トレンドニュース
トレンドニュース

パナソニックの全録レコーダー「ブルーレイディーガ DMR-BRX2000」が人気上昇中! 売れ筋上位をパナソニックが独占する状況が続く

パナソニックのブルーレイレコーダー「ブルーレイディーガ DMR-BRX2000」の人気が上昇している。最大6チャンネルを16日間、自動で録画できる「全録」タイプのレコーダーで、2015年5月22日発売の最新モデルだが、値下がりの影響などで売れ筋ランキングの順位が急上昇している。競合が激しい「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーだが、ランキングの上位は「ブルーレイディーガ」シリーズで固められており、パナソニックのひとり勝ちが続いている。

パナソニック「ブルーレイ ディーガ DMR-BRX2000」は、2TBのHDDを搭載した「全録」タイプのブルーレイレコーダー。チャンネル録画機能を使って、最大6チャンネルを16日間、自動で録画することが可能だ。また、電源オンで表示される「新着番組」で、チャンネル録画している番組の中から、見たい番組だけを探し出したり、「よくみる番組」や「お気に入りの番組」「話題の番組・ニュース」などをすぐに再生することもできる。また、4K対応のシステムLSI「新ユニフィエ」を搭載しており、ハイビジョン信号を4K信号にアップコンバートすることも可能だ。チューナー数は、地上デジタル×7、BS/110度CS×6。 本体サイズは430(幅)×59(高さ)×199(奥行)mmで、重量は約2.9kg。

「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のランキング推移

「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のランキング推移

「ブルーレイディーガ DMR-BRX2000」の最安価格推移

「ブルーレイディーガ DMR-BRX2000」の最安価格推移

「価格.comトレンドサーチ」で見ると、「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーにおける売れ筋ランキングでは、本製品「ブルーレイ ディーガ DMR-BRX2000」は、製品発売日の5月22日に22位でスタート。5月28日には10位にランクインし、6月4日に最安価格が70,000円を下回ると、じわじわと順位を上げた。7月13日の最安価格が製品発表時の82,980円より20.5%安い65,984円となり割安感が出てきたこともあって、7月12日には3位をマークしている。

「ブルーレイディーガ DMR-BRX2000」のユーザーレビュー評価

「ブルーレイディーガ DMR-BRX2000」のユーザーレビュー評価

本製品に対するユーザーレビューは、7月13日現在で3件が投稿されており、満足度はカテゴリー平均の4.02よりかなり高い4.80。「録画機能」などの項目で特に高い評価点となっている。レビュワーのコメントを見ると、「時間のある時に録画一覧を見て面白そうな番組を見ることができるのは便利です」「初めて全録機を購入しました。このレコーダーがあることで、視聴スタイルが変わり大変満足しています」など、自動で録画した番組の中から、興味のある番組を簡単に見つけられる点が好評だ。また、操作性などに関しても、「機能充実で今までの中で一番使いやすい」「コンパクトで軽く、操作もしやすい。録画もかんたんで、初心者でも使いやすい」というコメントがあった。

「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーにおける大手メーカー5社のPVシェア率推移

「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーにおける大手メーカー5社のPVシェア率推移

上の図は、「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーにおける、メーカー別のアクセス数の推移を示した「PVシェア率」だ。これを見ると、ここ最近は、パナソニックのPVシェア率の高さが際立っており、6月29日週は52.9%に達している。7月14日時点での売れ筋ランキング上位10製品を見ても、7製品がパナソニックの「ブルーレイディーガ」シリーズで、パナソニックがリードする展開だ。ライバルのソニーなどと比べると、新モデルの発売が早めで、ボーナス商戦などの一大需要期には価格がこなれてきていることも、こうした結果に結びついているものと思われる。

宮澤保生(編集部)

宮澤保生(編集部)

学生時代から価格.comのユーザーで、いつの間にか好きなことが仕事になっていました。ユーザーの立場や目線に立ったコンテンツ作りを心がけています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る