選び方・特集
各メーカーを代表する高性能モデルをピックアップ

ミラーレス用の大口径・標準レンズ5本をガチ比較!

比較4 夜景(絞り開放〜F2.8)

撮影状況・設定
状況:晴天夜(日没約2時間)。被写体までの距離(ピント位置)は約250m(※ピントは写真左に位置する建物に合わせている)
絞り値:F1.2/F1.4〜F2.8
感度:ISO400
シャッタースピード(F1.4時):キヤノン1/30秒、ニコン1/25秒、ソニー1/20秒、パナソニック1/20秒、シグマ1/15秒
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先、ウォーム)

F1.4(※絞り値別の違いがわかりにくいため縮小画像はF1.4のみ掲載)

RF50mm F1.2 L USM(キヤノン)の撮影写真(F1.2)
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S(ニコン)の撮影写真(F1.2)

RF50mm F1.2 L USM(キヤノン)の撮影写真(F1.4)
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S(ニコン)の撮影写真(F1.4)
Planar T* FE 50mm F1.4 ZA(ソニー)の撮影写真(F1.4)
LUMIX S PRO 50mm F1.4(パナソニック)の撮影写真(F1.4)
50mm F1.4 DG HSM(シグマ)の撮影写真(F1.4)

切り出し位置(1〜3)を示すサムネイル

切り出し位置(1〜3)を示すサムネイル

F1.2 切り出し(1〜3)

F1.4 切り出し(1〜3)

F2 切り出し(1〜3)

F2.8 切り出し(1〜3)

レビュー
・周辺のコマ収差などをチェックするために撮影したものになるが、レンズによって違いが出た。
・F1.4ではRF50mm F1.2 L USM+EOS R5、NIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7II、50mm F1.4 DG HSM+S1Rの3本でコマ収差などが原因と思われる点光源の流れが見られる。Planar T* FE 50mm F1.4 ZA+α7R IIIとLUMIX S PRO 50mm F1.4+S1Rはそのあたりがよく抑えられている。
・F2ではNIKKOR Z 50mm f/1.2 S+Z 7IIの画質が一気に向上。周辺での像の流れはほとんどなくなり、5本の中で最も高い解像感が得られている。
・ピント位置の問題もあるのかもしれないが、RF50mm F1.2 L USM+EOS R5と50mm F1.4 DG HSM+S1Rについては、絞っても周辺部がなかなか改善されないのが気になるところ。RF50mm F1.2 L USM+EOS R5はF2でコマ収差はある程度解消されるものの、周辺の解像感はもうひとつ。
・50mm F1.4 DG HSM+S1Rはこのテストでは厳しい結果となった。F1.4では画像中央の光源付近に目立つフリンジが発生している。
・このテストでもPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA+α7R IIIのAF精度が気になった。ピント位置に大きなズレが発生することがあった。

※次ページでは人物作例を用いて描写性能をレポートします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る