ニュース
WMポートを廃止してUSB Type-C端子を新たに採用

【IFA2019】ウォークマンAとZXがAndroid回帰。40周年記念の限定デザインモデルにも注目!

高音質のウォークマンZXシリーズもAndroid化

最後に、Aシリーズと同時に発表されたウォークマンZXシリーズ「NW-ZX507」の詳細をチェックしていこう。

高音質シリーズにあたるZXシリーズの差別化のポイントは、フルデジタルアンプ「S-Master HX」の再生音源がDSDネイティブ再生(11.2MHz)や384kHz/32bitのPCM音源とグレードアップしたこと。「DSEE HX」やLDACによるハイレゾ再生も共通だ。欧州モデルである「NW-ZX507」の内蔵メモリーは16GBで、microSDメモリーカードスロットも搭載。連続再生時間は20時間だ。ソフトウェアはAndroid 9.0でGoogle Play搭載、3.6インチの1280x720ドット。外部接続端子もUSB Type-C端子を搭載と基本性能はAシリーズと共通だ。

ハイエンドのウォークマンのZXシリーズ「NW-ZX507」もAndroid化

ハイエンドのウォークマンのZXシリーズ「NW-ZX507」もAndroid化

ZXシリーズにしかない機能は、ポータブルファンの間で高音質として定着を始めた4.4mmのバランス出力端子の搭載。これにより、左右分離伝送と高い接続安定性を確保したという。筐体はアルミ切削シャーシに高音質はんだ版「S-Master HX IC」の搭載、そのほかにも2016年に発売された「NW-WM1」で採用された高音質パーツを投入。小型低位相ノイズ水晶発振器も引き続き搭載している。

おなじみの4.4mmバランス端子を搭載

おなじみの4.4mmバランス端子を搭載

microSDメモリーカードスロットは1TBまで動作確認済み

microSDメモリーカードスロットは1TBまで動作確認済み

新たな高音質化の取り組みとしては、筐体のなかに銅切削ブロックを配置してデジタルGNDを強化。ほかにも、アナログ電源系統には高分子コンデンサー(FT CAP2)を4基搭載、アンバランス端子出力のPOS-CAPの容量を2倍以上にアップ、高音質はんだも金を加えたNew高音質糸はんだを採用するなど、かなりのこだわりようだ。

ウォークマンZXシリーズとAシリーズの比較

ウォークマンZXシリーズとAシリーズの比較

再度Androidベースに移行した新ZXシリーズ「NW-ZX507」だが、高音質化の手法も含めて、すべて過去の高音質ウォークマンを継承した内容。欧州での発売は11月で、価格は830ユーロを予定している。ハイレゾの音源のみならず、音楽ストリーミングサービスやYouTube、映像配信、ゲームアプリでも通用する超高音質プレーヤーという新しい立ち位置は、携帯音楽プレイヤーとして面白い存在となりそうだ。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

関連記事
ページトップへ戻る