ニュース
オプションでリアスピーカーやウーハーの増設も可能

リアル7.1.2chとバーチャルサラウンドを融合。ソニーの1本バー型ハイエンドサウンドバー「HT-A7000」

手軽にテレビのサウンドをアップグレードできることで人気のサウンドバーだが、ソニーから久々にハイエンドモデルが登場する。

2021年7月21日にソニーが発表した「HT-A7000」は、「HT-ST5000」から約4年ぶりとなる同社サウンドバー製品のフラッグシップモデルだ。本体にサブウーハーを内蔵し、サブウーハーレスの1本バータイプのスピーカーながらリアルな立体音響を再現できる注目モデルだ。発売日は8月28日で、市場想定価格は154,000円前後。さっそく詳細をレポートしていこう。

ソニーサウンドバーのフラッグシップモデル「HT-A7000」

ソニーサウンドバーのフラッグシップモデル「HT-A7000」

【関連リンク】
4基のスピーカーから最大12基のファントムスピーカーを生成!ソニーの次世代ホームシアターシステム「HT-A9」

リアル7.12chのスピーカー構成とバーチャルサラウンド技術のコンビネーションで1本バータイプでもリアルな立体音響を再現

「HT-A7000」は、2017年に発売された「HT-ST5000」の後継モデルとなる同社サウンドバーのフラッグシップモデルだ。「HT-ST5000」同様、天井反射で高さ方向の音を再現するイネーブルドスピーカーを内蔵しているが、「HT-ST5000」では別体だったサブウーハーを本体に内蔵することで、シンプルな1本バータイプへと生まれ変わっているのが大きな特徴となっている。

「HT-A7000」のスピーカーレイアウト。1本バータイプで7.1.2chを実現している

「HT-A7000」のスピーカーレイアウト。1本バータイプで7.1.2chを実現している

フロントに設置するサウンドバー単体だけでリアルな立体音響を再現するために、「HT-A7000」では7.1.2ch構成のスピーカーから鳴るリアルサラウンドに、バーチャルサラウンド技術をプラス。サウンドバー天面に配置されたイネーブルドスピーカーによる天井反射、サウンドバーの両サイドに水平方向25°の傾斜をつけて配置されたビームツイーターによる壁反射、高さ方向の音を再現するバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」、横方向の音の広がりを再現する「S-Force PRO フロントサラウンド」を高次元に融合することで、没入感の高いサラウンドを実現したという。

天井反射や壁反射、バーチャルサラウンドの融合でリアルな立体音響を再現

天井反射や壁反射、バーチャルサラウンドの融合でリアルな立体音響を再現

音場最適化機能は10秒ほどで完了する。サウンドバーの配置位置に合わせて細かく調整できる機能も用意されている

音場最適化機能は10秒ほどで完了する。サウンドバーの配置位置に合わせて細かく調整できる機能も用意されている

また、サウンドバー単体のサウンドでは物足りないという人に向けて、オプションスピーカーの追加に対応しているのも「HT-A7000」の大きなポイントだ。オプションスピーカーのラインアップは、パッシブラジエーター方式のサブウーハー「SA-SW5」(8月7日発売、市場想定価格83,000円前後)、バスレフ方式のサブウーハー「SA-SW3」(8月7日発売、市場想定価格44,000円前後)、リアスピーカー「SA-RS3S」(8月28日発売、市場想定価格44,000円前後)の全3モデル。いずれも、「HT-A7000」とはワイヤレス接続が可能となっており、簡単に追加することが可能になっている。

パッシブラジエーター方式のサブウーハー「SA-SW5」(写真左)とバスレフ方式のサブウーハー「SA-SW3」(写真右)

パッシブラジエーター方式のサブウーハー「SA-SW5」(写真左)とバスレフ方式のサブウーハー「SA-SW3」(写真右)

リアスピーカー「SA-RS3S」。こちらは非常にコンパクトだ

リアスピーカー「SA-RS3S」。こちらは非常にコンパクトだ

機能面では、ブラビア2021年モデルのA90Jシリーズ、A80Jシリーズ、X95Jシリーズをセンタースピーカーにすることができる「アコースティックセンターシンク」を新たに搭載。背面に用意されたS-センター出力端子と対象ブラビアを付属のオーディオケーブルに接続、ブラビアの設定画面からセンタースピーカーモードをONにすることで利用できる。

また、対象ブラビアのクイック設定にサウンドバーのメニューを追加できる機能も新たに搭載された。追加できるメニューは、音質モード、ボイスモード、ナイトモード、Immersive AE、サブウーハー音量、リアスピーカー音量など。こちらは「アコースティックセンターシンク」よりも対象ブラビアが多く、2021年モデルのA90Jシリーズ、A80Jシリーズ、X95Jシリーズ、X90Jシリーズ、X85Jシリーズで利用可能だ。

