あれこれ通信
ついにGoogleの人工知能が日本でも使えるように!

「Googleアシスタント」の日本語版がサービス開始! 「OK, Google」から始めるAI生活

Googleは、2017年5月29日より対話型AI「Googleアシスタント」日本語版の提供を開始した。Android端末で順次利用できるようになり、iOS端末に関しては準備が整い次第、国内での提供が始まる予定。天気や場所といった調べ物から、カレンダーの予定確認やリマインダーの設定、YouTubeの動画再生など、さまざまな情報を対話形式で教えてくれるのが特徴だ。29日には記者発表会が開催され、実際に「Googleアシスタント」を試すことができたので、その詳細をレポートする。

5月29日より提供が開始された「Googleアシスタント」。今後数週間をかけてAndroid端末向けに順次配信予定

5月29日より提供が開始された「Googleアシスタント」。今後数週間をかけてAndroid端末向けに順次配信予定

「OK, Google」から始めるAI生活

すでに英語圏で提供されている「Googleアシスタント」が、ついに日本でもサービスの開始を迎えた。対応端末は、OSがAndroid 6.0または7.0で、Google Playを搭載するスマートフォン。ホームボタンを長押しするか、「OK, Google」と端末に話しかけることで起動する。従来の「Google Now」とは異なり、自然言語処理技術を活用しユーザーの質問を分析して、会話の状況や文脈を理解することで、双方向の対話が可能となっている。

「カレーライスのカロリー」「こんにちはのスペイン語」といったことから「職場までの経路」「今日の天気」などパーソナルな情報までさまざまなことを「Googleアシスタント」で調べられる。さらには、「カレンダーに○○を追加」「○○さんに電話をかけて」「30分遅刻する、と○○さんにメール」「最新のトップニュースを教えて」など、生活に関わることをGoogleアシスタントがサポートしてくれる。なお、「Googleアシスタント」は、端末によってすべての機能を使用できないことがあるので、その点には注意してほしい。

「Googleアシスタント」は、ホームボタンの長押し、もしくは「OK, Google」と話しかけることでどの画面からも起動する。起動すると「はい、どんなご用でしょう?」と話しかけてくるので、何でも聞きたいことをたずねれば、必要な情報を探して教えてくれる。音声を使いたくないときは、テキスト入力することも可能

発表会では、「Googleアシスタント」が今日の天気や予定のほか、予約しているフライトの情報、旅行先のおすすめ観光地、調べたものに関する画像などを教えてくれるデモが行われた。「札幌にあるジンギスカンがおすすめのレストランは?」という質問に対して複数の店舗を示し、それに対して「最初のお店」というと、リストの最初にあるお店の情報を表示。さらに、「料理の写真を見せて」という質問に対して、そのお店で撮影された料理の写真を提示してくれた。この一連の会話はシームレスで交わされ、あたかも端末の中の相手と話しているかのように見えた

会場に用意されていたスマートフォンで「Googleアシスタント」を実際に試してみた様子は以下のムービーから。雑音が大きい環境だったが、音声認識の精度は非常に良好だった

「Googleアシスタント」では、アクセス可能なデータをユーザーが設定できるようになっている。初期設定では「Googleアプリのバージョン」「連絡先、ストレージなどスマートフォン上の情報」「名前、検索履歴などGoogleアカウント情報」にアクセスできるようになっているが、プライバシーが気になる人はアクセスを制御することも可能。反対に、アクセスできる情報を増やすと利用できるサービスの幅が広くなる。たとえば、「現在地」へのアクセスを許可して現在地情報に基づいた天気やおすすめの場所を提示する、といった具合だ。Googleアカウント情報へのアクセスを許可している場合は、「Googleアシスタント」の会話履歴が保存されるが、いつでも削除することができる。

「Googleアシスタント」の第一歩。今後の課題はほかのサービスや製品との連携

Googleによれば、「Googleアシスタント」の機能はユーザーが使うことで学習を続け、日々使いやすくなっていくとのこと。ユーザーの利便性を上げるには、サードパーティー各社のサービスや製品との連携が必要になってくるが、これに関しても対応を進めている最中という。海外ではすでにIoT関連の製品が対応し、「Googleアシスタント」経由で端末を操作できる製品も多く、日本ではどのような対応がなされるのか注目したいところだ。

AIファーストを掲げるGoogleの狙いは、家の中から外出先、自動車の中までいつでもどこでも「Googleアシスタント」が使えるようになること。そのためにはサードパーティー各社との連携が重要な課題になる

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る