いいモノ調査隊
コーラ大好きライターがチャレンジ

コーラ好きならわかるはず? 本家と健康志向で“利きコーラ”に挑戦

コーラが好きだけど、健康志向のものも気になるお年頃…

筆者は大のコーラ好き。子供の頃から、炭酸飲料といえばコーラで、今でも無性に飲みたくなり、夜中に自動販売機まで走るなんてこともあります。ちなみに、銘柄はずっとコカ・コーラ派であります。

コーラ大好き!

コーラ大好き!

しかし、最近はひと口にコーラといってもさまざまな種類のものが並んでおり、カロリーオフやノンカフェインなどの機能を備えたものも多数。筆者も年齢的に、そういったものに乗り換えようかと悩んでおります。

でもそれって、おいしいのでしょうか…? コーラ界(?)ではたびたび飲み比べCMが放送されていますが、本当に本物と区別がつかないほどなのであれば、ぜひ飲みたいと思っています。ということで今回は、いろいろな健康志向のコーラを集めて、オリジナルのコカ・コーラを当てられるかどうかを検証してみたいと思います!

6種類のコーラを用意。健康によさそうなラインアップです

今回、集めたのは以下の6本。

左からコカ・コーラ(オリジナル)、コカ・コーラ ゼロカフェイン、ペプシスペシャル、フェニックスオーガニックコーラ、ナチュルフリスク オーガニックコーラ アガベシロップミックス、ガルヴァニーナ センチュリービオ

「コカ・コーラ当て」に挑戦する前に、それぞれのコーラについて少々紹介しておきましょう。

コカ・コーラ ゼロカフェイン
“夜飲みたいゼロカフェイン”をキャッチフレーズに掲げるノンカフェインのコカ・コーラ。カロリーもゼロ。

ペプシスペシャル
ペプシが発売したトクホ(特定保健用食品)のコーラ。HPによると“難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、脂肪の排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにする”とのこと。ゼロカロリー、糖質ゼロ、保存料ゼロ。

フェニックスオーガニックコーラ
フェニックスはニュージランドのオーガニック清涼飲料ブランド。そのオーガニックコーラは“ニュージランド産のコーラナッツエキスを使用し、ナチュラルなテイストが特徴”とのこと。カフェインはゼロ。

ナチュルフリスクオーガニックコーラ アガベシロップミックス
デンマーク産のオーガニックコーラ。“有機麦芽エキスのやさしい甘さが特徴”とのことで、加えて有機アップルジュース、有機アガベジュース(いずれも濃縮還元)などが原材料に含まれているもよう。農林水産省が定めた品質基準に合格した製品に与えられる「有機JAS認定」を獲得。

ガルヴァニーナ センチュリービオ
人工甘味料、着色料、保存料を使用しない、植物由来100%のイタリア産ノンカフェインコーラ。肝機能を促進させるといわれる古代ローマ時代から湧き出る天然の名水を使用。

銘柄がわからないように注いで、飲み比べ開始!

というわけで、いよいよ「コカ・コーラ当て」に挑戦です。まずは紙コップを用意し、底にそれぞれの商品名を書き込みます。そして、それぞれのコーラを注いだら、コップをシャッフルしました。

紙コップの底に商品名を書き込みます

紙コップの底に商品名を書き込みます

コカ・コーラと底に書いた紙コップにはコカ・コーラという具合に、それぞれのコーラを注ぎます

コカ・コーラと底に書いた紙コップにはコカ・コーラという具合に、それぞれのコーラを注ぎます

紙コップに注いだ6つのコーラをシャッフルして1〜6の順に並べます

紙コップに注いだ6つのコーラをシャッフルして1〜6の順に並べます

これでどの紙コップにどのコーラが入っているのかわからなくなりました。それでは1から順番に試飲してみましょう。それぞれの味を、独断と偏見ではありますが、甘み、炭酸感、香り、酸味、コーラ度の5項目でチェックしていきます(最高で★★★)。コーラ度とはなんぞやという感じですが、筆者がイメージするコーラにどれだけ近いかを現しています。あくまでも主観です。愛するコカ・コーラはどれだ!?

1〜6のコーラを上から撮影

1〜6のコーラを上から撮影

1:コーラらしいほのかな甘みも炭酸はやや抑え気味

色はやや赤みを感じるコーラです。見た目からはオーガニックっぽさを感じます。これはコカ・コーラではないはずという先入観を持ちながら飲んでみますが…コーラです! 香りにも味にもコーラらしさを感じます。しかし、飲み進めていくとやや薄味な印象も。炭酸感もやや抑え気味といった感じです。

甘み★★
炭酸感★
香り★★
酸味★
コーラ度★

2:コーラらしい香りがありながら酸味控えめ

こちらも炭酸の泡に赤みがあります。これもオーガニック系のコーラではないでしょうか。飲んでみましょう。色みでこちらも先入観を持ってしまいましたが、香りはまさしくコーラで、ひと口飲んでみるとやっぱりコーラという感じです。ただ、こちらもちょっと甘みが抑えられている印象を受けました。コカ・コーラ的な酸味=甘酸っぱさも希薄な気もします。

甘み★
炭酸感★★
香り★★★
酸味★
コーラ度★

3:強力な炭酸はまさにコーラ!?

