松田さんのコラボカップ麺チェック
“ニボ中毒”救済企画の第3弾

再現度をしつこく検証。“あれ”が足りずにノーインパクトな278円の「長尾中華そば こく煮干し」


大好評(?)につき、煮干し好きによる、煮干し好きのための“ニボ中毒”救済企画の第3弾。第1回の「すごい煮干ラーメン凪」、第2回の「花道」に続くのは、今年、青森県から東京都内に進出した「長尾中華そば」。東洋水産(マルちゃん)が発売した「長尾中華そば こく煮干し」とお店の味を食べ比べて、その再現度をしつこく検証していきます。

「これでもか!」ではない新・津軽ラーメン。東北らしい奥ゆかしさ

現在の「煮干しラーメンブーム」を語るうえで欠かせないのが、青森県。弘前市を中心とした津軽エリアでは古くから、煮干しダシを使ったラーメンがソウルフードとして親しまれており、「津軽ラーメン(=煮干しラーメン)」と称されるほど。

筆者もかつて青森県を訪れた際、青森県弘前市にある名店「たかはし中華そば店」の味をどうしても確かめたくて、撫牛子(ないじょうし)駅(無人駅!)まで、JR奥羽本線に揺られて食べに行きました。濃厚な煮干しの味に、クラクラやられちゃったおぼえがあります。

これが、津軽ラーメンの代表格「たかはし中華そば店」の煮干しラーメン。濃厚な煮干しに、ノックダウンされたぜ!

今回ご紹介する長尾中華そばも、そんな津軽ラーメンを代表する代表格。同店のメニューは主に、あっさりな「津軽ラーメン」と、鶏豚ベースの白湯スープ+たっぷり煮干しによるWスープの「新・津軽ラーメン」にわかれており、今回食べる「こく煮干し」は、この「新・津軽ラーメン」に含まれます。すごい煮干ラーメン凪ほどの“ニボニボしさ”はなさそうですが、進化形の新・津軽ラーメンというのが、かなり気になるところ。期待に胸を膨らませ、いざ、長尾中華そば 神田店へ。

長尾中華そば 神田店。東京メトロ丸の内線淡路町駅から徒歩3分。小川町駅から113m。営業時間は11:00〜20:30(売切れ次第終了)。定休日は日祝、第1・第3土曜日。2018年12月1日時点「食べログ」より

今回は、新・津軽ラーメンの中から、「こく煮干し」(850円)を注文!

今回は、新・津軽ラーメンの中から、「こく煮干し」(850円)を注文!

券売機の上には、今回食べ比べするコラボカップ麺が飾ってありますよ!

券売機の上には、今回食べ比べするコラボカップ麺が飾ってありますよ!

これが、こく煮干し。具材は、ネギ、バラチャーシュー、メンマ。まさに、シンプル・イズ・ザ・ベスト。全体的なボリュームが少ないのが、やや気になるところ(食いしん坊には、大盛りは必須か?)

煮干しスープは、ミルキーで、どことなく懐かしい味。シンプルそうに見えて、これまでに飲んだことがないような味わい

麺は、国産小麦を使い、かんすいを極力抑え、煮干しの風味を壊さないようにして作ったというこだわりよう。ツルツル、やわらかな食感とつるみ。うどんのような印象です

薄切りバラチャーシューは、かなりジューシー。あっという間に、口の中で溶けてしまうような感覚です

薄切りバラチャーシューは、かなりジューシー。あっという間に、口の中で溶けてしまうような感覚です

新・津軽ラーメン、すごい。シンプルな見た目ながら、これまでに体験したことがないような、煮干しの風味。見た目以上に、かなりサラサラです。煮干しのエグみなし、苦味なし、ザラザラ感なし。“醤油志向”の強かったすごい煮干ラーメン凪と異なり、ふくよかなWスープを前面に打ち出した、ミルキーな仕上がりとなっています。

特に気に入ったのが、煮干し由来の酸味。たとえるなら、お酢を飲んだ時の「すっぺぇぇ〜」という感覚ではなく、酸味の強いコーヒーを飲んだ時の「キューーー」とした、あの舌が引き締まるような、酸っぱい感じ。伝わりますか? これがいいアクセントになります。総じてやさしい味で、まるで“ご当地料理の鍋”をつついているような感覚です。

