いいモノ調査隊

カフェ店主が、理想のコーヒーを目指して考案した「ドリッパー」

以前ご紹介したセラミック刃のコーヒーミルを購入して以来、挽き立ての豆で淹れるコーヒーのおいしさのすっかり虜になってしまった筆者。さらなるおいしいコーヒーを追求し、見つけたのがこちらの商品。

逆円錐台形のドリッパー(左)をドーナツ型の木枠(右)を組み合わせて使う。ドリッパーは美濃焼の白磁器で、シンプルながら外観も洗練されている

逆円錐台形のドリッパー(左)をドーナツ型の木枠(右)を組み合わせて使う。ドリッパーは美濃焼の白磁器で、シンプルながら外観も洗練されている

カフェ経営の経験のあるデザイナーが「しっかり濃いのに重くなく、スッキリした飲み心地」を目指して考案したドリッパー。角、穴、内壁の段にこだわってデザインされたそうです。

使用する際は、木枠の穴にドリッパーを通して、コーヒーカップにセットする

使用する際は、木枠の穴にドリッパーを通して、コーヒーカップにセットする

まずは角度。急な傾斜をつけることで、粉の量が同じでもドリッパー内にできるコーヒーの層がより厚くなり、お湯が穴に到達するまでに粉に接する量が増えるという原理。次に、ドリッパーの穴は、粉とペーパーによる自然な速さで抽出する大きさとのことだ。さらに、内側の壁面には、凹凸の段差をつけ、お湯がコーヒーの粉を通らずに下へ落ちてしまうのを防ぐ効果があるとの説明だ。

内側に紙フィルターをセットし、コーヒー豆を入れて、お湯を注ぐだけ。考え抜かれた構造で、コーヒー本来の豊かな風味をしっかり含んだ理想的なコーヒーをドリッパー下のカップに抽出していく

内側に紙フィルターをセットし、コーヒー豆を入れて、お湯を注ぐだけ。考え抜かれた構造で、コーヒー本来の豊かな風味をしっかり含んだ理想的なコーヒーをドリッパー下のカップに抽出していく

この製品の仕組みを理解した後、とりあえず実践。ドリッパーをセットし、挽き立てのコーヒー豆を入れ、お湯を注いでみた。

結果は「おいしい!」のひと言。お湯の注ぎ方等に特に工夫をしたわけでもなく、いつもと同じ豆を使っているものの、味が濃く、キリっと引き締まった感じで、重さを感じないコーヒーといった印象。正直、ドリッパー1つでこれだけ差が出るとは思いもよらず感動でした。たかがコーヒー1杯ではありますが、朝の1杯や仕事の合間のブレイクタイム、休日のカフェタイムなど、こだわりのコーヒーを楽しみたい人や、ちょっとリッチな気分を味わいたい人は、試す価値アリなアイテムです。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る