特集
劇場版アニメ最新作「ドラゴンボール超 ブロリー」公開記念!

「ドラゴンボールマン」大人買い開封レビュー! 「ブラックベジータゼウス神」が欲しすぎて……

2018年12月14日公開の「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」

2018年12月14日公開の「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」

世界的人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」が、2018年12月14日、ついに公開される。同作は、2015〜2018年に放送されたテレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」を映画化したもので、2015年公開の劇場版「ドラゴンボールZ 復活の『F』」同様に、原作者の鳥山明氏がみずから原作・脚本・キャラクターデザインを担当した。

【「ドラゴンボール超 ブロリー」あらすじ】
「力の大会」が終わり、宇宙にはまだまだ見たことのない強者がいることを知った悟空は、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に、見たことがないサイヤ人、ブロリーが現れる。地獄から再び舞い戻ったフリーザを巻き込み、悟空、ベジータ、ブロリーという3人のサイヤ人の壮絶な戦いが始まる

ブロリーの初登場は、1993年に公開された劇場版アニメ第11作「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」。当時12歳だった筆者は、超(スーパー)サイヤ人に変身したブロリーの圧倒的な強さに、劇中のベジータと同じように恐れおののいたものだ。写真は、「ドラゴンボール超 ブロリー」より

そんな新作映画の公開を前に、ロッテがやってくれた!

「ドラゴンボール」と「ビックリマン」の初のコラボレーション「ドラゴンボールマン」を発売したのだ。おなじみのサクサク食感のウエハースチョコに、コレクターシールが付属。シールは「ビックリマン」シリーズの担当イラストレーターが全種類描き下ろしている。

また、「ドラゴンボールマン」は2種類ラインアップされており、静岡を除く西日本先行で「ドラゴンボールマンチョコZ」、静岡を含む東日本先行で「ドラゴンボールマンチョコ超」が発売された。どちらも市場想定価格は108円(税込)。

「ビックリマン」と「ドラゴンボール」のコラボ――。両者直撃世代で、いまだに頑張れば「かめはめ波」が出せると思っている筆者は、この言葉だけでもノスタルジーが強すぎて鼻血が出そうだ……。
ところで「ビックリマン」シリーズと言えば、30個入りの箱ごと買う“大人買い”(「箱買い」とも言う)が有名。これでやらなきゃいつやるの! ってことで、「ドラゴンボールマン」の大人買いを敢行。その魅力に迫る!

夢のコラボを夢の大人買い! 30個入りボックス「Z」「超」開封レビュー

まずは、30個入りの箱から。箱だけなのに、もう筆者からはアドレナリンと汗が出てきた。

赤いほうが「ドラゴンボールマンチョコZ」で、青いほうが「ドラゴンボールマンチョコ超」

赤いほうが「ドラゴンボールマンチョコZ」で、青いほうが「ドラゴンボールマンチョコ超」

「ドラゴンボールマンチョコZ」開封レビュー

まずは、「ドラゴンボールマンチョコZ」のレビューをお届けしよう。

いざ、箱、開封!

ドーン! かっこいい

ドーン! かっこいい

「ドラゴンボールマンチョコZ」の個包装パッケージは、2種類ラインアップされる。

「(超サイヤ人)孫悟飯」を中央に添えたパッケージ。1箱に15袋入っている

「(超サイヤ人)孫悟飯」を中央に添えたパッケージ。1箱に15袋入っている

最終形態の「フリーザ」を中央に添えたパッケージ。上と同じく1箱に15袋

最終形態の「フリーザ」を中央に添えたパッケージ。上と同じく1箱に15袋

コレクターシールの種類は、シークレットを含む全24種類。個包装パッケージに描かれた6枚のキャラクターは、おそらくラインアップされているはずだ。

ひとりで興奮しているのもアレなので、「ドラゴンボール」好きの先輩と後輩を開封レビューに勧誘。20代男、30代男(筆者)、40代男の3人で10個ずつ開封して、誰がレアカードを引けるか勝負した!

左から、20代男、30代男(筆者)、40代男。みんな「かめはめ波」ポーズで・・・・・・って、20代男のポーズは何だ、「あやとり」でもやってんのか。だから“ゆとり世代”は困る

それぞれ、箱から好きなのを10個ずつ選んでいくことに。40代男は、「左列後ろから3番目に必ず“ヘッド”が入っているから」とか、うさんくさい理論を展開しながら、自信満々に選んでいく。でも確かに、当時友だちの間では、そんな“謎理論”が横行していたな〜。ちなみに、「ヘッドシール」は、「ビックリマン 天使VS悪魔シール」各弾の主要レアシールのこと。

筆者は、心の臓に手を当てて、「くじびき」や「運ゲー」において少年時代から使っている必殺技「無の境地」で10袋をピックアップ

さあ、運命の1個目開封! 年功序列で40代男から

さあ、運命の1個目開封! 年功序列で40代男から

1発目から「(超サイヤ人)孫悟空」出たー!

1発目から「(超サイヤ人)孫悟空」出たー!

