いいモノ調査隊

あの「ラップブレス」を自作!? 意外と簡単にできるんです!

先日こちらでも紹介したセレブ御用達のラップブレス、いざ買おうと思うと、案外好きなカラーのものが見つからない…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。というか、私がそうなんですけどね。こうなったら、自分だけのオリジナルを作ってしまえ〜と思い立ったわけで。というわけで、自作ラップブレス講座開始〜

これが完成品。作るのが楽しくって、何本も作っちゃいました。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます

これが完成品。作るのが楽しくって、何本も作っちゃいました。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます

まず用意するのは、1.5mm直径の丸革ひも。ラップブレスの心臓部ですね。長さは、5連を作るなら最低でも2m用意したいところです。余裕をもって作りたいなら、2.5m。それに、お好みのビーズなど。チェコビーズのファイヤーポリッシュの4mmなら250粒ほど準備すれば大丈夫。あと、ビーズを皮ひもにくくりつけるための糸が必要。どんな糸でもビーズにさえ通ればいいのですが、今回はモノコードというビーズワーク専門の糸を準備しました。この糸なら、針いらずでビーズの穴に簡単に通せます。留め金用のパーツはお好みで。

まず、皮ひもに留め金用のパーツを通します。2穴のものでもボタン状のものでも、大きなビーズでも、あるいは手先の器用さに自信がある人は、自分で皮ひもを編んでボールにしてもOK。自分のオリジナリティを出しちゃいましょう。ただし、この時に皮ひものセンターにあわせないと、最後に皮ひもの長さがちぐはぐになりますので、注意。

あとはひたすらビーズを皮ひもにくくりつけていきます。某セレブブレスの場合、糸は片側から通して戻るというのを繰り返しているそうですが、私は糸をビーズの中で交差させるやり方で作っています。

皮ひもの下側に糸を通したビーズを置き、両側の糸を皮ひもの上を通してビーズに入れます

皮ひもの下側に糸を通したビーズを置き、両側の糸を皮ひもの上を通してビーズに入れます

今ビーズの中で糸の端が交差しています

今ビーズの中で糸の端が交差しています

ビーズの中を通した糸は、皮ひもの下側へ出します。これで1つ目がくくりつけられました。1つ目のビーズはできれば2回くらい糸を通しておきましょう

ビーズの中を通した糸は、皮ひもの下側へ出します。これで1つ目がくくりつけられました。1つ目のビーズはできれば2回くらい糸を通しておきましょう

2つ目以降はこれをひたすら繰り返していきます。皮ひもの下から出ている糸を、皮ひもの上側を通してビーズの中で交差させ、また皮ひもの下へ…という具合。糸を継ぐ、もしくは最後のビーズまできた場合は、どちらか片方へ糸を寄せて、固結びしましょう

2つ目以降はこれをひたすら繰り返していきます。皮ひもの下から出ている糸を、皮ひもの上側を通してビーズの中で交差させ、また皮ひもの下へ…という具合。糸を継ぐ、もしくは最後のビーズまできた場合は、どちらか片方へ糸を寄せて、固結びしましょう

あとはひたすら自分の好みの長さになるまでこの単純作業を繰り返すだけ。途中でビーズの色や大きさ、素材を変えれば、世界に1つだけのオリジナルが作れます。最後は余った皮を結んで、留め金用のパーツを通す場所を作ってあげます。材料さえ揃えば、他に道具はいらないところが本当にお手軽です。しかも、自作の場合、何がいいかというと、長さが自由自在なところ。手首が太くて、5連のはずなのにどうしても4連にしか巻けない、でも4連巻きだとちょっとゆるすぎるんだよねという方や、華奢すぎて5連でもブカブカ…なんてお悩みの方は是非自作にチャレンジしてみてください!

(回遊舎/番場由紀江)

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る