いっぽう、麺はやわらかくゆでた、中太ストレート麺。うどんやパスタに似た印象です。つけ麺にも合いそうな麺だなぁと感じて思い出したのが、池袋大勝軒の麺。個人的には、これに近いと思いました。しかし、「硬めのちぢれ麺」とはベクトルが真逆なので、好みが分かれるところかも。

ゴリゴリの煮干し感を「これでもか! どや! どや!」と前面に出さず、Wスープのふくよかさで、食べる人を暖かく包み込む、新・津軽ラーメン。東北発祥のグルメらしい、奥ゆかしさを感じずにはいられません。

できあがりの見た目は、お店と瓜ふたつですが……

お店の味を確かめた後は、同店が監修したカップ麺「長尾中華そば こく煮干し」(278円)を食べて、その再現度を検証していきます。鶏豚ベースの白湯スープ+煮干しというWスープ、やわらかくゆでた中太ストレート麺など、あのやさしい味わいをどこまで、カップ麺で表現しているのでしょうか?

東洋水産の長尾中華そば こく煮干しを食べて、お店の味と比べていきます!

東洋水産の長尾中華そば こく煮干しを食べて、お店の味と比べていきます!

カップ麺の中身は、このような感じ。かやく、後入れの液体スープと粉末スープが入っています

カップ麺の中身は、このような感じ。かやく、後入れの液体スープと粉末スープが入っています

麺は、平打ちの細麺タイプ。お店のように丸みがありませんが、はたして……

麺は、平打ちの細麺タイプ。お店のように丸みがありませんが、はたして……

かやくを麺の上にのせました。こうしてみると、なかなかオーソドックスなラインアップです

かやくを麺の上にのせました。こうしてみると、なかなかオーソドックスなラインアップです

熱湯を注いで5分。まずは、後入れの粉末スープを投入!

熱湯を注いで5分。まずは、後入れの粉末スープを投入!

続いて、後入れの液体スープを投入!

続いて、後入れの液体スープを投入!

スープをかき混ぜて、カップ麺が完成! 見た目は、お店とかなり近いのでは?

スープをかき混ぜて、カップ麺が完成! 見た目は、お店とかなり近いのでは?

麺をすするとスープがからみ、煮干しの香りを持ち上げてくれる。何もしなくても、煮干しの香りがただよってきます

最初は平らだった麺も、お湯に戻すと丸みをおびてきた! つるみが似ていて、お店の臨場感を味わえます

最初は平らだった麺も、お湯に戻すと丸みをおびてきた! つるみが似ていて、お店の臨場感を味わえます

チャーシューは……サイズが大きいものの、お店の味には、ほど遠く。汎用タイプのようです

チャーシューは……サイズが大きいものの、お店の味には、ほど遠く。汎用タイプのようです

なんでしょう。お店と同様に、煮干しの香りが強いものの、“何か”が足りないようす。実際にスープを飲むと、お店より、煮干しダシが弱く、醤油感がやや強いという印象です。確かに美味しい煮干しスープですが……そう、お店のような「キューーー」とした“酸味”がないのです。インパクトが足らんのです。そのため、ここに、お酢やラー油などを入れると、よいアクセントになるのかと思いました。

具材の再現性は高い。ネギ、チャーシュー、メンマのトリオで、見た目はお店と瓜ふたつ。味については、いずれも汎用タイプなので“普通”ですが、「お店の具材を再現しよう!」という気持ちが強く伝わってくるのはGoodです。ただし、麺も含めて、全体的なボリュームが少なく感じたのは残念。これで278円というのは、コストパフォーマンスのことを考えると……。

今回の再現度は?

<いいところ>煮干しの香りは、お店と同様。麺のつるみや具材もうまく再現。
<気になるところ>煮干しの酸味がなくインパクトに欠ける。コスパがよくないかも

スープの再現度:★★☆☆☆
麺の再現度:★★★★☆
具材の再現度:★★★☆☆
食べごたえの再現度:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

お店の味は“煮干しダシ勝負”という印象だったので、酸味を再現しきれなかったのが、やはり心残り。これを粉末スープで再現するのは、かなり難しいのでしょうか。パワーアップした、次回作にも期待したいところ!

松田真理(編集部)

松田真理(編集部)

デジタル製品全般からホビーやカップ麺・スナック菓子まで、オールジャンルをカバーする編集部員。大のプロレス好き。読み方は、まつだ・しんり。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
カップ麺・インスタント食品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る