1個目から、シールナンバー「Z-01」の「孫悟空」を引き当てた40代男。今年不惑の40歳になっただけに迷いのない引きを見せる。強い。

シールナンバー「Z-01」の「孫悟空」。写真ではわかりづらいが、光を反射してキラキラ光るプリズム仕様。いわゆる“キラ”だ

「ビックリマン」シリーズで面白いのが、コレクターシール裏面のキャラクター解説。「ドラゴンボールマンZ」も、びっしり書かれている。

「Z-01」の「孫悟空」の裏面。孫悟空の解説と、「Zのうわさ」というトリビアが書かれている。そう、孫悟空は、親友クリリンを粉々にされた怒りで、伝説の超サイヤ人へと覚醒したのだ

そして、“超運命”の筆者のターン。

先に見ていただきたい。この1個目を開けたときの微妙な表情……

先に見ていただきたい。この1個目を開けたときの微妙な表情……

そう。誕生日を迎えたばかりの37歳の1発目はこれだ!

「トランクス」

「トランクス」

……。

うん。まあ、いいのよ。トランクス。好きだよ。未来から来たトランクスが、メカフリーザを真っ二つにするシーンとか、めちゃくちゃかっこいいし。でも、このシールのトランクスは、少年トランクス。サイヤ人の王子ベジータと、大企業「カプセルコーポレーション」社長のご令嬢ブルマの間に生まれた息子。裏面の解説には「わがまま気ままな自己中心的お坊ちゃま」と書かれている。うん、ただの“ボンボン”だよね。てか、超サイヤ人にもなってないし……。でもプリズム仕様か。

次は、20代男のターン。

(20代男は引きの強さも“ゆとり”でしょ。どうせクリリンかヤムチャあたりでしょ)

(20代男は引きの強さも“ゆとり”でしょ。どうせクリリンかヤムチャあたりでしょ)

「孫悟空」引きやがった

「孫悟空」引きやがった

もう何も言えない――。
「(超サイヤ人)孫悟空」「トランクス(ボンボン)」「(超サイヤ人)孫悟空」。NASAの職員に挟まれて連行される宇宙人の気持ちだ。

ほら、目もうつろだよ

ほら、目もうつろだよ

いや、まだ勝負は始まったばかりだ。ウエハースチョコを食べながら、2個目に突入!

ウエハースチョコは、あいかわらずおいしい。少年時代に食べていたときのものと比べて、ウエハースのサクフワ感が増した気がする。ちなみに、2010年からチョコレートの中にはピーナッツの代わりにビスケットクランチを入れている

【関連記事】
大流行したビックリマンチョコ。あの噂の真相をロッテに聞いてきた!

“不惑男”の2枚目!

「(超サイヤ人)孫悟飯」キター! 個包装パッケージの孫悟飯だ

「(超サイヤ人)孫悟飯」キター! 個包装パッケージの孫悟飯だ

筆者の2枚目!

「クリリン」

「クリリン」

“ゆとり”の2枚目!

「(超サイヤ人)孫悟天」キター! 孫悟天は、誰にも方法を教えられていないのに超サイヤ人へと覚醒した、悟飯の弟

ちょ、ちょっと待って。何なのこの筆者の引きの弱さ。筆者は1981年生まれだから「ミニマムライフ世代」(1980〜1988年生まれを指すらしい)と呼ばれるらしいけど、もう引きの強さがミニマムだよ。

ゆとり「2枚目、何出たんですか?」
筆者「クリリンのことかーーっ!」

ってなったよ。ま、クリリンの奥さん(人造人間18号)は美人だし、いっか。

そして、3枚目に突入。ここでついにアレが出た。
“不惑男”の3枚目。

孫悟空とベジータがフュージョンして超サイヤ人になった姿「ゴジータ」

孫悟空とベジータがフュージョンして超サイヤ人になった姿「ゴジータ」

“ミニマム”の3枚目。

「ボージャック」。誰やねん!(1993年公開の劇場版アニメ「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」のボスキャラ。ヘラー一族の首領)

そして、“ゆとり”の3枚目。ここで衝撃の1枚が降臨したのだ。

出、出た……

出、出た……

超サイヤ人孫悟空と、「ビックリマン 天使VS悪魔シール」第1弾ヘッド「スーパーゼウス」とのコラボヘッド「スーパー悟空ゼウス」が出た。文句なしのレアシールだ。この裏面の「Zのうわさ」の内容がぶっ飛んでいて面白いのだが、これは読者のために当たってからのお楽しみとしておこう。

「スーパー悟空ゼウス」が出た瞬間。世代を超えて大興奮!

「スーパー悟空ゼウス」が出た瞬間。世代を超えて大興奮!

