ソールには街乗りから林道まで対応できるブロックソールが搭載されている。また、外装がやわらかい最高級フルグレインレザーで作られているので、足を入れた瞬間から履き心地はバツグン。

ブラック(写真のもの)とブラウンの2色が用意されており、価格は37,950円(税込)

ブラック(写真のもの)とブラウンの2色が用意されており、価格は37,950円(税込)

脱ぎ履きしやすいサイドジップも装備。内側に配置されている、ファスナーガードも付いているので車体に接触しても安心だ

脱ぎ履きしやすいサイドジップも装備。内側に配置されている、ファスナーガードも付いているので車体に接触しても安心だ

ガエルネ「No.145」

アウトドアブーツをバイク用にアレンジしたモデルで、バイクに乗るのに必要な性能だけでなく、歩く道具としての機能を高めるため、つま先やかかとにファイバーのカップを入れ、足を包み込むインナーフォームを装備するなど、登山靴のノウハウを詰め込んでいる。さらに、靴底が型崩れしにくくて剛性も非常に高く、丈夫で長持ちすると言われるソールの製法「ノルウェージャン製法」を採用しているのも特徴。アッパー素材にも最高級フルグレインレザー「ANFIBIO」を使った、普通の靴としてのクオリティにもこだわったライディングシューズだ。なお、今回紹介したガエルネの製品は、すべてイタリアのベネト州にある工場で職人によってひとつひとつ手作りされている。

ANFIBIOレザーは汚れに強く、素材自体に耐水性を完備(完全防水ではない)。経年変化で革の色が変化し、風合いを増すのも魅力だ。ブラック、ブラウン、ワインレッド(写真のもの)の3色が用意されており、価格は34,100円(税込)

ANFIBIOレザーは汚れに強く、素材自体に耐水性を完備(完全防水ではない)。経年変化で革の色が変化し、風合いを増すのも魅力だ。ブラック、ブラウン、ワインレッド(写真のもの)の3色が用意されており、価格は34,100円(税込)

靴の甲革と中底、表底を独自のロックステッチで縫い合わせるノルウェージャン製法を採用。丈夫に、かつ、きれいに仕上げるのに最適な、古来より行われている製法なのだそう

靴の甲革と中底、表底を独自のロックステッチで縫い合わせるノルウェージャン製法を採用。丈夫に、かつ、きれいに仕上げるのに最適な、古来より行われている製法なのだそう

ライディングシューズらしく、シフトレバーの当たる部分にはガードが設けられている

ライディングシューズらしく、シフトレバーの当たる部分にはガードが設けられている

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
バイク用品のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る