特別企画
価格.comスタッフが実際に乗り換えてみました

家のネットが遅い! そんなときは「IPoE」をチェック

光回線なのに自宅のネットが遅い、特に夜……。こうしたユーザーの不満を解消すべく、インターネット接続事業者(ISP)が「IPoE」という方式を使ったインターネット接続サービスを続々と始めている。利用しているISPが対応していれば、無料で利用できる場合があるので、試してみる価値は十分にありそうだ。IPoEとはどんなサービスなのか、実際にどれだけ速度が改善されるのかレポートしたい。

IPoEとは?

まずは簡単にIPoEとは何かを抑えておきたい。IPoEとは、NTT東西の基幹ネットワーク(NGN、「フレッツ網」などとも言われる)からインターネットに接続するための接続方式の1つ。「次世代のインターネット接続環境」とも呼ばれ、従来型の「PPPoE」の利用者が増える時間帯(特に夜)の混雑を解消できる方式として注目されている(下図)。


IPoEやPPPoEと合わせて知っておきたいキーワードがIPv6とIPv4。厳密には異なるが、最近はIPoE=IPv6、PPPoE=IPv4と同じ意味で語られることもある。ビッグローブは「IPv6接続(IPoE方式)」、ぷららは「ぷららv6エクスプレス」、ニフティは「IPv6サービス」という名称で、サービスを提供している。

ただし、上の図の通り、IPoE接続方式にしても、IPv4対応のWebサイトやサービスを利用する場合は、PPPoE接続方式となるため、混雑の影響を受けてしまう。IPv6への対応が進んでいるとはいえ、現在は過渡期の状況なのだ。

その課題を解決するのが「IPv4 over IPv6」。IPv4の通信をIPv6上で流すことで、IPv4でもIPoEのメリットを享受できる(下図)。IPv4 over IPv6は、ISPにより技術・方式は異なるが、「v6プラス」「transix」「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッドサービス」などというサービス名で提供されている。

価格.comスタッフが実際にIPoEに切り替えてみた

IPoEが速度改善を期待できそうなのはわかったが、実際のところはどうなのか、価格.comスタッフが実際に乗り換えてみた。

都内在住の価格.comスタッフは、手持ちのスマートフォンのWi-Fi接続が不安定で、よく利用しているDAZNの映像が途切れがちだった。利用しているISPがIPoE/IPv4 over IPv6に対応していたため、乗り換えに踏み切り、合わせてWi-Fiルーターも対応の機種に新調した。

気になる速度の変化は以下の通り。

左はIPv6非対応の旧ルーターで測定した結果。中央は、IPv6対応の新ルーターかつ変更前の状態で測定した結果。右はIPv6対応の新ルーターかつ「v6プラス」に設定した状態で測定した結果。測定時間は回線が混雑する21時半前後で、各3回測定してもらった。結果はほぼ同じだった

IPv6に対応していない旧ルーターの場合、回線が混雑する夜間では、光回線なのに下りの速度が10Mbpsも出ていない。実用上は問題なかったが、前述の通り、動画視聴時の読み込みが頻繁に途切れるなど、不満があったという。

新ルーターでも、「v6プラス」に設定する前は旧ルーター利用時と速度はほとんど変わらなかったが、設定を切り替えると、70Mbps越えと一気に速度がアップした。

v6プラスの月額利用料はもちろんゼロ。動画視聴時の途切れもほぼなくなり、おおむね満足だという。変更時に困ったことは、設定が少々面倒で、Wi-Fiルーターの対応状況が、メーカーの公式サイトを詳しく見ないとわからなかったことだという。

対応ルーターとして、アイ・オー・データ機器の「WN-AX1167GR2」をチョイスした価格.comスタッフ。設定画面で、「v6プラス、IPv6オプションなど」を選択するのだが、一度光回線で通常接続の設定を行う必要あり、少々手間取ったという

主要ISPの対応状況と対応Wi-Fiルーター

最後に主要ISPのIPoE/IPv4 over IPv6の対応状況と、主要メーカーの対応ルーター&動作確認サービスをチェックしよう。

※2018年12月26日時点

※2018年12月26日時点

・バッファロー
IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト
・アイ・オー・データ機器
IPv6接続動作確認済みサービス一覧&対応機器
・NECプラットフォームズ
IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続確認済みリスト
・エレコム
動作確認済みIPv6接続サービス対応表

IPoE/IPv4 over IPv6は、ISPでサービス名称が統一されていないなど、新しいサービスかつ、IPv4からIPv6への過渡期ということもあり、少々わかりにくい。それでも、今回価格.comスタッフが試した通り、速度が出ていない場合には効果が期待できそうだ。エリアによっては混雑しておらず不満を感じていない人もいるだろうが、少しでも速度に悩んでいる人は試してみる価値はあるだろう。

>>[PR]価格.comでIPoE対応の光コラボをチェック

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ネットワーク機器のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る