うらやましすぎる……

うらやましすぎる……

4枚目以降もさまざまな悲喜こもごもが展開されたが、キリがないのでまとめて紹介しよう。まずは“不惑男”こと40代男の10枚から。

“不惑男”は、ダブリがゼロの安定の引きを見せた。上段左から1〜5枚目、下段左から6〜10枚目に引いたシール(以下同)

5枚目に引いた「ヘラトランクス」もレアヘッドシールのひとつ。超サイヤ人トランクスと、「ビックリマン 天使VS悪魔シール」の第7弾ヘッド「ヘラクライスト」のコラボヘッドだ。超かっこいい

次に、“ミニマム”こと筆者の10枚。

ミニマムな引きの運を見せつけた形に。ダブリはないが、4枚目の「神龍(シェンロン)」が幸せスパーキングのピークだった

そして、“ゆとり”こと20代男の10枚。

「スーパー悟空ゼウス」2枚に、「ブルマ」を2回連続出すという、運がよいのか悪いのかわからない、“ゆとり”らしい結果に。本人は、「ブルマ2枚で『ダブルマ』ですね」とか言っちゃってる

結果は、筆者にとっては悔しいモノになった。

だがふと思ったのは、20〜40代の男性が一緒にこれだけ盛り上がれるモノってそんなに多くないってこと。それぞれが少年時代にハマった「ドラゴンボールZ」と「ビックリマン」の夢のコラボは、世代を超えて男たちの心をガンガン刺激するモノだった。

ちなみに、「ドラゴンボールマンチョコZ」30個入り箱全体の収穫は以下の通り。

シールナンバー順に並べてみた。全24種類中、21枚がそろった。21種類すべてがプリズム仕様。残りの9枚はダブリ

「ジャネンバ」と「ボージャック」の間には、順番からして劇場版アニメのボスキャラが入りそう。「バイオブロリー」か「ヒルデガーン」あたりか。そして、シールナンバー「Z-21」から「Z-24」の「ヘッドシール」のうち、2枚抜けているのが悔しい。「ビックリマン」の「ヘッドシール」から考えると、人気だった「ヘッドロココ」や「始祖ジュラ」「スーパーデビル」「シャーマンカーン」「聖フェニックス」とのコラボキャラが入りそうだ。もしや、「ピッコロココ」とか!? それを想像するだけでも楽しい。

「ドラゴンボールマンチョコ超」開封レビュー

箱開封時

箱開封時

個包装パッケージは2種類。それぞれ超サイヤ人ゴッド超サイヤ人孫悟空と、フルパワーブロリーが中央に描かれる。フルパワーブロリーの両隣にいるのは、超サイヤ人ゴッド孫悟空と、超サイヤ人ゴッドベジータ

「ドラゴンボールマンチョコZ」の開封レビューで、筆者はアドレナリンが出過ぎて疲れちゃったので、「ドラゴンボールマンチョコ超」の開封レビューは、駆け足で紹介しよう。筆者ひとりで黙々と開封していった結果が以下の通りだ。

最初の10枚。

初っ端から「ヘッドシール」の「サタンブロリー」をゲット! なお、「パラガス」はブロリーの父

初っ端から「ヘッドシール」の「サタンブロリー」をゲット! なお、「パラガス」はブロリーの父

超サイヤ人ブロリーと、第5弾「ヘッドシール」の「サタンマリア」のコラボヘッド

超サイヤ人ブロリーと、第5弾「ヘッドシール」の「サタンマリア」のコラボヘッド

孫悟空(カカロット)とベジータの珍しい幼少期2ショット。劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」では、幼少期の悟空とベジータに、同じく幼少期のブロリーの人生がからみ合うストーリーが展開される

お次は、11枚目から20枚目まで。

19枚目に、ヘッドシール「魔肖ゴールデンフリーザ」が登場

19枚目に、ヘッドシール「魔肖ゴールデンフリーザ」が登場

「魔肖ゴールデンフリーザ」は、フリーザが初めてトレーニングして進化を遂げた姿、ゴールデンフリーザと、第8弾ヘッドシール「魔肖ネロ」のコラボヘッド

そして、最後の10枚をお届け。

髪の毛が生えているときの若かりし「ナッパ」も気になるが、注目はやはり23枚目の「スーパー悟空ゼウス神(ゴッド)」

超サイヤ人ゴッド孫悟空と、「スーパーゼウス」のコラボヘッドシール

超サイヤ人ゴッド孫悟空と、「スーパーゼウス」のコラボヘッドシール

「ドラゴンボールマンチョコ超」のひと箱開封の結果は以下の通り。

全24種類中、惜しくも「ヘッドシール」1種だけが抜けた23種類、ダブリ7枚という結果に。プリズム仕様のシールはなく、基本的にどのシールも立体感のあるエンボス加工が施されている

“ダブルノスタルジー”でとんでもなく楽しいシリーズ

「ドラゴンボール」と「ビックリマン」世代の筆者にとって、「ドラゴンボールマン」は2つのノスタルジーが心地よい素晴らしコラボだった。2頭身の「ドラゴンボール」のキャラクターたちもかっこよくて、集めがいがある。引き続き、同世代の仲間たちとダブリを交換し合ってコンプリートを目指す、「ビックリマン」おなじみの遊び方を楽しんでいきたい。

なお、ロッテ公式の情報だと、「ドラゴンボールマンチョコ超」のほうに「ブラックベジータゼウス神」が入っているらしい……。誰か“ダブルマ”と交換して!

(C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
(C)バードスタジオ/集英社

【関連記事】
大流行したビックリマンチョコ。あの噂の真相をロッテに聞いてきた!

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る