話のネタになる最新ITニュースまとめ

Safariで深刻な脆弱性。ブラウザー履歴が流出する可能性

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

Safariで深刻な脆弱性。ブラウザー履歴が流出する可能性

ブラウザーの指紋認証サービスを提供しているFingerprintJSは、MacやiOSなどに採用されているWebKitに実装されるJavaScript API「IndexedDB」にバグを発見したことを明らかにしました。

細かな技術的なことを省いて説明すると、今回発見されたバグは、IndexedDBを使用するすべてのWebサイトが、ユーザーのブラウジングセッション中にほかのWebサイトが生成したIndexedDBデータベースの名前にアクセスできるというものです。つまり、ユーザーがブラウジングをしている最中に、あるWebサイトがユーザーが訪れたほかのWebサイトを追跡できる可能性があるということです。本来であれば、Webサイトは自身のIndexedDBデータベースにしかアクセスできません。

たとえば、YouTubeでは、GoogleユーザーIDを名前に含む識別子をデータベースで作成しており、FingerprintJSによれば、この識別子をGoogle APIで使用することで、プロフィール画像などユーザーの個人情報を取得できるようになるということです。そのため、悪意のあるユーザーが、ほかのユーザーの身元を特定できてしまう可能性があります。

今回発見されたバグは、Mac版Safari 15、iOS 15およびiPadOS 15の全バージョンのSafariを含む、AppleのWebKitを使用するブラウザーに影響を及ぼすとのこと。加えて、iPhoneとiPadで利用できるすべてのブラウザーはWebKitを使用する必要があるため、サードパーティー製のブラウザーにも影響があります。

FingerprintJSは、このバグについて2021年11月28日にアップルに報告済みですが、いまだに解決されていないとしています。

ソース:FingerprintJS

米Netflixがまたしても値上げ。全プランで1〜2ドルアップ

Netflixは、アメリカおよびカナダを含めた北米地域での月額料金を値上げすることを明らかにしました。

Netflixが提供している月額プランはベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つがあり、今回の値上げは全プランにて適用されます。具体的には、ベーシックプランが月額8.99ドルから9.99ドルに、スタンダードプランが13.99ドルから15.49ドルに、プレミアムプランは17.99ドルから19.99ドルになり、全プランで1〜2ドルの値上げになります。

Netflixは2011年のサービス開始時から段階的に値上げを実施し、最後に北米地域で値上げが行われたのは2020年10月のことです。この際は、日本での値上げは行われませんでしたが、2021年2月に日本の料金プランにも値上げが反映されました。

今回行われた値上げが日本のNetflixにも適用されるかは現時点では不明ですが、その可能性は十分あると言えるでしょう。Netflixで見たいコンテンツがある人は、早めに入会しておくのが吉かもしれません。

ソース:Netflix

ベイビーシャークの動画がYouTubeで初めて100億回を突破

幼児向けYouTubeチャンネル「Pinkfong Baby Shark - Kids' Songs & Stories」が投稿した「Baby Shark Dance(サメのかぞく)」という動画が、YouTube史上初めて100億回再生を突破しました。

「Baby Shark Dance」は、欧米の童謡「Baby Shark」(ベイビーシャーク)を子どもが踊る動画です。この動画は、子ども向けの教育コンテンツを手がける会社が運用しているチャンネルが投稿したもので、2015年の初投稿から約6年で100億回再生を記録しました。
日本でも子どもの間で人気が高く、家電量販店でベイビーシャークのおもちゃが販売されているのを見たことがある、という人も多いのではないでしょうか。

「Baby Shark Dance」は、数年前からインターネット上で話題になっており、K-POPやアメリカの歌手が、踊ってみた動画をSNSで共有するほどです。2020年10月に再生回数が70億回を突破したときには、「YouTubeで最も再生された動画」「YouTubeで最も再生された音楽動画」「YouTubeで最も再生された子ども向けの音楽動画」としてギネスに認定されました。

もともとは古くから伝わる欧米の童謡が、子どもが歌う定番の曲として世界から注目を集めるというのは、SNSが普及した現代ならではの現象と言えます。

ソース:Baby Shark Dance

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る