イヤホン端子廃止!? でも大丈夫!

予算別で考える「iPhone 7」で使いやすそうなワイヤレスイヤホン10選

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月に発表された「iPhone 7」では、事前の噂どおりイヤホン端子が廃止された。今後の進化を考えればアップルらしい英断だったが、いっぽうで手持ちのイヤホンを使い続けるためには、今後は付属するLightning端子変換ケーブルを使わなくてはならない。いろいろ面倒そうだなあと思っているアナタ、それならこの際もっと手軽に音楽を楽しめるワイヤレスのBluetoothイヤホンに切り替えてみたらどうだろう。ここでは、iPhone 7と組み合わせるのによさそうなBluetoothイヤホンをピックアップ。3,000円前後の安いものから30,000円程度の高級なものまで10製品を厳選して紹介。

イヤホン製品を紹介する前に、iPhone 7のBluetoothの仕様について簡単におさらいしておこう。Bluetoothのバージョンは4.2で、これは「iPhone 6s」と同様。対応する音声コーデックも、おそらく従来同様の「AAC」と「SBC」の2つと思われる。高音質コーデックの「aptX」は引き続き使えないだろう。そのため、iPhone 7で使えるBluetoothイヤホンは、iPhone 6s世代とほぼ同じ可能性が高い。iPhone 6s対応製品を選べば間違いないだろう。また、音質を重視したいならAAC対応を目印にしたい。SBCは基本的な音声コーデックなので、ほとんどのBluetoothイヤホンで使えるが、いっぽうで音質はAACに比べると一歩譲る。ただし、その分、AAC対応機は高価になる。AAC非対応製品でも高価なモデルがあるが、これはDSPやイヤホン本体の造りにこだわっており、音質のクオリティも高い。

アップル「AirPods」
音楽をもっと手軽に。インテリジェントな機能でiPhoneをさらに使いやすくする

アップル「AirPods」

アップル「AirPods」

初めに紹介しておきたいのが、アップル純正のワイヤレスイヤホン「AirPods」だ。「AirPods」は、最近注目を浴びている、ケーブルが一切ない完全ワイヤレスイヤホンで、音楽を聴くだけでなくiPhone 7を使いこなすための機能も搭載されている。iPhone 7でイヤホンを使うなら、便利な面が多そうだ。まだくわしい仕様が不明なところもあるが、「AirPods」には光学センサーとモーション加速度センサーが内蔵され、以下のような機能が実装される。

・ペアリングは専用のケースから取り出して、iPhoneの画面に表示される接続ボタンを押すだけ
・耳に装着すると音楽再生がスタート
・イヤホン片方を外すと楽曲再生が停止。両方を外すとiPhoneのスピーカーで再生
・ダブルタップでSiriが起動。AirPodsに内蔵されたマイクで話しかけられる
・収納ケースがバッテリー内蔵充電器を兼ねており、15分間の充電で3時間の再生が可能

音声の伝送にはBluetoothベースのものが使われているとされており、対応する音声コーデックはおそらくAACと思われる。ちなみに、インターネット上には「価格が高い」という声が寄せられているが、実は、国内で購入できる完全ワイヤレスイヤホンはほとんど3万円近い。そのことを考えれば、各種センサーが内蔵されたうえ、完全ワイヤレスである「AirPods」の16,800円(税抜)という価格は実はリーズナブルなほうなのだ。ともあれ、着け心地や音の好みは人それぞれ。ワイヤレスイヤホンは選択肢も多く、自分にあう製品を探してみてはどうだろう。

それでは、以下、実勢価格が安い順に製品を紹介していこう。なお、記事内の価格はすべて税込価格となっており、価格.com最安価格は2016年9月12時点のものを記載している。

3,000円前後で購入できる入門向けモデル

エレコム「LBT-HPC11AV」(価格.com最安価格:2,279円)
フィット感の高いハウジングに操作用ボタンをまとめて搭載

エレコム「LBT-HPC11AV」

エレコム「LBT-HPC11AV」

国内大手のPC周辺機器メーカー、エレコムから発売されている「LBT-HPC11AV」は、コンパクトかつ軽量なBluetoothイヤホン。どちらかといえばヘッドセット寄りの製品だが、重さ約12gで最薄部約7.5mmというコンパクト設計ながら、イヤホン本体に電源ボタンをはじめ、ボリューム調整や曲送り/戻しのほか、通話用マイクも搭載。耳への装着感を高めた「3次元的フィット構造」を採用することにより、装着時の耳への負担も減らしている。

Bluetoothのバージョンは4.0。通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC。ドライバーユニットは、フルレンジのダイナミック型(径8mm)、再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。最大動作時間は、連続再生時約4.5時間、連続通話時約5時間、連続待受時120時間。内蔵バッテリーはリチウムポリマー充電池で、充電時間は約2時間。

