イベントレポート
Xperiaやハイレゾウォークマン新モデル、同社初のスマートスピーカーまで

今年も新製品盛りだくさん! ソニーのIFA 2017プレスカンファレンス現地レポート

ウォークマンは高音質モデルの「ZX」シリーズと、ハイレゾエントリーモデル「A」シリーズの新モデルが登場

IFA2017では、ウォークマンの新モデルについても発表された。高音質モデル「ZX」シリーズには「NW-ZX300」、そしてハイレゾ対応のエントリーシリーズ「A」シリーズには「NW-A47」をトップとしたモデルが発売される。

ZXシリーズの新モデルNW-ZX300

ZXシリーズの新モデルNW-ZX300

ハイレゾウォークマンのエントリーモデルAシリーズもリニューアル

ハイレゾウォークマンのエントリーモデルAシリーズもリニューアル

NW-ZX300は、昨年のIFAで発表されたフラッグシップモデル「NW-WM1」シリーズのノウハウを取り込んだ、コンパクト高音質モデルという位置付け。アルミシャーシの高音質パーツ設計のままコンパクト化しつつも、「新S-Master HX」を搭載し、高音質はんだも採用。アンプ部分の電源系統も強化が図られた。また、4.4φのバランス出力や、小型低位相ノイズ水晶発振器といった高音質仕様も継承している。

新機能としては、PCと接続した際にDACとして動作する「DACモード」機能を搭載。また、Bluetootのコーデックに「Apt-X HD」を追加、また「MQA」フォーマットの音源再生にも対応するという。

画面サイズは3.1型。本体サイズは約57.3(幅)×119.5(高さ)×14.8(厚さ)mm、重さは約157gと、NW-WM1シリーズに比べるとかなりコンパクト。これだけのコンパクトな筺体にNW-WM1シリーズのエッセンスを盛り込み、NW-WM1シリーズに迫るサウンドを実現しているのだというのだから驚きだ。欧州での販売価格は700ユーロで、10月以降に発売を予定しているという。

NW-ZX300のヘッドホン出力。3.5φアンバランス出力と4.4φのバランス出力の両方を搭載する

NW-ZX300のヘッドホン出力。3.5φアンバランス出力と4.4φのバランス出力の両方を搭載する

ハイレゾウォークマンエントリーモデルのAシリーズにも新モデルが登場した。見た目は昨年発売された「A30」シリーズとほぼ同じだが、基盤レイアウトを見直して高音質化を図っているという。また、同梱イヤホンによるノイズキャンセル機能に「外音取り込み」機能を新たに搭載したほか、NW-ZX300同様、「DACモード」「Apt-X HD」「MQA」にも対応するなど、機能面でも強化が図られている。高音質ハンダの採用もNW-ZX300と同等だ。ウォークマンAシリーズは販売価格、発売時期とも検討中とのこと。

ウォークマンAシリーズはh.earと合わせたカラーバリエーション展開だ

ウォークマンAシリーズはh.earと合わせたカラーバリエーション展開だ

話題のスマートスピーカーがソニーからもついに登場!

プレスカンファレンスでは、ソニー初となるGoogleアシスタント機能を搭載したワイヤレススピーカー「LF-S50G」も発表された。11月に英国、ドイツ、フランスで約230ユーロ/200ユーロで発売する予定だ。

本体は360度サウンドのスピーカーとして設計されており、ボーカルや高音をハッキリと再現するフルレンジユニット、低域用のウーファ、バスレフダクト、音を広げる全方向2段ディフューザーなどを搭載。音声コントロールのほかに、手を近くでかざして操作できる「ジェスチャーコントロール」や、IPX3の防滴性能にも対応するという。

ソニー初のスマートスピーカーLF-S50G

ソニー初のスマートスピーカーLF-S50G

3色のカラーバリエーションを展開

3色のカラーバリエーションを展開

また、LF-S50Gの発表に合わせて、同社薄型テレビ「BRAVIA」シリーズの一部にGoogleアシスタントを搭載することも発表された。こちらも、LF-S50G同様、音声によるコントロールが可能になるという。

会場内では、音声コントロールで照明を点灯させたり、BRAVIAとの再生連携させるデモンストレーションが披露された。

音楽操作や照明操作をデモ

音楽操作や照明操作をデモ

イメージングにも新提案! 超小型RXシリーズ「RX0」が登場

もうひとつのユニークな出展が、デジタルカメラ「RX」シリーズの最小モデルとして発売される「RX0」だ。一見するとアクションカムのような外見をしたボディだが、有効約1530万画素の1.0型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」を搭載しており、超高画質な静止画や動画を撮影できるのが、これまでのアクションカムとは異なる点だ。

また、本体に24mmF4の広角レンズを搭載し、水深10mの防水性能と2mまでの落下耐性、200kgまでの耐荷重性能を備えているのもポイントで、堅牢ボディのRXシリーズと呼ぶべき製品となっている。価格は849ユーロで、欧州では10月発売予定とのこと。

超コンパクトなタフネスボディに1型センサーを搭載したRX0

超コンパクトなタフネスボディに1型センサーを搭載したRX0

さまざまなアクセサリーも提供予定

さまざまなアクセサリーも提供予定

IFA2017会場内には防水ハウジングを始めとしたアクセサリー類も展示されていた。これまでにない新感覚のカメラとして注目を集めそうだ。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る