対象ブラビアのクイック設定にサウンドバーのメニューを追加でき、ブラビアのリモコンで簡単に操作できるのもポイント

対象ブラビアのクイック設定にサウンドバーのメニューを追加でき、ブラビアのリモコンで簡単に操作できるのもポイント

イマーシブオーディオは、Dolby AtmosやDTS:X、360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)に対応。ネットワーク機能は、Google アシスタントやAlexa(※)、Google Chromecast built-in、Apple AirPlay、Spotify Connect、Music Centerアプリといった機能をサポートしており、ハイレゾ再生にも対応。Bluetooth機能も有しており、リアルタイムで曲のタイプを分析してアップスケールしてくれる「DSEE Extreme」も利用可能だ。

※ファームウェアアップデートで対応

「HT-A7000」の付属リモコン

「HT-A7000」の付属リモコン

操作内容はサウンドバーのフロントに用意されたディスプレイから確認できる

操作内容はサウンドバーのフロントに用意されたディスプレイから確認できる

インターフェイスは、HDMI入力×2(うちひとつはeARC対応)、HDMI出力×1、アナログ音声入力×1、光デジタル入力×1、USB×1を用意。HDMIはHDMI 2.1準拠となっており、8K HDR、4K/120Hz、Dolby Visionにもしっかり対応している。

HDMIは最新のHDMI 2.1に準拠。8K HDR、4K/120Hz、Dolby Visionといった機能をサポートする

HDMIは最新のHDMI 2.1に準拠。8K HDR、4K/120Hz、Dolby Visionといった機能をサポートする

サブウーハーレスでも迫力のサラウンド。「アコースティックセンターシンク」はセンターの音がグッと持ち上がるので大画面テレビに有効

ここからは「HT-A7000」のファーストインプレッションをお届けしよう。

今回、83V型の有機ELブラビア「A90J」という大画面テレビと組み合わせて試聴を行ったのだが、本体サイズとビームツイーターのおかげだろうか、横方向の音の広がりは画面サイズを大きく超えていた。イネーブルドスピーカーが搭載されていることもあり、縦方向の音の再現も見事で、立体感がしっかりと感じられる。リスニングポジションも本体サイズが大きいことで思いのほか広く、大画面テレビやプロジェクターなどと組み合わせて複数人でコンテンツを楽しむ際も大いに活躍してくれそうだ。

また、今回「アコースティックセンターシンク」も試してみたのだが、こちらの機能をONにするとセンターの音がグッと持ち上がり、人のセリフが画面からしっかりと聴こえるようになった。センター以外のサウンドとも自然にミックスされ、まるで映画館で見ているような高い没入感だ。「HT-A7000」とブラビアとの組み合わせは想像以上にアリだろう。

最後に、オプションのサブウーハー「SA-SW5」とリアスピーカー「SA-RS3S」を組み合わせて試聴してみた。「HT-A7000」はサブウーハーがサウンドバー本体に内蔵となったが、低域は思った以上に出るモデルとなっている。ただ、やはりサブウーハーを追加すると低音の質が大きく変わってくる。腹に響く地鳴りのような重低音を体感したいのなら、間違いなくサブウーハーの導入をおすすめする。リアスピーカーについては、追加すると後方への音の回り込む感じがさらに鮮明になり、より緻密な音場空間を作り上げてくれる。360°縦横無尽に音が飛び交うようなハリウッドのアクション映画はもちろん、音との一体感が重要なライブ映像の視聴にも大きな効果がありそうだ。

最後に、「HT-A7000」の導入で気を付けたい“本体の設置”について触れておこう。「HT-A7000」は横幅が1300mmとかなり大きいため、ソニーのA90Jシリーズのスタンドをサウンドバーポジションにしても65V型以上の画面サイズでないとスタンド内に収まらない。テレビラックへの設置を検討している人は、テレビのスタンド形状やテレビラックの奥行きをしっかりと確認しておいたほうが安全だ。

とはいえ、設置性以外の面については音質も機能性も拡張性もしっかりと担保されており、ハイエンドサウンドバーの最有力候補であることは間違いない。大画面テレビのサウンドグレードアップに、ぜひ「HT-A7000」を導入してみてはいかがだろうか。

83V型の「XRJ-83A90J」のフロントに設置したところ。サウンドバーのサイズ感がおわかりいただけるだろう

83V型の「XRJ-83A90J」のフロントに設置したところ。サウンドバーのサイズ感がおわかりいただけるだろう

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る