レビュー
BRAVIA XRと組み合わせて立体音響を楽しめる

パーソナルシアターの本命が登場、ソニー「SRS-NS7」をさっそく試してみた

ソニー「SRS-NS7」

ソニー「SRS-NS7」

映画好きにとって、夜中の視聴は楽しみであり悩ましいもの。防音対策を施した専用のシアタールームがあるならともかく、寝室に近い場所に置いたテレビでは家人に迷惑をかけてしまう。かといって音量を絞れば迫力がなくなり、楽しさも半減だ。

では、どうすれば夜中に映画を大迫力で楽しめるか。防音バッチリのシアタールームを...という夢はひとまず置くとして、すぐに実現可能な解決策はヘッドホン/イヤホンだろう。しかし、終始耳周りに圧迫感を感じながらの視聴になるし、一部製品を除けばワイヤレスでのリアルサラウンド再生は難しい。スマートフォンやタブレット向けには立体音響システムが普及しつつあるが、画面の小ささは如何ともし難い。圧迫感がないワイヤレス、しかも大画面でリアルなサラウンドを楽しめる音響製品となると、シアタールーム並みの夢物語だったことは確かだ。

この難問に真っ向から挑むのが、ソニーのネックバンドスピーカー「SRS-NS7」。結論から言ってしまおう、この製品は「夜中にヘッドホンを使わずリアルサラウンドで映画鑑賞」の解決策となりうる。なぜそう感じたか、ソニーの試聴室へ出向き製品を体験した折の様子をお届けしよう。

XRプロセッサー搭載のBRAVIA XRと組み合わせると...

SRS-NS7は、磁性流体フルレンジスピーカー/パッシブラジエーター搭載のネックバンド部と、テレビの音声をワイヤレス出力するトランスミッター部からなるネックバンドスピーカー。これ自体に立体音響データをデコードする機能はないが、XRプロセッサー搭載のテレビ「BRAVIA XR」シリーズと組み合わせることで、Dolby Atmosなどのサラウンド/イマーシブサウンドを楽しめるようになる。

XRプロセッサーは、膨大な量の映像信号を分析して映像の中の注視点を検出、そこを際立たせてみせる「認知特性」を生かした映像系機能を看板とするが、被写体に合わせて音が出る位置を調整するなど音声系の機能も備えている。SRS-NS7は、2chなどあらゆる音源を5.1.2chの立体音響に変換できるXRプロセッサーの能力を活用し、テレビに入力されたオーディオ信号を立体的に再生してみせるのだ。

XRプロセッサーを搭載するBRAVIA XRシリーズと接続すると、クイックメニューに3Dサラウンドをオン/オフできる専用項目が現れる

XRプロセッサーを搭載するBRAVIA XRシリーズと接続すると、クイックメニューに3Dサラウンドをオン/オフできる専用項目が現れる

ポイントは、トランスミッターが出力するオーディオ信号は一般的なBluetoothオーディオだということ。Dolby Atmosなどサラウンドソースのデコード(および立体音響効果の生成)はXRプロセッサーで行い、光デジタルケーブル経由でトランスミッターへ伝達、そこからBluetooth/A2DPでネックバンド部へと送信される。ソニーが「360 Spatial Sound Personalizer(サンロクマル・スペシャル・サウンド・パーソナライザー)」と呼ぶ聴感特性を解析し音場を個人最適化する頭脳はテレビ側にあり、SRS-NS7はあくまで手足だ。

個人最適化はスマートフォンの専用アプリから実施。アプリの指示に従い、耳の形状を撮影してクラウドにアップする

個人最適化はスマートフォンの専用アプリから実施。アプリの指示に従い、耳の形状を撮影してクラウドにアップする

BRAVIA XR側で個人最適化したパラメーターをダウンロードし、XRプロセッサーで処理を行い、トランスミッターから出力する形で個人最適化を実現している

BRAVIA XR側で個人最適化したパラメーターをダウンロードし、XRプロセッサーで処理を行い、トランスミッターから出力する形で個人最適化を実現している

だからネックバンド部に届くオーディオデータはBluetooth/A2DP、それもSBC(トランスミッターが送信可能なコーデックはSBCのみ)になるが、聴こえてくるのは驚きのサラウンド音声。Dolby Atmosトレーラーディスクに収録の「リーフ」を鑑賞したが、落ち葉が回転する様子はAVアンプで組んだサラウンドシステムさながら。バーチャルサラウンドでありがちな"眼前に広がる立体音場"ではなく、頭の斜め後方を移動する落ち葉を実感した。

ソニー「SRS-NS7」を実際に体験してみたが、頭の斜め後ろに音が回り込む感じがしっかりと再現されていた

ソニー「SRS-NS7」を実際に体験してみたが、頭の斜め後ろに音が回り込む感じがしっかりと再現されていた

Dolby Atmosの音声が収録されているOfficial髭男dismの「Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 - Arena Travelers -」(シングル「Universe」に付属)も試してみたが、こちらもステージの高さ、広がり、奥行きがなんともリアル。サブウーハー装備のサラウンドシステムと比較すると、さすがに低域は痩せて感じられるが、SRS-NS7のネックバンド部にはパッシブラジエーター付近の振動が直接体に伝わるという強みがある。これが結構、納得してしまうのだ。

