いいモノ調査隊
保存食にもアウトドアにも便利そうな、水をかけたら1分でもどる乾燥もち!保存食マニアの隊員が発見しましたよ。

水をかけたら1分で戻る! 食べたい時に食べられる備蓄用もち

「ゆるっといいモノ調査隊」読者の方はすでにご存じかもしれませんが「防災用品」や「保存食」に対して一種オタクとも言えるほどの情熱を注いでいる筆者。特に非常食の常備には余念がなく、非常時でさえも「おいしいものが食べたい!」という我がままを叶えるために、非常食の試食にハマっています。そんな筆者が、今回、ご紹介したいのがこちらの商品です。

東京コロニー 即席乾燥餅

賞味期限は製造日から5年。きなこ餅、いそべ餅のほかにあんこ餅もあります

フリーズドライのお餅です。非常時にまでお餅が食べたくなるものかは疑問ですが、いつ食べられるかわからない飢餓感がさらにその食物への欲望をより高めるはず…と信じて止まず、こちらもストック。「餅なんて真空パックがあるじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが、煮たり焼いたりしなければ食べられないものです。でもこの商品をストックしておけば、水さえあればいつでも和のスイーツが食べられるのです。しかも保存期間は5年。真空パックのお餅はそんなには持ちません。

開封。フリーズドライのお餅5個ときな粉、割り箸、水で戻す用のトレーがセットになっています

開封。フリーズドライのお餅5個ときな粉、割り箸、水で戻す用のトレーがセットになっています

理屈はさておき、さっそく試食。フリーズドライは、水に浸して戻った時にどんな姿になるのかがちょっとワクワクして、理科の実験的な楽しさもあります。

お餅はいったん袋の中にしまい、トレーの8分目まで水を注いだ中にお餅を2個ずつ浸し入れます

お餅はいったん袋の中にしまい、トレーの8分目まで水を注いだ中にお餅を2個ずつ浸し入れます

わずか1分であっという間に元に戻ったお餅は、もとの姿が四角いので、形的な変化はあまりありません。ただ、箸でつまむと、さっきまで固形物だったお餅がダラーンと伸びて食べられる状態になったことが分かります。

お皿に移して、添付のきな粉を振り掛けます

お皿に移して、添付のきな粉を振り掛けます

食べてみた感想は、味も食感も紛れもなくお餅! 一度乾燥しているせいか、でんぷん質の粘り気が控えめで、ツルツルっとした食感でノーマルなお餅よりもひょっとしたら食べやすいかも。また、水で戻すので、ひんやりと冷たく冷やした白玉団子やわらび餅のようでおいしいです。

真空パックの切り餅だと、焼いたり煮たりしてそのまま食べることができませんが、これだったら水だけでつきたてのお餅がすぐに食べられます。備蓄用としてだけではなく、お餅好きなら気軽に食べられるおやつとして常備しておくのもいいかも。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
防災グッズのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る