レビュー
テレビのネット機能・音質のアップグレードにぴったり

サウンドバー+Android TVの1台2役! JBL「LINK BAR」がなかなか便利でハイコスパ

Android TV+Googleアシスタントが基本の操作系

薄型テレビと「LINK BAR」の接続が終わったら、電源を入れてセットアップを進めていこう。セットアップといっても「LINK BAR」にはサウンドバーとして必要なものはまったくなく、Android TVとして使うために、Googleアカウントを登録し、Googleアシスタントを追加していくだけだ。ちなみに、セットアップが終わった段階のAndroid TVのUIはというと、初期導入アプリ等がまったく入っていない素のAndroid TVそのものだった。余計なものが入っていないため、かえって好都合という人も多そうだ。

セットアップはGoogleアカウントの登録からスタート

セットアップはGoogleアカウントの登録からスタート

Googleアシスタント利用開始も設定する

Googleアシスタント利用開始も設定する

セットアップの過程でAbemaTV、huluなどメジャーなアプリ導入もサジェストされる

セットアップの過程でAbemaTV、huluなどメジャーなアプリ導入もサジェストされる

「LINK BAR」のセットアップが完了するとAndroidTVのホーム画面が現れる。現在のAndroidTVの画面構成ではNetflix、YouTube、AbemaTV、Spotify、AWA等の配信内容がチャンネルとしてダイレクトに表示される。高速で上下左右に動かすリモコン操作もスムーズで、まったくストレスのない水準だ。Android TVを使ったことがない人でも、十字ボタン操作とホーム画面、Netflixダイレクトボタンと使いこなせるだろう。

Android TVはデフォルトのままの画面構成

Android TVはデフォルトのままの画面構成

映像信号としては3840×2160の4K出力に対応

映像信号としては3840×2160の4K出力に対応

アプリについてはGoogle Playも利用できるので、DAZN、TVer、AbemaTV、U-Nextなどテレビ用アプリさえ存在すれば対応可能と考えると汎用性も文句ナシだ。なお、メジャーどころではAmazonプライム・ビデオが抜け落ちているが、後述するChromeCastによる連携で実質対応可能だ。

専用リモコン上部には、Netflix専用ボタンも用意されている

専用リモコン上部には、Netflix専用ボタンも用意されている

まずは「LINK BAR」内蔵のNetflixにアクセスし、『ストレンジャー・シングス シーズン3』から鑑賞してみたが、「LINK BAR」のストレートな高音質と音の余裕に圧倒される。低音は予想よりも適度に抑えたトーンだが、男性の台詞、そして効果音にも音の厚みと圧倒的な迫力がある。声信号としてはドルビーデジタルまでの対応で、バーチャルサラウンドは非対応となっている「LINK BAR」だが、スピーカーの表現力が増すだけで映画や海外ドラマを鑑賞する映画体験は相当変わることを実感できた。

「LINK BAR」でNetflixを視聴

「LINK BAR」でNetflixを視聴

なお、Android TVの設定メニューからは「LINK BAR」のサウンドカスタマイズも可能だ。「EQモード」は、映画や海外ドラマ等では音が広がる「映画」の設定がベター。「ベースレベル」については、デフォルトの「0」が適正バランスだ。ただし、少し低音の迫力を出すなら、マンション暮らしでも「1」程度までは上げても問題ナシ。これくらいなら、気持ちいいバランスで聴けるはずだ。

EQモードやベースレベルといったサウンドカスタマイズも可能だ

EQモードやベースレベルといったサウンドカスタマイズも可能だ

Amazonプライム・ビデオの視聴は、「LINK BAR」のアプリとしては対応していない。ただし、「LINK BAR」はChromeCast機能を内蔵しているので、たとえば手元のスマホ(iPhoneでも問題なし)にAmazonプライム・ビデオのアプリを入れて作品を選んでから、「LINK BAR」にキャストすれば、「LINK BAR」経由でテレビ画面に映すことが可能だ。

スマホのAmazonプライム・ビデオアプリで視聴したい作品を選択

スマホのAmazonプライム・ビデオアプリで視聴したい作品を選択

キャストボタンを押すと、同一Wi-Fi上にある「LINK BAR」を認識

キャストボタンを押すと、同一Wi-Fi上にある「LINK BAR」を認識

テレビ画面上でAmazonプライム・ビデオの作品も視聴できた

テレビ画面上でAmazonプライム・ビデオの作品も視聴できた

Googleアシスタント対応なので、音声検索も可能。本体単体でも「OK, Google」の呼びかけに反応するので、スマートスピーカーと同じような操作も可能だし、リモコンのボイスアシスタントボタンによる手動呼び出しも可能だ。たとえば、YouTubeの動画の検索をしたい際には文字入力の手間を省く目的でリモコン操作、SpotifyでBGMとして音楽を流す際にスマートスピーカーのように「OK, Google」で操作すると快適だ。

リモコンのボイスアシスタントのボタン押しでマイク操作も可能

リモコンのボイスアシスタントのボタン押しでマイク操作も可能

音声入力からYouTubeの動画検索に飛べるのはなかなか便利

音声入力からYouTubeの動画検索に飛べるのはなかなか便利

音声操作によるSpotifyの楽曲検索も可能だ

音声操作によるSpotifyの楽曲検索も可能だ

Spotifyで音楽を流してみると、本体幅のある「LINK BAR」らしく音の定位感、歌声の厚みと空間の広がりを備えたJBLサウンドが楽しめる。ポジティブな意味でスマートスピーカーの360°サウンドとは傾向が異なる。リビングのテレビ前は部屋全体が見渡せるオーディオとしてのベストポジションなので、音楽リスニング用途の兼用も推奨できる。画面付きのAndroid TVなのでYouTubeによる音楽再生との相性も抜群だ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る