ポットの事前冷却不要だから、思い立った時にすぐ作れる

超プレミアム級!?「アイスデリ プラス」で作るアイスクリームが驚くほどなめらか

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い季節は特においしく感じるアイスクリーム。お店で買うのもいいけれど、ヘルシーな材料にこだわったり、甘さを調節して手作りするのもいいですよね。今回ご紹介するハイアール「アイスデリ プラス JL-ICM720A」(以下、アイスデリ プラス)は、ポットの事前冷却が不要で、気軽に調理ができるアイスクリームメーカー。また、6段階で仕上がりを調整できるので、アイスクリーム以外にもさまざまな料理に対応します。

ペルチェ方式だから、ポットの冷却不要で思い立った時にすぐ作れる

多くのアイスクリームメーカーは、調理前に専用の容器を冷凍庫で何時間も冷やす事前準備が必要。しかしそれでは手間がかかるだけでなく、容器が冷凍庫のスペースを占領したり、1日に調理できる量が限られてしまうという欠点がありました。「アイスデリ プラス」は、冷却にペルチェ素子を使ったペルチェ方式を採用することでその欠点を解消。運転を開始するとポット部が急速に冷え、ブレードが回転して材料をかくはんしながら冷却するので、40〜120分放っておくだけでおいしいアイスクリームやシャーベットを作ることができます。

本体サイズは185(幅)×238(高さ)×265(奥行)mmで、重量は2.5kg。ペルチェ方式の冷却機構を採用することで、同じく事前冷却が不要なコンプレッサー式のアイスクリームメーカーよりも本体をコンパクトにできたそう。へら、アイスクリームディッシャー、計量カップも同梱されています

「アイスデリ プラス」の運転メニューは、「01 かため(-17℃)」「02 やわらか(-17℃)」「03 シャーベット(-17℃)」「04 フローズン(-17℃)」「05 ジュレ(0℃)」「06 冷スープ(5℃)」の6つ。ちなみに、どのメニューを選んでもブレードの回転数は同じです。
※()内の温度はメニュー運転時のポット内温度。ただし、使用時の室温によって変動するため、目安となります

容量は770ml(アイスクリームの場合は300mlまで)で、ポット部は取り外し不可

容量は770ml(アイスクリームの場合は300mlまで)で、ポット部は取り外し不可

この回転ブレードで、空気を取り込みながら材料を混ぜ合わせていきます。「05 ジュレ」「06 スープ」以外は、温度ではなく回転ブレードの抵抗によって材料の固まり具合を検知し、できあがりを知らせる、もしくは運転を停止する仕組みとなっています

電源はACアダプターで接続します

電源はACアダプターで接続します

仕上がりのなめらかさがプレミアム級! 「01 かため」でこってり濃厚アイス

さっそく調理していきましょう。まずは、市販のプレミアムアイス級の濃厚アイスを作ります。「01 かため」では、脂肪分の多い材料もしっかりした食感にできるそう。

奮発して、市販のプレミアムアイスに使用されている「脱脂濃縮乳」を購入。1L500円程度(送料別)で手に入りました。ほかには、脂肪分の高い生クリーム、卵を用意。バニラの香りは個人的にないほうが好きなので、今回はなしで。こういったちょっとした調整ができるのが手作りのいいところ

アイスクリームのタネは、事前に材料を冷やしておく必要はなし(荒熱は取る)。空気を含みながら冷やしていくため容積が増えるので、MAXの線は越えないように投入します

矢印の部分から回転部へ通電するため、ふたをする時は「↓」と「●」をぴったり合わせます

矢印の部分から回転部へ通電するため、ふたをする時は「↓」と「●」をぴったり合わせます

あとはボタンを押すだけ。矢印を「01 かため」に合わせ、スタート/ストップボタンを押したらあとはおまかせ

あとはボタンを押すだけ。矢印を「01 かため」に合わせ、スタート/ストップボタンを押したらあとはおまかせ

稼動音はそこそこします。排気口から風も出ます。ただ、寝ている間に調理するということはないと思うので(運転時間は長くて2時間ほどのため)、そこまで気にならないかも。

2時間ほどでできあがり。しっかり固まっています。ちなみに、メニュー「01〜04」では冷却が終わった後に保冷運転(最大3時間)に自動で切り替わるので、あわてて中身を冷凍庫に移す必要はありません

