話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新IT情報をキャッチアップ

インテルが「Core i9-9900K」を含む第9世代Coreプロセッサーを正式発表

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界で先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

インテルがデスクトップ向け第9世代Coreプロセッサーを正式発表。最上位モデルは8コア16スレッドの「Core i9-9900K」

インテルは、2018年10月8日にニューヨークで発表会を開催し、開発コードネーム「Coffee Lake-S Refresh」と呼ばれていたデスクトップ向けの第9世代Coreプロセッサーを発表しました。

ついに登場した第9世代Coreプロセッサー

ついに登場した第9世代Coreプロセッサー

発表されたのは「Core i5-9600K」「Core i7-9700K」「Core i9-9900K」の3モデル。ハイエンド向けを除くデスクトップPC向けCPUとして初めてi9を冠する最上位モデル「Core i9-9900K」の基本スペックは、8コア16スレッド、定格3.6GHz(ターボブースト時最大5.0GHz)、TDP95W、キャッシュ容量16MBで、世界最高のゲーミング向けプロセッサーとうたわれています。

3モデルともに最大40のPCIe 3.0レーン、2チャネルDDR4-2666メモリーをサポートします。基本スペックは以下の表から確認してください。

上から「Core i9-9900K」「Core i7-9700K」「Core i5-9600K」の各スペック(クリック、タップで拡大して確認してください)

「Core i5-9600K」「Core i7-9700K」「Core i9-9900K」はアメリカで10月19日に発売予定。1000個ロット時の希望小売価格は、それぞれ262ドル(約29,600円)、374ドル(約42,200円)、488ドル(約55,100円)となっています。

ソース:インテル

Windows 10のアプデが“データ消失”の報告を受け配信停止へ

Windowsの大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update (version 1809)」が2018年10月2日にリリースされました。しかしながら、アップデートを行ったユーザーから「更新後にローカルに保存していたデータが消えた」という報告が相次ぎ、マイクロソフトは急遽配信を停止するに至りました。

大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update (version 1809)」をインストールすると、ファイルが消失する問題が一部で発生

アップデートの配信開始後から、「アップデートの適用後にドキュメント内に保存していたファイルや画像がすべて消えた」という投稿がマイクロソフトのコミュニティフォーラムに多数投稿されており、なかにはバックアップを取っていなかったため、データを復旧できないと途方に暮れるユーザーのコメントも見つかります。

こういった多数の報告を受けて、マイクロソフトは「Windows 10 October 2018 Update (version 1809)」の配布を緊急停止。さらに、手動でインストーラーパッケージをダウンロードしたユーザーにも「インストールしないでください」と警告しています。また、アップデートの適用後に問題が起こったユーザーにはサポートセンターに連絡するよう呼びかけています。

同社によれば、問題の調査を実施しているため、アップデートの配信を停止したとのことです。

今回のアップデートは、配信こそ開始されたものの、段階的に行われていたためすべてのユーザーに配信されたわけではありません。しかし、インストールパッケージは手動でもダウンロードすることが可能で、一部ユーザーはこの機能を利用し今回のアップデートを適用していました。すでに、マイクロソフトの公式サイトでは、最新アップデートが2018年春に配布された「Windows 10 April 2018 Update」に戻されています。

インストーラーを手動でダウンロードしたユーザーは、インストールを行わないよう注意が必要です。もし、インストールを行い、ファイル消失などの問題が起こっている場合は、すぐにサポートセンターに連絡してください。

ソース:マイクロソフト

ボイジャー2号が太陽系脱出へ。星間空間に迫る

NASAは、無人宇宙探査機「ボイジャー2号」が太陽系を脱出間近であると公式サイトで発表しました。高エネルギーの放射線、宇宙線量が、2018年8月比べて5%ほど上昇しており、これは太陽圏と局所恒星間雲の境界にあるヘリオポーズの航行が近くなったことを意味しているという。宇宙線量の上昇は、2012年8月にヘリオポーズに到達し、その後太陽圏外へと脱出した「ボイジャー1号」のときにも確認されていました。

NASAが公開した画像では、ボイジャー2号がヘリオポーズに迫っていることがわかります

NASAが公開した画像では、ボイジャー2号がヘリオポーズに迫っていることがわかります

「ボイジャー2号」は、1977年に打ち上げられた無人宇宙探査機。惑星探査ミッションを行っていましたが、木星、土星、天王星、海王星を訪れた後に星間空間ミッションへ切り替えられ調査を行っています。もし、このまま無事に星間空間にたどり着けば、人工物として「ボイジャー1号」に続く史上2機目の快挙になります。

ボイジャー1号は、宇宙線の増量が確認された後、約3か月で星間空間へたどり着いたとされています。このままいけば、ボイジャー2号も今後数か月で太陽圏を脱出すると見られますが、宇宙線の増量は、太陽黒点サイクルによる影響があるかもしれないと専門家は指摘しています。

ちなみに、ボイジャー2号が星間空間にあるほかの恒星に接近するのは約4万年後とされています。我々の銀河系と、隣のアンドロメダ銀河が衝突するのが40億年後とされていますが、そのときまでボイジャー2号は銀河を漂っているのかもしれません。

ソース:NASA

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
ページトップへ戻る