最新電気調理鍋は“ただ煮込む”だけじゃないからスゴい!

美味しく時短! 人気のワザあり「電気調理鍋」6選

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒くなってくると、コトコト煮込んだお料理が恋しくなりますよね。とはいえ、仕事で帰りが遅かったり小さな子どもがいたりすると、火の番をしながらじっくり煮込む時間ってなかなか作れないもの。そんな忙しい私たちの救世主となってくれる「電気調理鍋」が今、人気です。

電気調理鍋を「火を使わないから、手間いらずで安全」とだけ思っていたら、大間違い。最近の電気調理鍋はとにかくスゴい。タイマー調理や無水調理、可変圧力や炒める・煮る・蒸す調理が自動でできるものまで! そこで今回は、各メーカーの技術と経験、ノウハウがふんだんに詰め込まれたそんなワザあり電気調理鍋を紹介します。

あの鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」が家電になった!
愛知ドビー「VERMICULAR RICE POT(バーミキュラライスポット)RP23A」

栄養価も高く旨みたっぷりの“無水調理”ができることなどから、お料理好きの方やヘルシー志向の方に大人気の鋳物ホーロー鍋。なかでも熟練した職人が1つずつ作り出すメイドインジャパンの「バーミキュラ」(愛知ドビー)は、その質の高さから現在も入荷まで数ヶ月待ちの人気商品となっています。そのバーミキュラが家電製品「「VERMICULAR RICE POT(バーミキュラライスポット)RP23A」(以下、バーミキュラライスポット)」になって登場。バーミキュラの鋳物ホーロー鍋と、それを最大限に生かせる専用鍋(IHヒーター)がセットになっています。高い機密性や熱伝導性、蓄熱性を併せ持つ鋳物ホーロー鍋で調理した料理は旨みたっぷりで本当に美味しい。そのうえ栄養も損ないにくいといいことだらけなのですが、火の番や火加減など、慣れていないとちょっと面倒ですよね。バーミキュラライスポットはその“火の番”や“火加減”といった問題を解決してくれる調理家電なのです。なお、バーミキュラライスポットの発売は12月1日、価格は79,800円(税別)となっています。

本体サイズは、鍋をセットした状態で約310(幅)×310(奥行き)×200(高さ)mm。重量は約6.6kg。重厚感たっぷりの「バーミキュラ鍋」の重量は、約4.3kg。鍋は通常のバーミキュラ鍋と同様の使い方が可能(コンロにかけても大丈夫)。容量は3.7L

「世界一おいしいご飯が炊ける」をうたう本製品。本当に旨みたっぷりで美味しい! ちなみに保温機能はないですが、保温用内ブタがないほうがご飯は美味しく炊けるそう。IHヒーターで鍋底を均一に加熱できるから、ローストビーフもムラのない均一な焼きあがり。内側は理想的ピンク色。火加減の妙がなせるワザですね

関連記事
鋳物ホーローの美味しさを手軽に! 入荷待ち「バーミキュラ」鍋がついに家電になった

予約調理も! 無水調理がほったらかし!
シャープ「ヘルシオ ホットクック KN-HT99A」

こちらも、無水調理の高い敷居を取っ払ってくれると人気の調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT99A」(以下、ホットクック)」。なんとこのホットクックは、面倒な火加減や時間調整だけでなく、材料の“まぜ”まで自動でやってくれるのがスゴい! さらに驚きなのが、「食べごろ予約調理」というタイマー機能。実はこれ、単なるタイマーではなく食べたい時間に合わせて、美味しく、そして衛生面を考慮して調理してくれるスグれモノ。時刻をセットして調理スタートボタンを押すと、まず高温で加熱し食材に火をとおし、その後、温度を下げて味をしみ込ませて煮込んでいく。あとは、設定された仕上がり時間まで食品が腐りにくい温度(70℃前後)をキープして保温するという具合。食べごろ予約は“出来上がりの時間”でセットし12時間後まで対応するので、忙しい人には本当に助かります!

ちょっと多きめの圧力IH炊飯器のようなサイズ感。サイズは、364(幅)×224(高さ)×280(奥行)mm。重量は約5.2kg。容量は1.6L。消費電力は600W

フタ部分に装着されている「まぜ技ユニット」。ユニット内の負荷センサーと鍋本体に搭載された各種センサーの情報により自動調整され、最適なタイミングと回転速度で鍋内の具材を攪拌

煮崩れせず、でも、味はしっかり染み込んだラタトイュ。普通の鍋で作るにはまぜたり火の調整も必要ですが、ホットクックなら全自動! 無水調理だから濃厚なスープがたっぷり!

関連記事
この鍋スゴい! “無水調理なのにほったらかし”のシャープ「ホットクック」が便利すぎる

圧力IHの老舗だからこそ! “加圧←→減圧”調理を自動で行う電気圧力鍋
象印「圧力IHなべ EL-MA30」

無水調理鍋とともに、お料理好きに人気の調理器具といえば「圧力鍋」。そんな圧力鍋も、“圧力”に対する不安などから購入に二の足を踏んでしまう人が多いよう。確かに、圧力の調整や時間管理などには慣れが必要かもしれません。そこで便利なのが“加圧←→減圧”までも自動で調整できる電気圧力鍋「圧力IHなべ EL-MA30」です。1.2気圧(加圧)と1.0気圧(減圧)を切り替える「可変圧力」調理によって、煮崩れせず少ない出汁でもしっかりと味が染み込ませることができるようになっています。もちろん、一定の圧力で調理したり、また細かく温度設定(100〜40℃)をした煮込みや蒸し料理もできるので、初めての圧力鍋としてだけでなく、時短でも美味しい料理をちゃんと作りたいという人にぴったり。圧力IH鍋なので、白米や玄米を美味しく炊くこともできますよ!

