特集
7月29日リリース! Windows 7/8.1ユーザーは無料でアップグレードOK

新機能てんこ盛り! Windows 10徹底研究

マイクロソフトの次期Windows「Windows 10」が2015年7月29日にリリースされる。「Windows 8」で廃止されたスタートメニューが復活するほか、「Internet Explorer」に代わる新しいWebブラウザー「Edge(エッジ)」や音声アシスタント機能「Cortana(コルタナ)」など、多くの新機能が盛り込まれる予定だ。Windows 10は、中身はもちろんだが、提供方法もこれまでとは大きく様変わりする。提供開始から1年間に限って、「Windows 7」以降の利用者なら無料でアップグレードできるのだ。期間限定ではあるが、これまで有料で提供してきたものを無料にするという大胆な戦略をとる。今回は、そんなWindows 10の進化点をくわしくチェック。新機能の一部を先取りして試せる最新のインサイダープレビュー版を使いながら、その使い勝手もレポートする。

Part1 これまでの枠を超えたWindowsの集大成! Windows 10ってどんなOS?

2015年7月29日にリリースされるWindows 10は、現行の「Windows 8.1」の後継となる基本ソフト(OS)ではあるが、従来のWindowsの延長線上にある単なるOSではない。

これまでマイクロソフトは、パソコン向けのOSとして「Windows」、スマートフォン向けのOSとして「Windows Phone」という異なるブランド名を使ってきた。Windows 10では、パソコン向けOSもスマートフォン向けOSも、それ以外の機器向けのOSも「Windows 10」というブランド名で統一する。それ以外の機器とは、ホログラム対応のヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」や大画面デバイス「Surface Hub」、「IoT」(Internet of Things、モノのインターネット)分野など、多岐にわたる。ブランド名だけでなく、ユーザーインターフェイスや使い勝手、ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)の統一も目指す。さらに、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、さまざまな機器に対して、ひとつのアプリケーション(アプリ)で対応する「ユニバーサルアプリ」という仕組みを導入し、アプリの統合まで図る計画だ。

バージョン名が「9」を飛ばして「10」となったのは、幅広い機器へ包括的に提供するまったく新しい世代のWindowsであり、これまでのWindowsとは違うことを意味していると言われている。

Windows 10(インサイダープレビュー版、Build 10074)のデスクトップ画面

Windows 10(インサイダープレビュー版、Build 10074)のデスクトップ画面

ヘッドマウントディスプレイのHoloLensにもWindows 10が搭載される

ヘッドマウントディスプレイのHoloLensにもWindows 10が搭載される

HoloLensは、目の前にWindowsが表示される未来的なデバイスだ

HoloLensは、目の前にWindowsが表示される未来的なデバイスだ

Windows 10は、提供方法もこれまでと大きく異なる。提供開始から1年間に限り、Windows 7/8/8.1から無償でアップグレードできるのだ(Windows 8はWindows 8.1へのアップグレードが必要)。これまで新しいOSを有償で提供してきたマイクロソフトにとっては大きな戦略転換と言える。また、デバイスのサポート期間中であれば、「Vistaから7」、「7から8」というようなメジャーアップデートに相当する場合でも無償で最新の機能が提供される。つまり、アップルの「OS X」や「iOS」、グーグルの「Android OS」や「Chrome OS」と同じように、そのデバイスを使い続ける間は、常に最新のWindowsが無料で使えるようになるのだ。Windows 10により、Windowsはパッケージを購入してパソコンにインストールする「ソフトウェア」ではなく、常に最新の状態で利用できる「サービス」へと姿を変えることになる。

マイクロソフトが無償にしてまでWindows 10への移行を加速する背景には、アプリや周辺機器を開発する開発者を増やしたいという思惑がある。ユニバーサルアプリの導入やWindowsのサービス化により、Windows 10向けアプリを開発しやすい環境を用意して、Windowsプラットフォームの魅力を高めるのが狙いだ。特に、グーグルやアップルに遅れをとるスマートフォン分野での巻き返しには、アプリの拡充が欠かせない。