ソフトバンクC&S「SB-WS31-SBCO/BK」(価格.com最安価格:3,780円)
低価格ながらイヤホンの差し替えもできるワイヤレスレシーバー

ソフトバンクC&S「SB-WS31-SBCO/BK」

ソフトバンクC&S「SB-WS31-SBCO/BK」

ソフトバンクのスマートフォン用アクセサリーを手がけている「SoftBank SELECTION」は、高コスパで人気を集めているブランドだ。そのラインアップのひとつである「SB-WS31-SBCO/BK」は、実勢価格が3,000円前後の低価格Bluetoothイヤホン。本体は、レシーバーとカナル型イヤホンの2つのパーツで構成されており、手持ちのイヤホンに差し替えて使うこともできる。そのほか、クリップ側にマイクを内蔵し通話ができるほか、iOSデバイス接続時には画面上にバッテリー残量を知らせてくれる。なお、AACには対応していないが、高音質かつ低遅延な「aptX」には対応している。

通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックは、SBC、aptX。付属イヤホンの性能は公開されていない。最大動作時間は、連続再生時約5時間、連続通話時約5時間、連続待受時160時間。内蔵バッテリーはリチウムポリマー充電池で、フル充電は約2時間。

入門からのステップアップに最適な10,000円以下のモデル

ソニー「MDR-EX31BN」(価格.com最安価格:7,898円)
周囲の騒音を最大98%カットするというノイズキャンセリング付き

ソニー「MDR-EX31BN」

ソニー「MDR-EX31BN」

価格.comの「ヘッドセット」カテゴリーで売れ筋ランキング3位(ブラックカラーモデル。2016年9月12日時点)に位置する、Bluetoothイヤホンの人気モデル。イヤホンとレシーバーの2つで構成されており、付属のマイク付きイヤホンを使用することで、周囲の騒音を最大98%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」が利用可能。3つのノイズキャンセリングモードを用意しており、環境に合わせて最適なノイズキャンセル量が自動で選択される「AI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」も搭載する。なお、イヤホンとレシーバーの接続は3.5mmステレオミニジャックとなるため、イヤホンの交換も可能だが、その場合はノイズキャンセリング機能が利用できなくなる。

Bluetoothのバージョンは3.0。通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC、AAC、aptX。ドライバーユニットはダイナミック型(口径13.5mm)、再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。最大動作時間は、連続再生時約10.5時間(NCオン時9時間)、連続通話時約7.5時間(NCオン時6.5時間)、連続待受時100時間(NCオン時30時間)。内蔵バッテリーはリチウムイオン充電池で、フル充電は約2.5時間。イヤホン部の重量は約34g。

ソフトバンクC&S「Smart Quiet SB-WS71-MRNC/GD」(価格.com最安価格:7,981円)
アクティブノイズキャンセリング搭載の低価格イヤホン

ソフトバンクC&S「Smart Quiet SB-WS71-MRNC/GD」

ソフトバンクC&S「Smart Quiet SB-WS71-MRNC/GD」

強力なノイズキャンセリング機能を備えたお手ごろなBluetoothイヤホン。一般的な製品のノイズ抑制量が−17〜−20dBAなのに対し、本製品ではさらに高い−25dBAを実現。たとえば、電車内のさわがしい環境(70dBA程度)なら、静かな公園(45dBA程度)で聴くのと同じレベルまで抑えることができるという。ノイズ集音用マイクはドライバーユニット近くに配置され、耳に近い騒音を中心的に打ち消すことで、キャンセリング効果を高めている。またスクエア状のレシーバーには、通話用のマイクのほか、ノイズキャンセリング機能のオン/オフ切り替えスイッチに加えて、曲送りやボリューム調整といったボタンをまとめて配置。裏面にはクリップを装備し、カバンのショルダーベルトなどに取り付け可能だ。手元で操作できるのでわかりやすい。

Bluetoothのバージョンは4.0。通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC、AAC、aptX。ドライバーユニットはダイナミック型(口径10mm)、再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。最大動作時間は、連続再生時約10.5時間(NCオン時9時間)、連続通話時約7.5時間(NCオン時6.5時間)、連続待受時100時間(NCオン時30時間)。内蔵バッテリーはリチウムポリマー充電池で、フル充電は約2.5時間。重量27g

Plantronics「BackBeat FIT」(価格.com最安価格:9,523円)
汗や湿気に強いネックバンド+耳掛け式のスポーツイヤホン

Plantronics「BackBeat FIT」

Plantronics「BackBeat FIT」

ヘッドセットのシェアではトップクラスのPlantronicsが販売する「BackBeat FIT」は、スポーツ向けのワイヤレスイヤホン。ネックバンド+耳掛け式でしっかりとした固定ができるうえ、汗や湿気にも強く、ジョギングなどの運動時でも快適に使えるモデルとなっている。またマイクを搭載しており、トレーニング中に電話の呼び出しがあっても、左右ハウジングに備えられたボタンにより、すぐに通話できるようになっているのも便利だ。使わないときは折りたたんで収納できるので、日常的にバックの中に入れておいてもかさばらない。

Bluetoothのバージョンは3.0。通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC、HQカスタム。ドライバーユニットはダイナミック型、再生周波数帯域は50Hz〜20kHz。最大動作時間は、連続再生時約8時間、連続通話時約6時間、連続待受時336時間。内蔵バッテリーはリチウムイオンポリマー充電池で、フル充電は約2時間。本体重量は24g。