こちらは見たところいかにもコーラといった色みです。カップを口元に近づけてみると、意外と香りは強くありません。さて、ひと口。まずは炭酸が強力! きめ細かくて口の中で炭酸がはじけるような感じです。甘みだけでなく独特の酸味もあるようです。かなりコーラっぽいです!

甘み★★
炭酸感★★★
香り★
酸味★
コーラ度★★

4:コクもある複雑な味わいのコーラ

こちらも見た目はまさにコーラといった色み。3同様、香りはさほど強くありません。飲んでみると甘さも酸味も感じるのですが、さらにコクのようなものも。ちょっと複雑な味わいといったところでしょうか。

甘み★
炭酸感★★
香り★
酸味★
コーラ度★

5:独特の甘さ&酸味を持つ個性派コーラ

こちらはやや赤い色みです。飲んでみましょう。カップを近づけると独特の香りが!  慣れ親しんでいるコーラとはまったく別モノのような気がします。味も実に独特です。カラメルのような甘みを感じました。炭酸はそれほど強くありませんが、酸味はやや強めで、独自の個性を持ったコーラといえると思います。

甘み★★
炭酸感★
香り★★
酸味★★★
コーラ度★

6:期待を裏切らないコーラ然とした味わい!?

さて最後です。カップを口に近づけたときに感じる香りはまさにコーラ。ひと口飲んでみると、おお! なんだか一番しっくりきました。コーラです! 炭酸感と酸味は、イメージよりもちょっと抑えめな気もしますが、甘みは期待どおりといった感じです。最もコーラらしい味わいという印象です。
甘み★★
炭酸感★★
香り★★★
酸味★
コーラ度★★★

本物のコカ・コーラを当てられるのか!? 結果は…

それでは全部飲んだところで、オリジナルのコカ・コーラを当ててみましょう。最もコーラらしいと感じ、コーラ度★★★とした6で決まりでしょう。結構かたいと思います!

オリジナルのコカ・コーラは6だと思います!

オリジナルのコカ・コーラは6だと思います!

では、ご開帳! カップの底を見てみましょう。

あれ、なんと…!

あれ、なんと…!

なんと、コカ・コーラだと思ったものはペプシスペシャルでした…。よりによってライバルの商品と間違えるなんて、筆者のコカ・コーラ愛とはなんだったのでしょうか。いや、別にペプシが嫌いなわけじゃないんですけどね…。ともかく、素直においしかったのです。ペプシスペシャルはトクホの商品なので、今後は食事の後に楽しみたいです。

とはいえ、悔しいのでもう一度だけチャンスをください! 再度、残りの5つを試飲してみます…もう、なんだかよくわからなくなりましたが、第一印象を信じて、先ほどコーラ度★★をつけた3にしてみます。自信はありませんが…。

今度こそ!

今度こそ!

では開帳します! あ、同じコカ・コーラのゼロカフェインだった場合は、ほぼ当たりということにしてください。お願いします!

おお、やりました!!

おお、やりました!!

汚名返上で正解できました! そうですよ、よく考えてみれば、子供の頃、この炭酸の強さに、みせられてコカ・コーラが好きになったんですから。ともかく、当たってよかったです! ちなみに正解は以下のとおりです。

1:フェニックスオーガニックコーラ、2:ガルヴァニーナ センチュリービオ、3:コカ・コーラ(オリジナル)、4:コカ・コーラ ゼロカフェイン、5:ナチュルフリスクオーガニックコーラ アガベシロップミックス、6:ペプシスペシャル

健康志向のコーラも、本物と違わぬ味わいでした!

さて、6種類のコーラを飲み比べてみましたが、ひと口目は、どれもコーラだと感じるのです。でも飲み進めていくうちに、それぞれの個性がどんどん感じられていきました。これはちょっとおもしろい体験でした。たとえていうなら、同じ名探偵が活躍する推理小説シリーズを読むような感覚でしょうか。似たような事件が起きますが、次第に展開が変わっていく…などといいつつ、犯人は当てられなかったわけですが。ともかく、特に海外のオーガニックコーラはそれぞれに個性豊かな風味を持っているので、コーラが好きならば、一度試してみるとおもしろいと思います!

地江仲慶太

地江仲慶太

40代のフリーライター。音楽、芸能、スポーツなどエンタメ系を中心に幅広く書きなぐる。“できませんは言いません”がモットーも最新機器が苦手。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る