AK240と同じデュアルDACやSP1000のアンプ回路設計を盛り込んだ欲張りな1台

iriverの考えた最強のエントリーDAP「Astell&Kern AK70 MKII」が解禁!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アユートは2017年9月20日、iriverのHi-Fiオーディオブランド「Astell&Kern(アステルアンドケルン)」の新製品を発表した。今回発表されたのは、ハイレゾプレーヤーの最新モデル「AK70 MKII」、JH AudioとAstell&Kernのコラボイヤホン最新モデル「Michelle(ミシェル) Limited」、Astell&Kernプレーヤー専用CDリッピングドライブ最新モデル「AK CD-RIPPER MKII」の計3製品。AK70 MKIIは10月14日より、Michelle LimitedとAK CD-RIPPER MKIIは今秋発売となる。さっそく、新モデルの特徴をチェックしていこう。

IRIVER「AK70 MKII」のレビュー記事はコチラ

「AK70 MKII」は新旧フラッグシップモデルのDNAを受け継いだプレミアムエントリーDAP

まずはハイレゾプレーヤーの最新モデルであるAK70 MKIIから見ていこう。こちらは製品名からもわかる通り、同社がハイレゾプレーヤーのエントリーモデルとして昨年7月に発売した「AK70」の後継モデルだ。パッと見た感じでは、AK70とデザイン面での差異はほとんどないが、内部設計で大幅な進化を遂げている。

AK70 MKII

AK70 MKII

なかでもこだわったというのが、アンプ回路設計だ。Astell&Kernシリーズのフラッグシップモデルとして7月に発売された「A&ultima SP1000」も、新設計のアンプ回路搭載によるバランス出力時の高出力・低歪・低ノイズ化をウリのひとつとしていたが、AK70 MKIIはこのSP1000シリーズに搭載されたアンプ回路の思想を取り入れることで、出力レベル、S/N比、THD+NをAK70から大幅に改善。コンパクトな筐体ながら、SP1000に匹敵する性能を実現しているのだ。

SP1000のアンプ回路の思想を取り入れ、バランス出力の高出力化と低歪・低ノイズ化を両立

SP1000のアンプ回路の思想を取り入れ、バランス出力の高出力化と低歪・低ノイズ化を両立

AK70 MKIIとSP1000、AK70の出力レベル、S/N比、THD+Nの仕様

AK70 MKIIとSP1000、AK70の出力レベル、S/N比、THD+Nの仕様

また、AK70 MKIIはAstell&Kernのエントリーモデルとして初めてデュアルDAC構成となった点も見逃せない。DACチップには、第2世代AKシリーズで採用実績のあるシーラス・ロジック(Cirrus Logic)製の「CS4398」が使われている。

このスペックを聞いてピンときた人もいるかもしれないが、この構成は第2世代AKシリーズのフラッグシップモデル「AK240」と同じものだ。再生スペック的にはAK70と同じで、PCMが最大192kHz/24bitまで(PCM変換では384kHz/32bitまで)、DSDはPCM変換で最大DSD128(5.6MHz/1bit)までとなっており、AK240でサポートされたDSD128(5.6MHz/1bit)のネイティブ再生は残念ながら非対応となっている。このあたりは筐体サイズや処理スペックとの兼ね合いで致し方ないところだろう。とはいえ、エントリークラスのプレーヤーまでデュアルDAC構成となった点は大いに評価できる部分ではある。

AK240と同じシーラス・ロジック製「CS4398」によるデュアルDAC構成を採用

AK240と同じシーラス・ロジック製「CS4398」によるデュアルDAC構成を採用

本体デザインは基本的にAK70を踏襲しているが、デュアルDAC化にともなうバッテリー容量アップの影響で、本体サイズはAK70に比べると横幅と厚みが若干増え、重さも18gほど重くなっている。カラーバリエーションは、Noir Blackと呼ばれる黒系統のカラーリング1種類のみの展開で、背面はうっすら青みがかったデザインに仕上がっている。

AK70 MKII(写真左)とAK70(写真右)。基本的な本体デザインは同じだ

AK70 MKII(写真左)とAK70(写真右)。基本的な本体デザインは同じだ

AK70 MKII(写真上)とAK70(写真下)を重ねてみたところ。AK70 MKIIのほうが厚みと横幅が若干あるのがわかる

AK70 MKII(写真左)とAK70(写真右)の背面。AK70 MKIIはうっすら青みがかったデザインだ

AK70 MKII(写真左)とAK70(写真右)の背面。AK70 MKIIはうっすら青みがかったデザインだ

ユーザーインターフェイスについては、AK70や第3世代AKシリーズと同じものを引き続き採用。機能面も、DLNAコントロールアプリ「AK Connect」への対応や、USBデジタルオーディオ出力のサポート、aptX HDに対応したBluetoothなど、AK70や第3世代AKシリーズから変更点はない。内蔵メモリーの容量は、AK70と同じ64GBだ。

