いいモノ調査隊

普段は15cm幅。必要な分だけ、つなげて長くできる便利な定規

小学生の時に竹製の30cmの定規を使っていた筆者。ランドセルにさして、とび出た定規の部分に帽子など引っ掛けていたような記憶があります。昔話はさておき、社会人になっても定規を使う機会が多い筆者。本当は30cmの定規を持ち歩きたいのですが、筆箱に入るのはせいぜい15cmまで。そこで、「持ち歩きに便利で、長い定規はないですか?」と文房具店で無茶な質問をしてみたところ、教えてもらったのが、今回ご紹介する「ジグソールーラー」。

「ジグソールーラー」は、左右に凸凹がついた15cmの定規。同じシリーズの定規をつなぎ合わせることで、30cm、45cmとどんどん長くなっていきます。とりあえず2本購入して、使い勝手を確認してみました。

長さは15cmのみで、カラーリングは筆者が購入したグレー以外に、ブルー・オレンジ・グリーン・ピンクがあります

長さは15cmのみで、カラーリングは筆者が購入したグレー以外に、ブルー・オレンジ・グリーン・ピンクがあります

偶数目盛りは長めだったり、5mmごとに矢印が表示されていたりで、非常に見やすく工夫されています。また、厚みも3mmとしっかりした作りなので、カッターを使っても傷つきにくそうです。つなげる時は、左右の凸凹部分をはめ込むだけ。しっかりと組み合わさるので、2〜3本つなげるくらいでは、つなぎ目がぐらぐらすることは全くありません。また、線を引いてもつなぎ目で引っかかるなんてこともありませんでした。

1本だけでは普通の定規にしか見えませんが・・・

1本だけでは普通の定規にしか見えませんが・・・

2本つなげると30cmの定規に変身します

2本つなげると30cmの定規に変身します

つなぎ目で引っかかることもなく、真っ直ぐな線が引けました。2本つなげた場合の長さもわかるようになっています

つなぎ目で引っかかることもなく、真っ直ぐな線が引けました。2本つなげた場合の長さもわかるようになっています

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
画材のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る