10,000円以上の高価なBluetoothイヤホン

JBL「EVEREST 100」(価格.com最安価格:11,880円)
世界最小クラスという5.8mm径のダイナミック型ドライバーを搭載

JBL「EVEREST 100」

JBL「EVEREST 100」

「EVEREST 100」は、世界最小クラスの5.8mm径ドライバーを搭載したBluetoothイヤホン。本体重量16gという軽さながら新開発の小型ドライバーにより音質アップを図っており、とくに中高音域の高い解像度と、タイトで力強い低音の表現に力を入れている。また、S/M/Lの3サイズのイヤーチップに加えて、フィット感をさらに安定させるスタビライザーも付属。フックの付いた構造によって耳から抜けにくい。ケーブルにはマイク付きリモコンを備えたほか、独自の「エコーキャンセリング技術」を組み合わせることで、高品質なハンズフリー通話も行える。

Bluetoothのバージョンは4.1。通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC。ドライバーユニットはダイナミック型(口径5.8mm)、再生周波数帯域は10Hz〜22kHz。連続再生時時間は約8時間(フル充電は約3時間)。

フィリップス「TX2BT」(価格.com最安価格:14,430円)
仲間と音楽がシェアできる!13.5mmの大口径ドライバー搭載

フィリップス「TX2BT」

フィリップス「TX2BT」

「TX2BT」は、ワイヤレスイヤホンとしては比較的大きめなドライバーを搭載したカナル型のBluetoothイヤホン。駆動部に高出力のネオジウム磁石を設けた13.5mm径のドライバーユニットを採用し、低音の効いた豊かでダイナミックなサウンドを楽しめる。また、人間工学に基づいた「オーバルサウンドチューブ」デザインを採用しフィット感を高めているのもポイント。機能面では、簡単に音楽をシェアできる「MusicChain機能」を搭載。MusicChain対応機器同士でなら、1台のスマホで再生している楽曲を2人同時に楽しめる。そのほか、マイク付きリモコンをケーブルに備えており、楽曲の再生やトラックの送り・戻し、通話も可能だ。

Bluetoothのバージョンは4.1。通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC。ドライバーユニットはダイナミック型、再生周波数帯域は6Hz〜22kHz。最大動作時間は、連続再生時約5.5時間、連続通話時約6時間、連続待受時150時間。内蔵バッテリーはリチウムポリマー充電池で、フル充電は約2時間。本体重量は15.4g。

JayBird「X2 Bluetooth」(価格.com最安価格:18,800円)
専用イヤーチップ採用で密着感を高めたスポーツイヤホン

JayBird「X2 Bluetooth」

JayBird「X2 Bluetooth」

スポーツ向けイヤホンでおなじみJayBirdの「X2 Bluetooth」は、ワイヤレスのスポーツ向けイヤホン。独自のスポーツイヤークッションを使い、耳のくぼみにしっかりとフィットさせることで、ジョギングなどでも外れにくくした。くわえて専用設計のコンプライ製チップも同梱。耳の穴にピッタリと密着しながらも外の音も適度に聞こえるようにしている。高音質な音声コーデックAACやaptXには非対応だが、その代わりにBluetooth標準仕様の音声コーデック(SBC)に独自のカスタマイズを加えた「Shiftコーデック」を採用し、SBCと同じ使い勝手ながらより音質をアップさせている。そのほか、本体にはナノコーティングを施しており、防汗性能を備えている。

Bluetoothのバージョンは2.1。通信距離は最大10m。対応プロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。対応コーデックはShiftカスタムSBC。ドライバーユニットはダイナミック型、再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。最大動作時間は、連続再生時約8時間、連続待受時250時間。フル充電は2.5時間以下。重量は約13.8g。

EARIN「EARIN」(価格.com最安価格:26,659円)
世界最小クラスながらケーブルが一切ない完全ワイヤレスイヤホン

EARIN「EARIN」

EARIN「EARIN」

EARINは、世界最小クラスのBluetoothイヤホンで、ケーブルが一切ない完全ワイヤレスモデル。重量はわずか3.5gで、本体サイズ14.5mm(直径)×20mm(奥行)という極小ボディのなかに、BA型ドライバー、Bluetoothチップ、アンテナ、バッテリーといった必要なモノをすべて詰め込んだ。連続再生時間はステレオモード時で最大3時間と短めだが、専用のバッテリー内蔵収納ケースに入れておくことで、外出先でも再充電できる。このほか、無料の専用アプリを使って、バッテリー残量を確認できるほか、L/Rのバランス設定、ベースブーストなどの調整もできる。

Bluetoothのバージョンは4.0。通信距離は最大10m。対応コーデックは、SBC、AAC、aptX。ドライバーユニットはBA型、再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。最大連続再生時間は、ステレオモード時約3時間、モノラルモード時11時間。イヤホン本体の内蔵バッテリーはリチウムイオン充電池でフル充電は約70分。収納ケースは同じくリチウムイオン充電池でフル充電75分。本体重量は3.5g(カプセルは42g)。

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.6.26 更新
ページトップへ戻る