ポットが本体と一体のため、調理後もポットの温度が上がりづらく、固まって側面に張り付いてアイスがしばらく取りづらいのがちょっと△

付属のスクープスプーンで3カップ強できました

付属のスクープスプーンで3カップ強できました

できあがったアイスクリームの味はかなり濃厚ですが、あの材料を使えば当然といえば当然。ただ、驚くべきはその舌触り。超なめらかです。編集部のメンバーに「冷凍庫で30分おきにかき混ぜながら凍らせたアイスクリーム」と食べ比べてもらったところ、「アイスデリ プラスで作ったアイスはノイズのない舌触り」「ふつうのプリンとなめらかプリンくらい違う」「綿とシルクくらい違う」「冷凍庫で凍らせたものは溶けているところと凍っているところの差が激しく、角のある冷たさに感じる。アイスデリ プラスで作ったほうはつるっとした冷たさ」など、さまざまな感想が飛び出しました。

なめらか〜。「かため」といってもカチカチの仕上がりではないです。ちょっと溶けやすい感は否めないですがちょうど食べごろなのでOK。味ももちろんおいしいのですが、それ以上に舌触りが心地よいので、その舌触りを味わいたくて「もうひとくち……もうひとくち……」とスプーンが止まりません

冷凍庫で凍らせたアイス。見た目はそんなに変わらないのですが、舌触りや味わいを比べると歴然と差があります

なめらかな口当たりで満足感アップ!「02 やわらか」でヘルシーなフローズンヨーグルト

お次は嗜好を変えて、「02 やわらか」で卵や乳製品を使用しないフローズンヨーグルトを作ってみたいと思います。「02 やわらか」は水分の多い材料に適しているということなので、フルーツも入れてみましょう。

材料は、豆乳のヨーグルト、豆乳ホイップ、ハチミツ、キウイ

材料は、豆乳のヨーグルト、豆乳ホイップ、ハチミツ、キウイ

混ぜた材料にキウイを入れて調理スタート。2時間ほどで完成です。キウイは完全に凍ったので、やわらかめで食べたい場合は途中で加えるといいと思います

ヘルシーな材料で作ったと思えないくらいまろやかで濃厚。脂肪分をカットするなどしたアイスクリームは不自然に甘かったり、こってり感が感じられないので物足りないことがありますが、これはなめらかな口当たりによって味が濃く感じられ、満足度が大幅にアップしている気がしました

これは「アイスクリームメーカー」ではなく「フリージングクッカー」だ

「アイスデリ プラス」は、アイスクリーム以外の調理メニューも充実しているので、ひととおり試してみたいと思います。

「03 シャーベット」で作った日本酒シャーベットはアブナイおいしさ

まずは「03 シャーベット」でスパークリング日本酒をシャーベットにしてみましょう。

スパークリングの日本酒。炭酸のサワッとした飲み口も踏襲されるのでしょうか

スパークリングの日本酒。炭酸のサワッとした飲み口も踏襲されるのでしょうか

ドボドボとポットに注いで、「03 シャーベット」にセットするだけ。1時間強でシャーベットになります

ドボドボとポットに注いで、「03 シャーベット」にセットするだけ。1時間強でシャーベットになります

のど越しがよく、日本酒の甘い香りがふわっと鼻を抜ける、おいしい大人のシャーベットに。どんどんいけちゃうので、お酒が強くない人には危険なおいしさです。部分的に硬くなっているということはまったくなく、均等にふんわりとしたシャーベットになっているので、口当たりも最高。かくはんしながら凍らせるためか、さすがにサワッしたのど越しは感じられませんでした

ちなみに、自家製の梅酒で試してみたところ、2時間ではまったく固まりませんでした。ものによっては凍らせられないものもあるようです。

梅酒が固まらない……。市販の梅酒で再チャレンジするも固まらなかったので、アルコール度数などが問題なのかもしれません

「04 フローズン」で飲み物を薄めずにフローズンドリンクに

続いて、甘酒をフローズンドリンクにしてみることに。氷と一緒にかくはんして作るフローズンドリンクと違い、味が薄くなることがありません。

こちらも材料は甘酒のみ。ヨーグルトメーカーで作ったものをブレンダーでかくはんしてなめらかな状態にしています

本体に投入して「04 フローズン」でスタート。1時間ほどでできあがりました

本体に投入して「04 フローズン」でスタート。1時間ほどでできあがりました

どちらかというと単調な甘さの甘酒ですが、フローズンにすることでほどよくさっぱり飲めます。健康のために毎日飲んでいるという方も、暑い季節はこんな飲み方をしてもいいですね

「05 ジュレ」でひんやりそうめん

冷たいスイーツがおいしい季節は、食事も冷たいものに惹かれますね。めんつゆをジュレ仕立てにして、ひと味違うそうめんを食べたいと思います。

材料はそうめんつゆとゼラチン

材料はそうめんつゆとゼラチン

お湯で溶いたゼラチンを加えためんつゆを「05 ジュレ」で冷却。約30分できらきらのジュレができあがり。ちなみに、めんつゆなど香りの強いものを調理しても、ポットににおいが残ることはありませんでした

そうめんの上に、野菜や薬味と一緒に盛り合わせて完成。水っぽくならず、麺への絡みがいい!