では、Windows 10は、具体的にどんなOSなのだろうか。Windows 8/8.1は、タッチ操作に重点を置き過ぎたせいで、マウスとキーボードを使った操作を好む人から敬遠されてしまった。特に法人市場ではWindows 7の存在感が強く、Windows 8/8.1への移行がなかなか進んでいない状況だ。そこでWindows 10では、Windows 7以前にあったスタートメニューを復活させ、Windows 7ユーザーが違和感なく乗り換えられるように配慮した。Windows 8/8.1では強制的に全画面表示になっていた「Windowsストアアプリ」(ストアアプリ)のウィンドウ表示も可能となった。もちろん、タッチ操作に適したユーザーインターフェイスも引き続き備えるが、マウスとキーボード用のデスクトップと切り替えられるようにして、マウス操作とタッチ操作をスムーズに使い分けられるように改良されている。

Windows 10にはどんなエディションがある?

幅広い機器をサポートするWindows 10には、7つのエディションが用意されている。

●Windows 10 Home…パソコンやタブレット、2in1デバイスでの利用を想定した個人向け。Edge、Cortana、後述する「Continuum」、生態認証機能の「Windows Hello」などを搭載。家庭用ゲーム機「Xbox One」向けに作られたゲームも楽しめる。「Windows 7 Home Premium」や「Windows 8.1」からアップグレードできる。

●Windows 10 Mobile…スマートフォンや小型タブレット向け。Windows 10 Homeのユニバーサルアプリや、タッチに最適化された新しい「Office」を利用できる。スマートフォンをディスプレイに接続して、パソコンのように使える「Continuum for Phone」もサポート。「Windows Phone 8.1」からアップグレードできる。

●Windows 10 Pro…パソコン上級者や小規模企業向け。Windows 10 Homeに、デバイスやアプリケーションの管理機能などが追加される。「Windows 7 Professional」や「Windows 8.1 Pro」からアップグレードできる。

●Windows 10 Enterprise…中〜大規模企業向け。デバイスやアプリケーションの管理、セキュリティなど、高度な機能を搭載。ボリュームライセンス契約が可能。

●Windows 10 Education…教育機関向け。Windows 10 Enterpriseをベースに教員や学生のニーズに合うように設計したエディション。ボリュームライセンス契約が可能。

●Windows 10 Mobile Enterprise…Windows 10 Mobileの企業向け。モバイル管理機能やすぐれたセキュリティ機能を搭載する。ボリュームライセンス契約が可能。

●Windows 10 IoT Core…IoT向けのエディション。さまざまなセンサーから情報を取得しインターネット経由でサーバーやクラウドに送るゲートウェイのような小型のデバイスなどを対象とする。

なお、Windows 10 EnterpriseおよびWindows 10 Mobile Enterpriseには、ATM、POS端末、産業用ロボットなど、各産業に特化したエディションも用意される。

Windows 7/8.1の各エディションからアップグレードできるWindows 10のエディション

Windows 7/8.1の各エディションからアップグレードできるWindows 10のエディション

Windows 10のシステム要件は?

1年間は無償アップグレードできるが、自分のパソコンやタブレットでWindows 10は動作するのか? Windows 10へアップグレードする際のシステム要件は以下の通りだ。基本的には「Windows Vista」やWindows 7のときと大きく変わっていない。快適に動作するかはスペック次第だが、Windows 10は多くのデバイスで動作すると思われる。

 

 

Windows Updateを利用してWindows 10へアップグレードする場合は、最新バージョンの「Windows 7 Service Pack 1(SP1)」または「Windows 8.1 Update」が動作している必要がある。注意点は、最小システム要件を満たしているデバイスでも、ドライバーやファームウェアのサポート状況、アプリの互換性、機能のサポート状況など、さまざまな要因でアップグレードできない場合があること。不安な人は、パソコンメーカーの対応状況を確認してからアップグレードするようにしたい。

なお、7月29日にリリースされるのはアップグレード版で、Widows 10を搭載したパソコンの発売日は2015年6月4日時点では明らかになっていない。

関連情報

Introducing Windows 10 Editions(各エディションの詳細、英語)
Windows 10 Q&A(日本マイクロソフト)

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る