いいモノ調査隊

針も糸も不要!たった10秒で、とれたボタンを付けられる!

普段は何気なくとめているシャツのボタン、いつとれるのかなんて、あまり気にしませんよね。ところが、思いもよらぬタイミングでとれてしまうことも・・・。そんな時に役立つのが、スウェーデン生まれの「tic」。とれてしまったシャツのボタンを、針や糸を使うことなく、簡単に付けられる魔法のような商品です。巷で話題になっているようで、新しいもの好きの筆者、早速購入して試してみました。

白と黒の2種類があります。筆者は白(箱の左上の白いマークが目印)を購入

白と黒の2種類があります。筆者は白(箱の左上の白いマークが目印)を購入

使い方は簡単。箱から「tic」をとりだして、生地の下からとがった方のピンを差し込みます。もう片方をとがっている方にカチッと差し込み、左右に動かすだけです(写真をご覧ください)。この状態で、3kgまでの力に耐えられるとのことなので、洗濯しても全く問題ありませんし、針と糸でとめるよりも長く使えそうです。

まずは、とがった方を差し込みます。ボタンは4つ穴でも2つ穴でも大丈夫です

まずは、とがった方を差し込みます。ボタンは4つ穴でも2つ穴でも大丈夫です

ボタンをセットして、もう一方をしっかりと差し込みます。4.2mmの厚みのボタンまで対応します

ボタンをセットして、もう一方をしっかりと差し込みます。4.2mmの厚みのボタンまで対応します

左右に動かすとちぎれて、ボタンが固定されます

左右に動かすとちぎれて、ボタンが固定されます

付けたあとはこんな感じです。見た目の違和感はほとんどありません

付けたあとはこんな感じです。見た目の違和感はほとんどありません

持ち歩きにも便利なとてもコンパクトなパッケージです。いつでも、どこでも簡単にボタン付けができるので、重宝しそうです。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る