いいモノ調査隊
プラスチックを木を組み合わせて、木材の使用量を50%削減

旅行やアウトドアに必携。伸縮自在のエコなお箸!

かなり昔の話ですが、筆者は海外に行く時にいつもカップ麺を持参しておりました。今では、海外でもコンビニなどで簡単に購入できるようになりましたが、当時は海外で食べるカップ麺はとても貴重で、特においしく感じたものでした。ある日、ホテルの部屋でカップ麺にお湯を入れたところまではいいのですが、箸がないことが判明。ルームサービスとはうまくコミュニケーションが取れず、結局芯をぬいたボールペンを箸代わりにして食べることに…。スープにまみれたボールペンは見るも無残で、それ以来、海外旅行には必ず箸を持参しております。

エコロスティック のびるくん

こちらが筆者愛用のお箸。1袋に8膳分パックされています

今回ご紹介するのは、株式会社アクタが発売している「エコロスティック のびるくん」。コンパクトで軽量な箸で、食べ物をつかむ先端部分は天然木(しらかば)でできております。食べ物をつかみやすく、使い勝手のよさが特長です。

個別に1膳ずつ包装されています。中には爪楊枝も入っております

個別に1膳ずつ包装されています。中には爪楊枝も入っております

使う時は本体の両端を持って凹みにはまるまで引っ張るだけ。本体の約半分が天然木でできています

使う時は本体の両端を持って凹みにはまるまで引っ張るだけ。本体の約半分が天然木でできています

臨時用の箸ですが、しっかりした作りなので、割り箸よりも安定感があります

臨時用の箸ですが、しっかりした作りなので、割り箸よりも安定感があります

最近はカップラーメンを持参することはありませんが、今でもよく海外旅行に行っては、現地料理を食べ歩いており、ローカルなレストランや屋台にもよく顔をだします。しかし、旅に慣れているとはいえ、気になるのは衛生面。特にお箸など直接口を付けるものは、最大限に気を使っております。また、お店によっては、そもそもお箸が用意されていない場合もあるので、「のびるくん」があれば、衛生面でも精神衛生面でも安心できますよ。

◆こちらの記事もおすすめ
⇒ 【保存版】海外・国内旅行で役立つ便利なトラベルグッズ25選

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
旅行用品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る