オオゴシトモエの注目プラモレビュー 第11回

東京を代表するランドマークの情景を再現!「1/3000 東京スカイツリー」を作ってみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介する注目キットは、夏休みの工作にぴったり! 童友社の1/3000スケール「彩色済み情景モデル東京スカイツリー」の「雅風(みやびふう)」と「粋風(いきふう)」の2種です。スカイツリーや土台はすべて塗装済み。パーツはすべてはめ込み式のスナップキットのため、接着剤要らずで組み立てることができます。スカイツリーだけでなく、周囲の商業施設も含めジオラマ風になっていて、ボリューム感満点! さらに、LED内蔵でスカイツリー本体を光らせることもできます。さっそく箱を開けてみましょう!

パッケージです。スカイツリーの写真が印象的です。箱の中身が見えるのも、わくわく感が増しますね

パッケージです。スカイツリーの写真が印象的です。箱の中身が見えるのも、わくわく感が増しますね

箱の中身です。パーツ数は21。パーツはすべて塗装済みとなっています

箱の中身です。パーツ数は21。パーツはすべて塗装済みとなっています

説明書です。組み立ては見開きで解説されています。シンプルな作りなので、初心者でも簡単に組み立てることができます

アンダーゲートの切り離し

パーツの一部が「アンダーゲート」という特殊な仕様になっています。ゲートがパーツの下側についていることで、カットしたときに目立たなくなります

まずは横のゲートをニッパーでカットします

まずは横のゲートをニッパーでカットします

切り離したパーツです。パーツの下側にでっぱりが残っています

切り離したパーツです。パーツの下側にでっぱりが残っています

残ったゲートのでっぱりを切り落とします。でっぱりが残ってしまったときは、カッターなどで削るとよいでしょう

できあがり! 実際のスカイツリーのようにLEDが点滅します♪

できあがりです。組み立て時間は約30分ほどでした。スカイツリーの高さは20cmちょっととかなりボリュームがあります

裏側です。台座や商業施設なども細かく色分けされています

裏側です。台座や商業施設なども細かく色分けされています

スカイツリーのトラス模様はタンポ印刷で再現されています

スカイツリーのトラス模様はタンポ印刷で再現されています

土台部分です。商業施設や線路も細かく色分けされています

土台部分です。商業施設や線路も細かく色分けされています

台座の裏側はこのようになっています。LED、電池受け、スイッチは配線済みとなっています

台座の裏側はこのようになっています。LED、電池受け、スイッチは配線済みとなっています

パープルのLEDの「美意識の雅(みやび)風」。スカイツリーのライティング色「雅」に近いイメージカラーとなっています

こちらはスカイツリーのライティング色「粋」をモデルとした、ブルーのLEDが付属している「心意気の粋(いき)風」です。LEDは「雅風」「粋風」どちらも点滅。実際のスカイツリーのライティングを再現しています

暗いところでは、このような感じに光ります。左が「雅風」右が「粋風」です

暗いところでは、このような感じに光ります。左が「雅風」右が「粋風」です

まとめ

パープルの光が美しい「美意識の雅」、爽やかなブルー「心意気の粋」、2つ作って並べてみるのもよいでしょう。もう少し凝りたい方は、ビルや商業施設に汚し塗装を加えたり、電車を作って線路に置いてみるのもいいかと思います。夏休みの工作気分で、自分だけのオリジナルのスカイツリー作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

オオゴシトモエ

オオゴシトモエ

モデラー・ホビー専門ライター。模型誌の作例製作や執筆の傍らプラモデル教室の講師を多数担当。模型製作の楽しさを広める活動を精力的に行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.12.15 更新
ページトップへ戻る