立体音響効果のオン/オフは、テレビのリモコンで変更できる。Official髭男dismのディスクでいえば、オンの時は自分の眼前にステージが現れ、ボーカルもほどよい距離に定位するが、オフにすると首の裏側に回り込んだ感覚に変わる。2chオーディオ本来の聞こえかたのはずだが、XRプロセッサーが創り出す立体音響が自然だからだろう、オフにするとむしろ不自然になる印象だ。

Dolby Atmos以外のコンテンツはどうなのかと、UltraHD Blu-rayの映画「インターステラー」(ワームホールへ突入するチャプター)もチェックしてみたが、立体音響がオンの時は確かに立体感・奥行き感がある。前述した「リーフ」ほど明瞭な位置感はなく、聴こえるはずの重低音もあっさりしているが、船室の狭さ・閉塞感はしっかり描写されていた。このディスクの音声はDolby Atmosではなく5.1ch dts-HDだが、それでも立体感を再現できるのはXRプロセッサーのなせる技なのだろう。

ところで、SRS-NS7のトランスミッター部は、「WH-1000XM4」などのソニー製イヤホンをペアリングし立体音響を楽しむこともできるという。「WLA-NS7」という製品名で別売されるそうだから、ネックバンドスピーカーから出る音ですら厳しい状況でも立体音響を楽しみたい、という向きには朗報だろう。今回試してはいないが、TWSイヤホンでSRS-NS7並みの立体感が得られるなら、映画好きにはかなりインパクトのあるニュースとなりそうだ。

トランスミッター部はWLA-NS7として単品発売も予定されており、対応のソニー製ヘッドホン・イヤホンでも立体音響を楽しめる

トランスミッター部はWLA-NS7として単品発売も予定されており、対応のソニー製ヘッドホン・イヤホンでも立体音響を楽しめる

Amazon Music Unlimitedで空間オーディオも

もうひとつ、SRS-NS7には「立体音響対応オーディオスピーカー」という顔がある。付属のトランスミッターが対応するコーデックはSBCのみだが、スマートフォンとペアリングすればAACやLDACを利用できるし、個人最適化された360 Reality Audioなど立体音響を楽しめる。

ウォークマンなどのBluetooth対応デバイスと組み合わせて音楽再生を楽しめる

ウォークマンなどのBluetooth対応デバイスと組み合わせて音楽再生を楽しめる

なお、取材時点では未発表だったが、Amazonは音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」で360 Reality AudioおよびDolby Atmosの配信を開始した。現状、Amazon Music Unlimitedは、専用アプリ「Headphones Connect」を利用した個人最適化に対応していないものの、ソニーがグループを挙げて360 Reality Audioを推進している事情を考えれば、その日は遠くなさそうだ。

LDACで接続したウォークマンのステレオ音源をいくつか聴いてみたが、正直なところテレビの音声(XRプロセッサーに生成された立体音響)に比べるとインパクトは薄れる。磁性流体を採用したというフルレンジスピーカーはキレがよく、パッシブラジエーターの効果か低域の量感もあるのだが、このSRS-NS7というデバイスの本領は立体音響でこそ発揮されるのだろう。

パッシブラジエーター(左)とフルレンジスピーカー(右)

パッシブラジエーター(左)とフルレンジスピーカー(右)

ネックバンド部の裏側。穴が開いている部分にデュアル・パッシブラジエーターを内蔵する

ネックバンド部の裏側。穴が開いている部分にデュアル・パッシブラジエーターを内蔵する

BRAVIA購入予定者にはかなり魅力的

サラウンド/立体音響は人により効果の差があるものだが、筆者にとってこのSRS-NS7はまさにどストライク。もう少し低域の量感がほしいなど細かい要望はあるが、ソースがDolby Atmosの時のサラウンド効果は十分満足できる水準だ。リアル7.1.2chシステムと比べると再現度に粗さ・甘さがあることは確かだが、ヘッドホンに頼らず深夜にサラウンドを堪能でき、台所へ酒を継ぎ足しに行く時にも機器の着脱に気を使わずに済むシステムは、まさに「こういうのがほしかった」といえるもの。

気になった点があるとすれば、トランスミッター部の入力が光デジタルのみ、かつ出力がBluetoothオンリーでコーデックがSBCというところ。Dolby True HDなどソースが高品質な場合、ハイレゾ/ロスレスとまではいわなくてもできるだけ情報量欠落の少ない方法で伝送してほしいし、より遅延の少ない手段も用意してほしかった。夫婦で映画を楽しみたいというユーザのためにも、オプションで構わないから出力数を増やせればなおよよかったのではないか。

ともあれ、XRプロセッサー搭載のBRAVIAを購入するかどうか。逆にいうと、購入予定なら一度は試すべきなのがこのSRS-NS7という製品だ。きっと驚くに違いない。

海上 忍

海上 忍

IT/AVコラムニスト、AV機器アワード「VGP」審査員。macOSやLinuxなどUNIX系OSに精通し、執筆やアプリ開発で四半世紀以上の経験を持つ。最近はAI/IoT/クラウド方面にも興味津々。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る