そうめんの上に、野菜や薬味と一緒に盛り合わせて完成。水っぽくならず、麺への絡みがいい!

ゆで卵にのせると、煮卵みたいになっておいしい。冷奴や焼いた野菜にも合うので、多めに作っておくと便利です

「06 スープ」ならひんやりポタージュも短時間で完成

最後に、冷製スープを作ります。冷製スープは冷やすのに数時間かかるのですが、「アイスデリ プラス」を使用すれば40分程度で5℃まで冷やすことができます。

材料は枝豆(薄皮を取ったもの)、たまねぎ、牛乳、生クリーム、コンソメなど

材料は枝豆(薄皮を取ったもの)、たまねぎ、牛乳、生クリーム、コンソメなど

やわらかく煮た材料をブレンダーでポタージュにし、荒熱を取って「アイスデリ」に入れます。アイスクリームと違って空気を取り込んで容積が増えることがないので、MAX線を越えて500mlほど入れました

「06 冷スープ」で冷却スタートし、40分ほどで完了。ポットは幅8cmのおたまがすっぽり入り、スープなどがすくいにくいということはありませんでした

しっかり冷えていて、それでいて枝豆の風味をちゃんと感じられる程度に冷えすぎてなくておいしい!

しっかり冷えていて、それでいて枝豆の風味をちゃんと感じられる程度に冷えすぎてなくておいしい!

市販のプリンやヨーグルトをそのまま入れるだけでもおいしい

もっと気軽にひんやりスイーツが楽しめたらなと思い、市販のカップデザートを凍らせてみました。

ヨーグルト

りんごの果肉が入ったヨーグルト

りんごの果肉が入ったヨーグルト

「やわらかめ」で約2時間冷却。ヘルシーなフローズンヨーグルトができました。これはおいしい! 

「やわらかめ」で約2時間冷却。ヘルシーなフローズンヨーグルトができました。これはおいしい! 

プリン

スタンダードなカスタードプリン

スタンダードなカスタードプリン

カラメルごと「01 かため」で2時間。アイスとシャーベットの中間のような食感に仕上がりました。普通に食べるよりあっさりした味わいになりますが、ちょっと溶けかけたところがクリーミーでおいしい!

ヨーグルトやプリンを凍らせると食べるのに時間がかかるし、満足感がアップするようです。甘いものを少し控えなきゃという状況でも、時間をかけて食べることで量が減らせるかもしれませんね。ダイエットになる……というほどではありませんが、食べすぎ防止には有効だと思います!

分解して洗えるので清潔に保てる

「アイスデリ プラス」はお手入れもそんなに大変ではありません。本体以外のパーツは分解できるので、洗いやすく清潔に使用できます。

本体以外のパーツは分解でき、モーター部以外は水洗い可能

本体以外のパーツは分解でき、モーター部以外は水洗い可能

ポット部は取り外せないので、本体ごとシンクに持って行って洗います。ポット内部に凹凸はないので洗いづらいということはないのですが、強いて言えば、ポット部は外れてくれるとうれしい

まとめ

驚いたのは、「アイスデリ プラス」で作ったアイスクリームのなめらかさ。筆者は「家庭で手作りしたアイスクリームの不自然に空気が入ったような口どけの悪さ」(筆者の腕が悪いだけという可能性もありますが)があまり好きではないのですが、「アイスデリ プラス」で作ったアイスクリームは、同じように空気が入っていても仕上がりは別モノ。繰り返しになりますが、味よりもむしろ舌触りを楽しんでいたので、価格、カロリーともに高い材料をそろえなくても満足度の高い仕上がりになるのではないでしょうか。凍らせたらおいしそうなものを投入してスイッチを入れるだけでも調理できるので、毎回必ずしも「さあ、アイス作るぞー!」と張り切る必要もありません。仕上がりを6段階で選べて食事メニューの調理もできるので、なにかと活用できそうなのも◎です。

なお、「アイスデリ」シリーズには、「かため」「やわらか」モードのみのエントリーモデル「アイスデリ JL-ICM710A」と、モードは「アイスデリ JL-ICM710A」と同様で、容量がたっぷりで「アイスケーキ」も作れる「アイスデリ グランデ」も用意されており、用途や家族の人数に合わせて選ぶことができます。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.9.22 更新
ページトップへ戻る