いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ

Windows 10への自動アップグレードを防ぐためにやっておきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。“超”が付くほど簡単な使い方や、中上級者でも知っておくと役に立つ情報をお届けしていきます。第7回は、「Windows 10」にアップグレードしたくない人のために、アップグレード予約を取り消す方法などを紹介します。

Windows 10へのアップグレード予約を取り消す

「Windows 7」や「同 8.1」のユーザーの中には、Windows 10へのアップグレードを促すポップアップが頻繁に表示されて煩わしく思っている人がいるのではないだろうか。ポップアップだけでなく、アップグレードが間もなく開始される、というメッセージが表示される場合もあるようだ。Windows 10にアップグレードしたくない人にとっては、とても迷惑な話だ。

Windows 10へのアップグレードを防ぐには、まず予約を取り消そう。タスクバーのWindowsアイコン(「Get Windows 10」アプリのアイコン)をクリックして「Windows 10を入手する」を表示したら、設定画面を開いて予約を取り消す。

この「Windows 10を入手する」の画面に「今すぐアップグレード」や「ダウンロードを開始して、後でアップグレード」といったボタンが表示されていてもクリックしないように注意しよう。どちらをクリックしてもWindows 10へのアップグレードが進行してしまう。

タスクバーの右下にWindowsマークのアイコンが表示されていたら、クリックする

タスクバーの右下にWindowsマークのアイコンが表示されていたら、クリックする

画面が表示されたら、左上にある三本線のアイコンをクリックする

画面が表示されたら、左上にある三本線のアイコンをクリックする

左側のメニューの「確認の表示」をクリックする

左側のメニューの「確認の表示」をクリックする

画面が切り替わる。左下の「予約の取り消し」をクリックする

画面が切り替わる。左下の「予約の取り消し」をクリックする

次画面で、さらに「予約の取り消し」をクリック

次画面で、さらに「予約の取り消し」をクリック

「予約を取り消しました」と表示されればOK。「閉じる」をクリックして終了する

「予約を取り消しました」と表示されればOK。「閉じる」をクリックして終了する

Windows Updateの設定を変更して万全を期す

続いて、「Windows Update」にも手を入れておこう。Windows 10にアップグレードする項目が更新プログラムの中にある場合は、そのチェックを外して非表示しておく。

「コントロールパネル」を開く。Windows 7ならスタートメニューで「コントロールパネル」をクリックして開き、そこで「システムとセキュリティ」(1)→「Windows Update」(2)の順にクリックする

「利用可能なすべての更新プログラムを表示」(1)をクリックする。「はじめに」(2)をクリックしないように気をつけよう

更新プログラムが一覧表示される。左側の「重要」タブをクリックすると、「重要な更新プログラム」が表示される。これは、バグや脆弱性の修正などWindowsにとって重要な更新だ。これらは基本的にチェックを入れてインストールしたほうがよい

左側の「オプション」タブ(1)をクリックすると、重要ではないがインストール可能な更新プログラムが表示される。ここにWindows 10にアップグレードする項目が表示されてチェックが入っていたら、まずチェックを外そう(2)

チェックを外した状態

チェックを外した状態

チェックを外したら、Windows Updateのトップ画面に戻ってみよう。Windows 10へのアップグレードの表記が消えている。ここで「●個のオプションの更新プログラムが利用可能です」をクリックして前の画面に戻る

先ほどの画面が再び表示されるが、Windows 10にアップグレードする項目が、チェックを外した状態でまだ残っている。これを右クリックして、表示されるメニューにある「更新プログラムの非表示」をクリックすると、項目がグレーアウトして消える

再びWindows Updateのトップ画面に戻ると、「●個のオプションの更新プログラムが利用可能です」の数字が減っていることがわかる

さらに、Windows Updateの設定も変えておきたい。本来なら、「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」にしておくのがセキュリティの観点から望ましいのだが、知らぬ間にアップグレードされるのを防ぐためには仕方がないので、「更新プログラムは確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」を選ぶ。そして、週1回の頻度でWindows Updateをチェックして、前述の「重要な更新プログラム」があればWindows 10へアップグレードを行うものではないことを確認したうえで、Windows Updateを実行しておこう。

Windows Updateのトップ画面で、画面左側にある「設定の変更」をクリックする

Windows Updateのトップ画面で、画面左側にある「設定の変更」をクリックする

設定画面が表示される。「重要な更新プログラム」のプルダウンメニューをクリックして開き、「更新プログラムは確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」を選ぶ

その下にある「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」のチェックも外しておくと安心だ

湯浅英夫

湯浅英夫

音楽、プラモ、鉄道、アニメ、腰痛など趣味の多い元ジャズミュージシャンライター。日経BP社、マイナビなど各社でIT・ネット関連を中心に執筆中。愛用の2in1ノートの画面にヒビが入ってタッチパネルが使えなくなってしまったのが最近の出来事。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.11.23 更新
ページトップへ戻る