ナノイーXでニオイを分解脱臭&花粉も抑制

強烈なタバコ臭が消えた! 手間も場所も取らないパナソニック「脱臭ハンガー」を試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツや制服、コートなど、なかなか洗濯できない衣類のニオイ、気になりませんか? 着用して出かければ、タバコや食べ物のニオイ、汗臭といった何かしらのニオイは付着してしまうので、消臭スプレーでケアしている人も多いでしょう。そんな、ニオイ問題を解決してくれるハンガーが誕生しました。パナソニック「脱臭ハンガー MS-DH100」(以下、脱臭ハンガー)です。ハンガーにかけておくだけで付着臭が消えてしまう、脱臭ハンガーの実力をいち早く試してみました。

2017年9月1日発売予定の脱臭ハンガーを発売前に使ってみました!

2017年9月1日発売予定の脱臭ハンガーを発売前に使ってみました!

脱臭できる仕組みとは?

普通のハンガーと変わらない見た目の脱臭ハンガーですが、スイッチを入れると「ナノイーX」が発生します。ナノイーXとは、脱臭などに効果のある微粒子イオン「ナノイー」がより強力になったもの。不快なニオイを抑える「OHラジカル」がナノイーの10倍含まれており、通常のナノイーでは対応できないニオイ(汗臭、焼肉臭、生乾き臭)も脱臭できるそう。そんなナノイーXを放出する脱臭ハンガーでは、ハンガーにかけた衣類の繊維の奥までナノイーXが浸透し、ニオイの原因物質を分解して脱臭。付属の衣類用カバーをかぶせて稼動させれば、花粉のアレルギーの原因である花粉表面のたんぱく質を変性させ、アレルギーの抑制もできるといいます。

サイズは400(幅)×281(高さ)×88(奥行)mmと、ハンガーとしてはやや厚みのある形状となっています

サイズは400(幅)×281(高さ)×88(奥行)mmと、ハンガーとしてはやや厚みのある形状となっています

立体的なハンガーなので、衣類が型崩れしにくいのもポイント

立体的なハンガーなので、衣類が型崩れしにくいのもポイント

ナノイーXを発生させるため、脱臭ハンガーはコンセントに差して使用。なお、モバイルバッテリーで稼動させることもできるので、コンセントのない場所でも運転は可能です

ナノイーXは8か所ある吹出口から放出。襟や肩、脇、袖、背中、胸にナノイーXが届けられるように、多方面に吹出口が用意されています

脱臭ハンガーにはファンが内蔵されており、ナノイーXを送風します。といっても、その稼動音は非常に静か(下の動画参照)。動画は至近距離で撮影しているため音がはっきりと聞こえますが、約35dBなので実環境では運転中と気付かないほどです。

なびくほどの風量ではないので、薄手の衣類をかけても落ちる心配はありません

なびくほどの風量ではないので、薄手の衣類をかけても落ちる心配はありません

運転モードは、約5時間運転する「通常モード」と約7時間運転する「ロングモード」の2種類。ニオイや花粉が気になる時はロングモードを使うとよいそうです

脱臭ハンガーに衣類をかけると、ナノイーXは衣類の内側に放出される状態となります(左)。内側に付着した汗臭を脱臭したい場合は、ハンガーにかけるのみでOK。衣類の外側に付いたニオイまで脱臭したい時には、付属の衣類用カバーをかぶせて運転しましょう

衣類にかぶせるといっても、衣類用カバーの底は開いた状態。ナノイーXを袋状にしたカバーの中に充満させて脱臭するわけではないようです

タバコの付着臭は本当に脱臭できる?

ナノイーが直接当たる衣類の内側のニオイは消えそうですが、外側の付着臭は仕組みを見る限り、あまり脱臭できなそうな気がしてならないのですが、心を鬼にして脱臭力の検証をしてみました。タバコのニオイを付けたジャケットを3着用意し、「脱臭ハンガー」「消臭スプレー」「何もしない」の3パターンでニオイの消え具合をチェックします。

がっつりニオイが付くように、喫煙室に3日間ジャケットを放置

がっつりニオイが付くように、喫煙室に3日間ジャケットを放置

さらに最終日には、ジャケットを入れた袋にタバコの煙を吹き入れ、2時間ニオイを染み込ませました

さらに最終日には、ジャケットを入れた袋にタバコの煙を吹き入れ、2時間ニオイを染み込ませました

強烈なタバコ臭を発するジャケットのうち1着は脱臭ハンガーにかけ、衣類用カバーを装着。残り2着は、脱臭スプレーを吹きかけたものと、何もせずにハンガーに吊るしたものとなります

空調もなるべく同じ状況になるように、同室に3着を離して設置。数時間後の様子を調べます

空調もなるべく同じ状況になるように、同室に3着を離して設置。数時間後の様子を調べます

強烈なニオイが付いているので本来ならロングモードで運転すべきですが、ひとまず通常モードでスタート。通常モードが稼動している5時間、放置しておけばいいのですが、途中でニオイが気になったのでチェックしてみました。