サイズは、29(幅)×25(高さ)×37.5(奥行)mm。重量は約6.5kg。電源コードは1.9m。調理容量は1.5L、炊飯容量は0.09〜0.54L(0.5〜3合)、設定温度範囲は40〜100℃(10℃刻み)。消費電力は1,200W。保温機能はなし

圧力鍋ながら調理中に減圧・加圧を気にすることもないし、調理後の減圧作業も不要(慣れないうちは、調理後に“減圧されたことを確認してからフタをあける”という確認行為が恐怖……)

豚の角煮。何の手間もかけてないのにとろけるような仕上がりに。調理中はサラダを作ったり、時間を有効に使うことができるからいいですね。ちなみに、豚の角煮の調理時間は1時間10分

左は、「温度」+「一定圧力」+「温度」調理で作った「黒豆煮」(調理時間:5時間半)。シワもよらずふっくら! 右は「一定圧力」調理で作った「たらの洋風重ね蒸し」(調理時間:25分)。崩れやすい白身魚がそのままの形で美しく仕上がっています

“指示どおり”で準備から完成まで! メニュー内蔵の“未来型クッキングサポーター”
ティファール「マルチクッカー Cook4me CY7011JP」

“やっと”全国発売となった1台4役の調理鍋「Cook4me(クックフォーミー) CY7011JP」。2015年6月に登場し、テレビ通販など販路を限定したところ人気商品に。それを受け今回全国販売となったそう。「圧力調理、蒸す、炒める、煮込む」の4つの調理が行え、しかも、液晶画面に表示されるナビゲーションに従うだけで料理が完成するという今までにない自動調理家電として、注目を集めています。メニューは60種類内蔵されおり、時短家電としてだけでなく、料理が苦手な方にも重宝しそう。操作ボタンが2つしかないシンプルさも魅力ですね。ちなみに、調理にかかる時間は、ビーフカレーで26分、豚の角煮が38分、黒豆が30分となっています(いずれも4人分の場合/2〜6人分の自動調理に対応/予熱時間含まず)。

サイズは、380(幅)×350(奥行き)×325(高さ)mmとちょっと大きめ。重量は6.5kg。内鍋は、最大6人前を一気に調理することができる大容量の6L。消費電力は1,200W

材料の分量から下ごしらえ、調理まで、画面お指示に従って進めていけばOK

材料の分量から下ごしらえ、調理まで、画面お指示に従って進めていけばOK

内蔵メニューで作った「ビーフシチュー」。調理時間:23分

内蔵メニューで作った「ビーフシチュー」。調理時間:23分

自動メニューが不要なら! 2種類の圧力が選べる電気圧力鍋のロングセラー
パナソニック「SR-P37」

実は2009年から発売されているパナソニックの電気圧力鍋は、隠れたロングセラーの人気商品。象印の「圧力IHなべ EL-MA30」とは違いマイコン制御となりますが、基本的な調理時間や火加減は自動でやってくれるし、圧力も高圧(2気圧)/低圧(1.6気圧)の2種類から選べたりと、高いレベルでスタンダード。メニューも内蔵されていませんが、むしろ圧力調理に慣れてしまえば自分流にアレンジしやすいかも。高圧調理の仕上がりの早さも魅力。たとえば、肉じゃがは3分、ぶり大根なら10分でふっくら炊き上がります。

サイズは、31.5(幅)×27.0(奥行き)×29.6(高さ)cm。重量は約4.1kg。内鍋の容量は3.7Lと、3〜4人家族でも大丈夫! 消費電力は800W

煮るだけじゃない! ミキサー機能も備えた万能調理鍋
山本電気「Shunsai〜旬彩〜 YE-CM61W」

切った食材と水分を容器の中に入れ本体にセットするだけで、スープやジャムなどが作れる万能調理器具「「Shunsai〜旬彩〜 YE-CM61W」」(以下、Shunsai YE-CM61W)。本体には、「煮物・おかゆ」「ポタージュ」「ソース・ジャム」「豆乳」4つの調理メニューボタンが用意されています。スゴイのは、ざっくり切った食材を容器内に装着するカッターで細かくカットできること。選んだ調理メニューボタンによってそれぞれ刃の回転速度や温度調整/時間が設定されており、スタートしたらあとは自動でポタージュやトムヤンクンといったスープメニューから肉じゃがやカレーといった煮込み料理、またジャムやソースまで調理してくれます。実は同社はモーターの老舗。ペースト状のものから固形物の調理までも1台で可能にしているのは、同社独自開発のモーターと優れた制御技術によるものなのです。

サイズは、252(幅)×300(高さ)×214(奥行き)mm。重量は3.5kg。消費電力は800W。調理容器の容量は800ml。4つのボタンで調理ができるシンプルさも魅力。機械が苦手なユーザーからシニアまで迷わず使えそうです

高橋美幸(編集部)

高橋美幸(編集部)

家電製品アドバイザー。家電製品を中心にレポート・レビュー記事を担当。趣味は、バイクとカメラと作業中の家電の働き具合を監視すること。特に洗濯機。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.8.16 更新
ページトップへ戻る