いいモノ調査隊

“多色ボールペン”感覚で、8色を使い分けられる「クレヨン」

1本で複数の色の芯を使い分けられる便利な“多色ボールペン”。これと同じ感覚で使える“多色クレヨン”を見つけました。

ペンコ 8カラークレヨン

8色の芯が収まった多色クレヨン。マジックインク程度の太さ

頭の部分のダイヤルを回して8色の中から色を選択してグリップ部分のバーをカッターナイフのようにスライドして多色ボールペンのように使えるクレヨンです。1本あれば8色使うことができ、外出時にクレヨンや色鉛筆セットを持ち歩かなくてもカラフルなお絵描きが楽しめるというスグレモノ。子どもとのお出かけはもちろん、コレ1本とメモ張さえあれば気軽に暇つぶしのお絵描きが楽しめる、ありそうでなかった商品です。

ノック部分を回転させて色を選ぶことができます

ノック部分を回転させて色を選ぶことができます

軸径24ミリほどの注射器のようなペン軸に細めの8色のクレヨンがピストルのリボルバーのように収められています。芯が細く折れやすいので先の出し過ぎと力の加減には少々注意が必要です。

選んだ色の芯はカッターナイフのようにサイドのスライドバーで外に出したり中に入れたりすることが可能

選んだ色の芯はカッターナイフのようにサイドのスライドバーで外に出したり中に入れたりすることが可能

クレヨンに直接手が触れないので、手が汚れないのも秀逸。また、通常のクレヨンのようにケースに出し入れする必要がないので、散らからず、紛失も防げる点もメリット。

書き心地は、クレヨンというよりも少し硬い“クーピー”のような感じ。発色もキレイで、落ち着いた色鉛筆のような色合いです。色のりもいいので、マーカー代わりにも使えそうです。

クレヨンというよりも少し硬めのクーピーのようで紙の上を滑らかに滑らせて描くことができるしっかりとした描き心地

クレヨンというよりも少し硬めのクーピーのようで紙の上を滑らかに滑らせて描くことができるしっかりとした描き心地

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る