運転スタートから2時間後のジャケットは、まだタバコのニオイがします。しかし、ナノイーXが放出される吹出口の部分にある肩や襟をかいでみたところ、無臭! ナノイーXの脱臭効果におどろきました

消臭スプレーを吹きつけたジャケットは、吹きつけた直後は消臭スプレー独特のニオイがしましたが、2時間も経つと何もニオイを感じないレベルに。脱臭スピードは消臭スプレーが1番です。なお、ハンガーにかけただけのジャケットは強烈なタバコ臭を放っていました

まだニオイが消えていない2着の様子を確かめるために、通常モードの運転終了まで待ちます。

スタートから5時間後、運転が自動停止した脱臭ハンガーのジャケットを臭いでみると、ジャケット外側には若干タバコ臭が残っていました。いっぽう、ナノイーXが届きやすいジャケットの内側はほぼ臭いません

何もしていないジャケットも5時間放置しておくと、かなりニオイは消えていました。しかし、内側には繊維の奥に染み付いたようなタバコ臭が! 着用した時に自分が臭い思いをするのは間違いありません

少しニオイが気になったので、脱臭ハンガーを追加で2時間稼動させてみました。5時間+2時間なので、ロングモードにした時と同じ状況となります。その結果、ジャケット外側に残っていたニオイが感じないレベルまで消えました。なお、普通のハンガーにかけただけのジャケットは繊維の奥までニオイが染み付いたのか、翌日になってもジャケット内側にタバコ臭が残っている印象。こうやって蓄積されたニオイがどんどん交じり合い、何ともいえない不快なニオイになっていくのでしょう。付いたニオイは素早く脱臭することが大切ですね。

ここまでの検証を見ると脱臭ハンガーによるケアは時間がかかるように感じますが、今回のような結果になったのは、かなり強烈にニオイを付けたからです。試しに、1日数回喫煙ルームにタバコを吸いに行く人のジャケットを脱臭ハンガーにかけてみたところ、1時間程度でニオイはほぼ消えました。また、ランチに焼き肉に行った人のパーカーに付いた焼肉臭も1時間かからずに消臭。“その日のニオイはその日の内に!”でケアすれば、標準モードでも十分対応できそうです(衣類用カバー着用)。

衣類カバーをかけて脱臭ハンガーで1時間。まったく焼肉臭はしないレベルになりました。会社に脱臭ハンガーが欲しい!

まとめ

衣類を入れておくだけで除菌や除臭できるクローゼット型の「LG Styler」(LGエレクトロニクス・ジャパン)や、「ラクーン」(ハイアールアジア)に心惹かれたこともありましたが、専用機を置けるほどのスペースも財力も筆者にはありません。イオン発生器や、スポット消臭できる空気清浄機、除湿機といった製品で衣類に付着したニオイを消すこともできますが、衣類にイオンが当たる位置まで製品をわざわざ移動させるのはめんどう。ということから、もっとも手軽で確実な脱臭アイテムは消臭スプレーでした。今回の検証でも、脱臭スピードはピカイチ! 消臭スプレーさえあればいいのでは? と思われるかもしれませんが、消臭スプレーも万能ではありません。なかには、消臭スプレーによって繊維が硬くなり風合いが変わることもあるのだそう。

そういった心配もなく、省スペースで利用できるのが、この脱臭ハンガーです。ナノイーXを放出するハンガー型のイオン発生器といった感じで、普通のハンガーとしても機能し、脱臭効果も発揮する“ムダのなさ”がすばらしい! 脱臭スピードは劇的に速いとは言えませんが、ハンガーにかけて衣類をクローゼットに入れておけばケアできるので、手間はありません。消費電力は4.5Wなので、ロングモードを利用したとしても電気代は1回1円以下。毎日使っても、心配なさそうですね。ニオイは自分で気付かないことも多々。まわりの人に「臭い」と思われることがないように、脱臭ハンガーにかけて毎日ニオイ対策したいです!

汗はすごくかくのに、アウトドア用の羽毛のダウンは洗えないし、スノーボードで身につけるプロテクターも頻繁には洗えなくてニオイが気になっていました。脱臭ハンガーがあれば、この悩みともオサラバできちゃう!

ただ、脱臭ハンガーはズボンがかけづらいのが残念。胴回りが落ちないようにかけることができれば、ズボンもケアできそうですが、基本は上着専用です。スーツのパンツやジーンズは頻繁に洗わない人も多いので、ズボンがかけやすい脱臭ハンガーも発売してほしいところ。

がんばればズボンをかけることもできますが、ハンガーに滑り止めがないのでちょっとした衝撃で落ちてしまいそうです

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌の白物家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.9.22 更新
ページトップへ戻る