いいモノ調査隊
1/144スケールとは思えないハイディテール! 可動領域!

シャア最後の機体「サザビー」がRG化! 2018年ベストバイの傑作ガンプラ誕生

2018年も数多くのガンプラが発売されておりますが、現時点でのナンバーワンは間違いなくこの「RG 1/144 サザビー」だと断言できます。ギッシリと詰め込まれた最新技術にディテールの細かさ。作っていて思わずうなる構造は、完成させるのがもったいなく感じるほど。今回はHGUC版との比較などを交えて、詳しくレビューしていきます。

RGシリーズとしてはかつてない大ボリューム

RGシリーズとしてはかつてない大ボリューム

今回ご紹介する「RG(リアルグレード)」とは、1/144サイズでMG(マスターグレード)並みの可動や内部構造を再現した、ハイディテールモデルです。「本物であること」を追求しており、同スケールのHGUCシリーズと比べると、緻密なパーツ構成や質感のクオリティが高く、アドヴァンスドMSジョイントによる可動領域の広さと安定感など、ほかのシリーズにはない特徴を持っています。今回のサザビーは希望小売価格4,860円とHGUCシリーズのサザビーに比べると倍以上の価格なのですが、ほかのRGでは2,000円前後の機体もあり、ガンプラ初心者でも上級者でも楽しめるモデルになっていますよ。

赤い彗星の最後の機体「サザビー」

ご存じの方が多いと思いますが、まずは「サザビー」について軽く解説させてください。シャア・アズナブル最後の機体となった、新生「ネオ・ジオン」のモビルスーツです。シャアの特徴でもある深紅のカラーリングは、実に一年戦争のゲルググ以来。全高約26mの大型機体で(1stガンダムは約18m)、遠隔誘導ビーム砲台のファンネルを6基搭載したニュータイプ専用機です。「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」では、ライバル、アムロ・レイのνガンダムとの死闘を繰り広げ、最終的にフルボッコにされるのも印象的。

機体としてはかなり重厚で、その分ガンプラとしては可動させるのが難しいと思われてきました。さてそんなサザビーをRGでどのように表現したのか、組み立てていきましょう。

発売前から期待値の高かった「RG サザビー」ですが、その期待を裏切らない出来になっています。成形品のランナー17枚と、ちょっとしたMG並みのボリューム。さらにRG特有のリアリスティックデカールは3色のメタリックカラーも使われており、完成後のディテールアップが楽しめます。

写真だとわかりづらいのですが、左の赤いランナーは右よりも若干ピンクがかった色合いになっています。同系色でも2色の赤が使われています

写真上のアドヴァンスドMSジョイントは腰回りと肩回りに使用します

写真上のアドヴァンスドMSジョイントは腰回りと肩回りに使用します

通常デカール+金属的な輝きを表現するシルバー、グリーン、ゴールドのメタリック配色のリアリスティックデカール付き

機体の重厚感と可動を両立させるための構造

以前「RG 1/144 ダブルオークアンタ」を紹介したときに、RGシリーズ特有の「アドヴァンスドMSジョイント」なるパーツがあることを紹介しました。成形された可動領域を持つパーツで、以前のシリーズではこのジョイントを骨格として外装をはめ込んでいく作りでした。

ただ、ジョイントが割と柔らかく、完成後の骨格が少々ふにゃふにゃした感じになるという難点がありました。筆者もこの点が気になっていたのですが、前作の「RG 1/144 トールギス EW」より傾向が変わり、複雑な可動がある要所の部分のみにこのアドヴァンスドMSジョイントを使用するようになり、全身骨格タイプではなく、MGモデルのような作り方に変更されています。サザビーも同様で、アドヴァンスドMSジョイントは腰部と腕部、肩部の3か所のみに使用されていました。

