ニュース
ディスプレイ付きスマートデバイス「Echo Show」シリーズ最新モデル

カメラ強化でビデオ通話にもってこい! Amazonから第2世代Echo Show 8/Echo Show 5登場

Amazonが展開するディスプレイ付きスマートデバイス「Echo Show」シリーズ。シリーズ最大の10.1インチディスプレイを搭載した「Echo Show 10」は、ディスプレイがユーザーの位置に合わせて自動回転してくれるモーション機能などのさまざまな新機能を盛り込んだ第2世代へと進化して今年4月に発売されたが、今度は8インチ(1280×800ドット)ディスプレイを搭載した「Echo Show 8」、5.5インチ(960×480ドット)ディスプレイを搭載した「Echo Show 5」の2モデルが第2世代へと進化して発売されることが発表された。予約は本日から開始しており、出荷開始は6月9日だ。

8インチ(1280×800ドット)ディスプレイを搭載した第2世代「Echo Show 8」

8インチ(1280×800ドット)ディスプレイを搭載した第2世代「Echo Show 8」

5.5インチ(960×480ドット)ディスプレイを搭載した第2世代「Echo Show 5」

5.5インチ(960×480ドット)ディスプレイを搭載した第2世代「Echo Show 5」

いずれも、本体デザインは第1世代からほとんど変化していないが、昨今のコロナ禍によるビデオ通話機能の需要の高まりを受け、コミュニケーション機能をより重視する形で進化を遂げたのが特徴だ。たとえば、高画質なビデオ通話に欠かせないカメラ機能は、「Echo Show 8」が13メガピクセル(広角仕様)、「Echo Show 5」が2メガピクセルと、第1世代から大きく強化。外出先から内蔵カメラにアクセスして部屋の様子を確認できる「みまもり機能」も標準搭載(第1世代はアップデートで対応済み)となった。

第2世代「Echo Show 8」のデザイン。フロントベゼル右上に搭載されたフロントカメラが13メガピクセルへと進化した。本体上部のカメラカバー、ボリューム調整ボタン、マイクミュートボタンのレイアウトは第1世代とほぼ同じ。スピーカーは、2.0インチ(52mm)ネオジムスピーカー×2のステレオ仕様で、パッシブラジエーターも備えている

第2世代「Echo Show 8」のデザイン。フロントベゼル右上に搭載されたフロントカメラが13メガピクセルへと進化した。本体上部のカメラカバー、ボリューム調整ボタン、マイクミュートボタンのレイアウトは第1世代とほぼ同じ。スピーカーは、2.0インチ(52mm)ネオジムスピーカー×2のステレオ仕様で、パッシブラジエーターも備えている

第2世代「Echo Show 5」のデザイン。フロントベゼル右上に搭載されたフロントカメラが2メガピクセルに向上。本体上部のカメラカバー、ボリューム調整ボタン、マイクミュートボタンのレイアウトは第1世代とほぼ同じ。スピーカーは、1.65インチ(42mm)フルレンジスピーカー×1だ

第2世代「Echo Show 5」のデザイン。フロントベゼル右上に搭載されたフロントカメラが2メガピクセルに向上。本体上部のカメラカバー、ボリューム調整ボタン、マイクミュートボタンのレイアウトは第1世代とほぼ同じ。スピーカーは、1.65インチ(42mm)フルレンジスピーカー×1だ

さらに、8インチのHDディスプレイを搭載した「Echo Show 8」は、ビデオ通話中に自分を相手の画面の中心に表示してくれる「自動フレーミング機能」や、部屋の明るさや光源に合わせて画面表示を調整してくれる「自動色彩調整機能」といった新機能も追加。プロセッサーも第1世代「Echo Show 8」のクアッドコアからオクタコアへと強化され、さまざまな機能をより快適に使えるようになっている。ちなみに、これだけ機能が強化されているが、価格は第1世代「Echo Show 8」と同じ14,980円。カラーバリエーションは、チャコールとグレーシャーホワイトの2色展開だ。

第2世代「Echo Show 8」のカラーバリエーション

第2世代「Echo Show 8」のカラーバリエーション

「Echo Show 5」については、カラーバリエーションに新色のディープシーブルーが追加され、従来のチャコール、グレーシャーホワイトと合わせて3色から選べるようになった。また、価格が第1世代「Echo Show 5」よりも1,000円安い8,980円となり、さらにお買い求めやすくなっているのもポイントとなっている。

第2世代「Echo Show 5」のカラーバリエーション

第2世代「Echo Show 5」のカラーバリエーション

なお、今回の第2世代モデルの登場に合わせ、専用の角度調節スタンドも同色で発売(Echo Show 8用が2,490円、Echo Show 5用が1,980円)。また、5月12日から第1世代「Echo Show 8」は12,980円、第1世代「Echo Show 5」は7,980円の新価格へと変更される。

コロナ禍で直接会った形でのコミュニケーションが難しい中、あらかじめ設定しておけばAlexaを使った音声操作だけでビデオ通話が始められる「Echo Show」シリーズは、デジモノ機器の操作が苦手という人にうってつけなモデルと言える。もちろん、これまでの「Echo Show」シリーズのように、Alexaに話しかけてAmazonプライムビデオやNetflixといった動画配信サービスや、Amazon MusicやSpotifyといった音楽配信サービスなどのエンタメ機能も充実しており、そういった機能に楽しみたいという人にもぴったりだ。

4月に発売された「Echo Show 10」は高機能だけど価格もそれなりにするのでなかなか手が出せなかったという人も、お手頃価格の「Echo Show 8」と「Echo Show 5」なら手に入れやすい。ぜひ、「Echo Show 8」や「Echo Show 5」を手に入れ、ビデオ通話やエンタメ機能でおうち時間を充実させてみてはいかがだろうか。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る