特集
選び方のポイントと注目機種を一挙紹介

4K対応、スタンダード、全録!タイプ別に選ぶブルーレイレコーダー《2019年冬》

スタンダードレコーダーはスマホ視聴、Ultra HD Blu-ray、ビデオ・写真連携で差別化へ

レコーダーのなかでも一番のボリュームゾーンが、地デジなど2K放送のみ対応のスタンダードモデル。売れ筋は「2チューナー搭載」で内蔵HDD「1TB」のモデルで、4万円程度が相場だ。あとは同時録画数を重視して3チューナー搭載、HDD容量も500GB/1TB/2TB程度と予算と録りためたい時間次第で選ぶのが定番だ。スペックだけ見ると各社同じように見えてしまうカテゴリーだが、現在のトレンドはスマホ視聴アプリの提供による屋内・外出先のリモート再生、4K Ultra HD Blu-rayの再生、スマホの写真・ビデオ取り込み対応と多機能化が進行中で、その完成度を競い始めている。

そんなスタンダードモデルのなかで圧倒的な人気を誇るのが、レコーダー市場でトップを独走するパナソニックの「おうちクラウドディーガ」。「DMR-2T200」を中心とした新製品群は、初心者から上級者まで使いやすい操作性、「新番組/特番おしらせ」といった便利機能と多機能な録画機能、そしていつでもどこでも録画番組を視聴できる「どこでもDIGA」アプリの無料提供でお得感もある。

パナソニック「おうちクラウドディーガ DMR-2T200」は、3チューナー・2TBのスタンダードモデル。白色で小型の筐体でインテリア志向も強めているが、「4Kダイレクトクロマアップコンバート」による4K再生画質も評価が高い

シャープのAQUOSブルーレイも2Kレコーダーで人気ブランドの一角だ。AQUOSブルーレイの人気を後押ししているのが、地デジ番組でよく見られるドラマに特化した「ドラ丸」。新作ドラマ・アニメを自動で4週間分録画して専用画面から手軽に視聴できる点が支持されている理由だ。録画番組を子画面表示して見たいシーンから再生できる「見どころポップアップ」もAQUOSブルーレイのオリジナル機能。Googleアシスタントと連携して音声操作できる「声でラクラク操作」で声だけで操作できる点も面白い。旧機種からの「買換えお引っ越しダビング」と既存ユーザーへのサポートが手厚いのもうれしい。

シャープ「AQUOSブルーレイ 2B-C10BW2」。2チューナー・1TBの定番スペックを押さえた最新スタンダードモデルだ。「声でラクラク操作」の強化が最新アップデートだが、人気機能はやっぱりドラマ・アニメ録画の「ドラ丸」

強力な編集機能でマニア人気の高かった東芝映像ソリューションのレコーダー。最新モデルは、録画番組の見どころ部分のみを短時間で再生、ディスクに残す“時短”を猛プッシュしている。12月中旬に発売される「UT109」は同社初のUltra HD Blu-rayの再生に対応したのもポイントだ。

東芝映像ソリューション「レグザブルーレイ UT109」。トリプルチューナー、1TBのHDDを内蔵。“時短”をコンセプトにしたモデルだが、システマティックな編集機能も健在だ

ソニーも10月にスタンダードレコーダーを約2年ぶりにリニューアル。最長1か月先から先行予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」に対応していて、まとめて録画予約が使いやすいのが特徴。スマホアプリ「Video & TV SideView」アプリでライブ視聴やリモート再生も可能だ。

ソニー「BDZ-ZW1700」は、ダブルチューナー、1TBのHDDを内蔵するブルーレイレコーダースタンダードモデル。なお、Ultra HD Blu-ray再生対応は2019年モデルでは省かれているので注意

録り逃さないレコーダーなら“全録”で決まり!

レコーダーにもっとも求められる性能は“番組を録り逃さない”ことだ。そんな視点から地デジを中心としたテレビチェック派から人気のカテゴリーが“全録”。全録対応のモデルは6ch以上のチューナーを内蔵し、録画予約の事前準備なしで過去1週間分をまるまる録画というように、基本的に全番組を録画してくれる。SNSで盛り上がった番組を後追いでチェックできるし、全録した番組をスマホアプリで視聴なんてこともできる。放送時間もテレビ画面という視聴スタイルも変えてしまう、まったく新次元の視聴スタイルだ。

そんな“全録”タイプのレコーダーのけん引役となっているのが、パナソニックの「おうちクラウドディーガ」。最上位モデル「DMR-UBX8060」では8TBのHDD内蔵で10ch/28日間の録画に対応する。全番組録画だけでなくゴールデンタイムのドラマを最大で約90日間消去しない「おとりおき」や、無料の「どこでもDIGA」アプリを使用することで、全録した番組をスマホでいつでもどこでも無料で視聴できるという提案性も面白い。ハイエンド以外に6ch/28日間録画の「DMR-BRX4060」、6ch/16日間録画の「DMR-BRX2060」と、用途に応じて選べるラインアップが用意されているのもうれしいポイントだ。

パナソニック「おうちクラウドDIGA DMR-BRX2060」は、2TBのHDD内蔵で6ch/16日間録画の全録対応モデル。スマホアプリも無償提供で、気軽にテレビの視聴スタイルを変えてくれる1台だ

東芝映像ソリューション「レグザタイムシフトマシンDBR-M3009」。3TBのHDDを内蔵した全録レコーダーの最新モデル。最大7chのタイムシフト対応だけでなく通常録画との組み合わせでカスタマイズ可能とマニアックだ

全録レコーダーの元祖、東芝映像ソリューションの「レグザタイムシフトマシン」は、最新機種が4月に発売した「DBR-M3009」となる。まるごと録画と時短がコンセプトで、全録全体の設定に新たに「スマホ優先モード」を用意し、録画後すぐにスマホへ持ち出して “スマホでも時短”を打ち出している。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る