選び方・特集
各メーカーを代表する高性能モデルをピックアップ

ミラーレス用の大口径・標準レンズ5本をガチ比較!

比較2 屋外・静止物(絞り開放〜F4)

撮影状況・設定
状況:晴天日中。被写体までの距離(ピント位置)は約0.8m。MFを使用
絞り値:F1.2/F1.4〜F4
感度:ISO100
シャッタースピード(F1.4時):キヤノン1/5000秒、ニコン1/5000秒、ソニー1/3200秒、パナソニック1/3200秒、シグマ1/2500秒
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先、ウォーム)

F1.2

RF50mm F1.2 L USM(キヤノン)の撮影写真(F1.2)
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S(ニコン)の撮影写真(F1.2)

F1.4

RF50mm F1.2 L USM(キヤノン)の撮影写真(F1.4)
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S(ニコン)の撮影写真(F1.4)
Planar T* FE 50mm F1.4 ZA(ソニー)の撮影写真(F1.4)
LUMIX S PRO 50mm F1.4(パナソニック)の撮影写真(F1.4)
50mm F1.4 DG HSM(シグマ)の撮影写真(F1.4)

F2

F2.8

F4

レビュー
・オートホワイトバランス(ウォーム系)で撮影しており、全体的な色合いに大きな違いはないが、比べるとPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA+α7R IIIはややアンバー寄りになった。
・F1.4では、RF50mm F1.2 L USM+EOS R5とNIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7IIの玉ボケが大きい。F2以降では、RF50mm F1.2 L USM+EOS R5、NIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7II 、LUMIX S PRO 50mm F1.4+S1Rで玉ボケの大きさが変わらなくなる。
・Planar T* FE 50mm F1.4 ZA+α7R IIIはサムネイルの画像サイズで見ても玉ボケが小さい。
・全体的に光が回る明るい状況だったこともあって、周辺光量落ちはどのレンズもそれほど気にならない。

比較2の切り出し画像

F1.2 切り出し(1〜3)

F1.4 切り出し(1〜3)

F2 切り出し(1〜3)

F2.8 切り出し(1〜3)

F4 切り出し(1〜3)

レビュー
・開放付近でのピント位置の解像感が高いのは、RF50mm F1.2 L USM+EOS R5とLUMIX S PRO 50mm F1.4+S1R。
・ピント位置前後での色付きはLUMIX S PRO 50mm F1.4+S1Rが最も少ない。次いでNIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7II。Planar T* FE 50mm F1.4 ZA+α7R IIIと50mm F1.4 DG HSM+S1RはF2.8まで絞らないと色付きが解消しない。
・玉ボケの切り出し画像を見ると、やはりF1.4ではRF50mm F1.2 L USM+EOS R5とNIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7IIのボケ具合が大きい。F2以降ではLUMIX S PRO 50mm F1.4+S1RがRF50mm F1.2 L USM+EOS R5とNIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7IIと同じくらいの大きさの玉ボケとなる。
・NIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7IIはピント位置近くのボケの質感がほかの4本とは異なっている。ボケ始めの境界がとても滑らかで、立体感のある描写を生んでいる。

※次ページでは夜景作例を用いて描写性能をレポートします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る