AK70 MKIIとAK70の主な仕様

AK70 MKIIとAK70の主な仕様

人気モデルのAK70の後継モデルとして、“MKII”の名を冠して市場投入されるAK70 MKIIは、新旧フラッグシップのDNAを受け継いだ、まさに“iriverの考えた最強のエントリーDAP”といった感じの製品に仕上がっている。直販価格は79,980円(税込)と、AK70から多少値上がってしまい、エントリーDAPとしてみるとやや高価だが、アンプ部の強化やデュアルDAC化などの進化点を考えると決して高くない価格といえる。7〜8万円前後という価格帯には、すでにソニーが「NW-ZX300」の投入を発表しており、発表直後から話題となっているが、今回のAK70 MKIIの発売決定で、この価格帯のハイレゾプレーヤー市場はますます面白くなりそうだ。

モールド生産に移行してコスパを高めたMichelle Limited。AK CD-RIPPER MKIIは制振性が向上

ここからは、AK70 MKII以外の2つの製品について紹介していこう。

Michelle Limitedは、昨年12月に発売された「Michelle」のシェルをリシェイプした数量限定のリミテッドモデルだ。リシェイプによってシェルサイズが変更になったほか、フェイスプレート部分も、「Roxanne」「Layla」「Angie」「Rosie」といった歴代のTHE SIRENシリーズのユニバーサルIEMに近いデザインとなっている。

Michelle Limited

Michelle Limited

Michelle(写真上)とMichelle Limited(写真下)。フェイスプレート部分のデザインが大きく変わった

Michelle(写真上)とMichelle Limited(写真下)。フェイスプレート部分のデザインが大きく変わった

Michelle Limited(写真左)とMichelle(写真右)。ノズル部分はMichelleのほうが若干細い

Michelle Limited(写真左)とMichelle(写真右)。ノズル部分はMichelleのほうが若干細い

ちなみに、今回のMichelle Limitedでは、シェルの製造方法がMichelle で用いられていた3Dプリンターからモールド(金型)へと変更された。量産化によるコスト低減により、直販価格も49,980円(税込)と、Michelleの65,980円(税込)から大幅に引き下げられており、コストパフォーマンスがかなり向上しているのもポイントだ。

また、ドライバー構成に高域、中域、低域のBAドライバー3基による3ウェイを採用し、時間軸と位相を正確に制御する独自技術「freqphaseテクノロジー」を搭載するなど、シェルのリシェイプ以外はオリジナルのMichelleとまったく同じ仕様となっているが、シェルのリシェイプによってサウンドチューニングが若干変わっているということだ。なお、3.5mm/3極プラグケーブルと、2.5mm/4極バランスプラグケーブル、専用キャリングケースといった付属品は、Michelleとまったく同じものとなっている。

専用キャリングケースや2.5mm/4極バランスプラグケーブルといった付属品は、Michelleとまったく同じ

専用キャリングケースや2.5mm/4極バランスプラグケーブルといった付属品は、Michelleとまったく同じ

AK CD-RIPPER MKIIは、Astell&Kernプレーヤー専用CDリッピングドライブ「AK CD-RIPPER」の後継モデル。外装素材こそ従来モデルと同じアルミニウムを使用しているが、デザインがキューブ型へと刷新され、カラーリングも落ち着いた雰囲気のGun Metalへと変更されている。

デザインががらりと変わったAK CD-RIPPER MKII

デザインががらりと変わったAK CD-RIPPER MKII

また、本体重量がAK CD-RIPPERの約790gから1260gへと大幅に増加し、制振性も向上。内蔵CDドライブもよりハイグレードなものに切り替わっており、より安定したリッピングが可能となっている。このほか、付属のOTGケーブルがアップデートされており、SP1000などのUSB TypeC採用モデルと、AK70MKIIといったUSB microB採用モデルの両方に接続可能となっている。直販価格は54,980円(税込)だ。

USB TypeC形状のOTGケーブルを付属。USB TypeCを採用するSP1000とも接続可能となった

USB TypeC形状のOTGケーブルを付属。USB TypeCを採用するSP1000とも接続可能となった

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.11 更新
ページトップへ戻る