トレンドニュース

ソニーの40V型フルHD液晶テレビ「BRAVIA KJ-40W700C」が好調! 家電エコポイント以前に購入された液晶テレビの買い替え需要に最適なモデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月下旬に発売された、ソニーの40V型フルHD液晶テレビ「BRAVIA KJ-40W700C」が好調だ。スタイリッシュなデザインやダブルチューナーなどが好評で、「液晶テレビ」カテゴリーにおける売れ筋ランキングの順位では現在2位をマーク。フルHDモデルの中でも人気モデルとなっている。また、本製品へ買い替えた人のクチコミを見ると、約5年前の家電エコポイントの実施以前に購入したテレビが故障したという人が多く、液晶テレビの買い替え需要が高まっている様子もうかがえる。

ソニー「BRAVIA KJ-40W700C」は、超解像技術の「X-Reality PRO」を搭載した40V型フルHD(1920×1080)液晶テレビ。地上デジタル放送やブルーレイなど、さまざまな映像ソースをクリアな画質で楽しめる。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載しており、テレビ番組を視聴しながら、裏番組を録画することも可能だ。サウンド面では、擬似的にサラウンド環境を作り出す「S-Forceフロントサラウンド」や、自然な音色と定位感が得られる「Clear Phaseテクノロジー」などの機能を備えた。スピーカーの最大出力は5W+5W。無線LAN機能を備えており、インターフェイスとして、HDMI入力端子×4、D端子×1、ビデオ入力端子×1、LAN端子×1、USB端子×2、MHL端子×1、光デジタル音声出力端子×1、ヘッドホン出力端子(サブウーハー出力端子兼用)×1を装備した。なお、倍速機能は搭載されていない。本体サイズは、92.4(幅)×57.9(高さ)×17.9(奥行)cmで、重量は9.1kg。

「液晶テレビ」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のランキング推移

「液晶テレビ」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のランキング推移

「BRAVIA KJ-40W700C」の最安価格推移

「BRAVIA KJ-40W700C」の最安価格推移

「価格.comトレンドサーチ」で見ると、「液晶テレビ」カテゴリーにおける売れ筋ランキングでは、本製品「BRAVIA KJ-40W700C」は、2015年5月23日の発売時に99位とやや低調なスタートを切った。ところが、最安価格が70,000円に近づくにつれて人気が急上昇し、7月13日には10位にランクイン。7月22日に5位へランクアップすると、24日には2位につけ、現在のところ1週間にわたり2位を維持している。なお、本製品の7月29日時点での最安価格は、発売時の80,000円より14.8%安い68,200円だった。

「BRAVIA KJ-40W700C」のユーザーレビュー評価

「BRAVIA KJ-40W700C」のユーザーレビュー評価

本製品に対するユーザーレビューは、7月29日現在で3件が投稿されており、満足度はカテゴリー平均の4.45より高い4.62。「デザイン」や「機能性」などの項目で平均より高い評価となっている。レビュワーのコメントを見ると、「デザインがとっても格好いい!!」「下が細いポールのようなもので支える感じになっているのがわりと気に入っています」とスタイリッシュなデザインが好評。「2チューナーなのでHDDをつなげて裏番組などを録画しています」「ネット機能が案外気に入っています」「端子類は十分」など、ダブルチューナーやインターネット機能、インターフェイスなどの機能が実用十分であると評価されている。いっぽうで、見たいチャンネルボタンを押すだけで電源が入ることがアピールポイントの新型リモコンについては、「少し使いづらい」という声もあった。

また、本製品のユーザーレビューやクチコミで登場する話題としては、購入の動機に関するものが多かった。主なものでは、「つい先日我が家のWooo W50P-HR10000(2006年11月発売)がとうとう壊れ、買い替えたばかりです」「我が家もKDL-40X1(2008年10月発売)のメイン基板不良(高額修理)にて、昨日買い換えました。エコポイントで大騒ぎして購入した私達も、最初の買い換え時期に来たのかな?」「5〜7年も経てばメーカーに関係なく故障しやすい時期に入るということなのでしょうね」「店員さんも壊れ始めるのが多くなるのは5〜7年後と言っていました」というようなやり取りがあった。2009〜2011年に実施された家電エコポイント制度よりも前に購入した液晶テレビが壊れたことから、代用モデルとしての買い換え対象としてちょうどいい製品になっていると言えそうだ。

「BRAVIA KJ-40W700C」のライバルランキング

「BRAVIA KJ-40W700C」のライバルランキング

上の図は、本製品とよく購入比較をされる製品を表した「ライバルランキング」で、図中の「勝率」は、比較された結果、本製品がどれだけの確率で選ばれたかを示している。これを見ると、ライバル5製品中4製品がフルHDモデルだが、これらすべてに本製品が勝ち越しており、競争力の高さを発揮している。クチコミでは、「KJ-40W700CかKDL-40W600Bの購入を検討中です」など、従来機種の「BRAVIA KDL-40W600B」と比較検討されるケースも多かったが、競合状況を見る限りでは、本製品が67%の勝率で勝ち越している。ロングヒットを記録した従来機種に続き、本製品「BRAVIA KJ-40W700C」も強い人気を維持しそうだ。

宮澤保生(編集部)

宮澤保生(編集部)

学生時代から価格.comのユーザーで、いつの間にか好きなことが仕事になっていました。ユーザーの立場や目線に立ったコンテンツ作りを心がけています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トレンドニュース最新記事
トレンドニュース記事一覧
2017.9.20 更新
ページトップへ戻る