脚周りはアドヴァンスドMSジョイントなしで、MGモデルのような細かさと可動領域を持っています。内部のディテールも細かいです

アドヴァンスドMSジョイントが使われている腰部。フロント、サイドのアーマー部分を取り付けるパーツが一体成形されています

フロント部分は左右にも可動。これにより脚を前方に動かしやすくなっています

フロント部分は左右にも可動。これにより脚を前方に動かしやすくなっています

この重装甲で、劇中のような蹴り上げる動きも再現可能

この重装甲で、劇中のような蹴り上げる動きも再現可能

ハイディテールながらも組み立ては快適

パーツ数が多いので、組み立てに時間がかかると思いきや、かなり快適に作ることができました。ガンプラあるあるとして、Aランナーからこのパーツ、Bランナーからこのパーツ、さらにポリキャップから……みたいな、いろんなランナーからパーツを切り出しては作るという、やや面倒くさい組み立て方が常でした。しかしこのサザビーは、たとえば脚を作るなら外装はEランナー、内装はHランナーといったように、2つもしくは3つのランナーだけで組み立てられることができるので、煩わしさが少ないのです。また最近のガンプラでは珍しく、脚→腰→胸→腕→最後に頭を作るという組み立て順番も新鮮でした。

バックパック未装着ですが、素組み完成です。このハイディテール! 塗装せずともパーツの組み合わせだけで色分けもされています

大型MS(モビルスーツ)のサザビー。同スケールのMSと比べるとこのサイズ感!

大型MS(モビルスーツ)のサザビー。同スケールのMSと比べるとこのサイズ感!

「MG 1/100 ジェガン」と比べてもこの大きさ

MG 1/100 ジェガン」と比べてもこの大きさ

デカールを貼って完成です

デカールを貼って完成です

バックパック上部にはファンネルコンテナが。コンテナ、ブースターともに可動します

バックパック上部にはファンネルコンテナが。コンテナ、ブースターともに可動します

圧倒的な情報量! HGUC版と比べてみてください

ここからはHGUC版の1/144サザビーと比較していきましょう。このHGUC版もボリュームがあるサザビーを再現しており、手軽に組み立てられるので人気のガンプラ。値段はRG版のほぼ半分の価格です。

「HGUC 1/144 MSN-04 サザビー」です。シンプルな作りでどっしりとしたサザビーを再現しています

「HGUC 1/144 MSN-04 サザビー」です。シンプルな作りでどっしりとしたサザビーを再現しています

右側がRG版です。正直かなり違いますね。ディテールの細かさと情報量でRG版がHGUC版を圧倒しています

右側がRG版です。正直かなり違いますね。ディテールの細かさと情報量でRG版がHGUC版を圧倒しています

背面のリアアーマーはもうまったくの別物といっていいくらい進化しています

背面のリアアーマーはもうまったくの別物といっていいくらい進化しています

肩パーツの作り込みはRG版(右)のすごさを感じます。これマスターグレード並みですよ

肩パーツの作り込みはRG版(右)のすごさを感じます。これマスターグレード並みですよ

脚部分もRG版(右)のほうが細かいディテールと多くのパーツでできています

脚部分もRG版(右)のほうが細かいディテールと多くのパーツでできています

RG版は、脚のサイド部分は展開可能。つま先、かかとも独自に可動します

RG版は、脚のサイド部分は展開可能。つま先、かかとも独自に可動します

このようにRG版は圧倒的なディテールの細かさと情報量で、HGUC版とはまた別物になっていることがわかりますね。

実機考証に基づくギミック再現

重厚なため可動の再現が難しい大型MSのサザビーですが、このRG版の可動領域についてはかなりの工夫がされています。肩アーマーの開閉による腕の可動。腕は前方にも動かせるように、肩部分は引き出し可動が採用されています。さらにわずかですが、腕には可動領域を広げる工夫がされています。脚部分も「MGジェガン」であったような、脚の付け根の位置を左右それぞれで変えられる仕組みがあり、可動領域を広げています。アドヴァンスドMSジョイントを使った腰回りはフロント、サイドのスカートがポロリせずに可動するのも気が利いています。

肘部分に2つのスリットがあります。赤いパーツロックを外し、手前と奥のスリットにそれぞれはめることで、腕の長さが変わり、可動領域もやや広くなります

リアアーマーも展開可能。マスターグレード並みのギミックが仕込まれています

リアアーマーも展開可能。マスターグレード並みのギミックが仕込まれています

「実際に存在したら、各部はどのような構造になっているのか?」というRGシリーズの実機考証的なテーマに基づき、このキットならではの解釈も加えられています。肩アーマーやリアアーマーの展開や、肘関節の内装パーツの連動可動、コックピットハッチオープンのための頭部スライド構造など、最大級のギミックでこだわっています。

肩アーマーはずらして展開することが可能

肩アーマーはずらして展開することが可能

腕を曲げると、肘関節部分のグレーの内装パーツも連動して可動します

腕を曲げると、肘関節部分のグレーの内装パーツも連動して可動します

サザビーは肩の装甲が特徴的で、フォルムを維持したまま可動させるのが難しい機体でした。しかしこの肩と腕部分の機構により、独特のフォルムはそのままに自然と武器を構えることができるようになっています。

劇中同様の球体のコックピットは、きちんと開閉させることが可能

劇中同様の球体のコックピットは、きちんと開閉させることが可能

武器を構えても、自然で安定したポージングが可能

また握り手のほかに、ライフル専用の持ち手、サーベル用の持ち手左右、平手も左右付属しているのもこのキットの特徴です。
武装はビーム・ショット・ライフルにビーム・トマホーク(短刃、長刃)、ビーム・サーベル×2、シールドにファンネルが6個付いてきます。ファンネルは1/144サイズでは初の展開状態を差し替えなしで再現しています。

ビーム・ショット・ライフルは専用持ち手付き。シールドは腕部に固定できます

ビーム・ショット・ライフルは専用持ち手付き。シールドは腕部に固定できます

ビーム・サーベルは蛍光グリーンの刃でとても鮮やか

ビーム・サーベルは蛍光グリーンの刃でとても鮮やか

ビーム・トマホークには短刃と長刃のどちらかを選択して装備可能

ビーム・トマホークには短刃と長刃のどちらかを選択して装備可能

シールドにも装着可能。蛍光クリアグリーンの刃が暗い場所でも鮮やかです

シールドにも装着可能。蛍光クリアグリーンの刃が暗い場所でも鮮やかです

前述のとおり、肩と腕部分がよく可動するので、ライフルの両手持ちもできます。平手パーツも付属

前述のとおり、肩と腕部分がよく可動するので、ライフルの両手持ちもできます。平手パーツも付属

ファンネルコンテナを開いて、ファンネルを取り出せます

ファンネルコンテナを開いて、ファンネルを取り出せます

ファンネルは展開して攻撃モードに変形でき、ジョイント穴があるので、スタンドを使って攻撃シーンを再現することも可能

筆者的には2018年ベストバイガンプラ

毎回、ガンプラの新作が出るたびに「この進化すごいなー」とか、「ここ組みやすくなっているな」と感心することが多いのですが、今回のサザビーは最初から最後まで感心しっぱなしでした。サザビーには「MG 1/100 MSN-04 サザビーVer.ka」という傑作ガンプラがあるのですが、このRG版はその内容をギュっと濃縮して1/144サイズに落とし込んだという感じでした。1/144でも大型でボリューム満点の機体です。MG版はさらに倍の値段がして、手を出しにくかった方も多いと思いますが、このRG版でもかなりの満足を味わえるので、ぜひ2018年の最新ガンプラの極みを味わってみてはいかがでしょうか?

重量もあるので、浮かすポーズを取りたい場合は大型のスタンドがあるといいかと思います

重量もあるので、浮かすポーズを取りたい場合は大型のスタンドがあるといいかと思います

1/144なのに1/100マスターグレードとほぼ同じサイズというボリューム感。かつてのシャア専用機、「MG 1/100 百式Ver2.0」と並べてもこの大きさ

脚周りがどっしりとして安定するので、スタンドなしでも可動領域の広いポージングが楽しめます

脚周りがどっしりとして安定するので、スタンドなしでも可動領域の広いポージングが楽しめます

こうなってくると、RG版の「νガンダム」の発売も期待したいです

こうなってくると、RG版の「νガンダム」の発売も期待したいです

間違いなく2018年のベストバイのガンプラだと思いますよ

間違いなく2018年のベストバイのガンプラだと思いますよ

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る