特集
バイクに乗っていない時にも着られるおしゃれなモデルも紹介!

暑い季節こそバイク用ウェアを着るべし! 夏向けライディングウェアを推す理由


ライディングウェアといえば革のジャケットというイメージが強いが、夏にそんなものは着ていられない。気持ち的には半袖で乗りたいくらいだが、万一の事故や転倒に備え、プロテクション機能を備えた長袖のウェアを着用しておいたほうがいいのは間違いない。そこで、この特集では少しでも涼しくライディングできて、“バイクに乗っていない時に着ても違和感が少ない”おしゃれ度も高い夏向けバイクウェアを紹介しよう。

夏こそライディングウェアを着てほしい

バイク用のウェアにとってプロテクション機能は重要だが、夏向けモデルは通気性を最優先に作られている。一般的なジャケットは脱ぎ着して温度調整を行うが、バイク用は「ライディング中に着用する=常に着続ける」ことを前提に開発されているため、夏場に着るウェアはすぐれた風通し性能を備えていなければならないのだ。アウトドア用のウェアも、ウェア内の蒸気を外に逃がす透湿性が高いものが多いので、わざわざバイク専用ウェアを買わなくてもいいように思われるかもしれないが、通気性はライディングウェアより低い。もちろん、バイクに乗る際には欠かせないプロテクターも装備されていない。通気性がバツグンにいい長袖ウェアにプロテクション機能を備えたものは、バイク用以外にはないと言える。だから、暑い時期にこそ、快適性と安全性の両方を兼ね備えたライディングウェアを着たほうがいいのだ。

バイクにまたがった姿勢を想定して作られているので、前傾になっても背中がめくれることはない。肩まわりの可動性も高いので、ハンドルに手を伸ばした姿勢もとりやすいのがバイク専用ウェアの特徴だ

夏向けのウェアは、風通しのいいメッシュ素材をほかの生地と組み合わせているものが多い

夏向けのウェアは、風通しのいいメッシュ素材をほかの生地と組み合わせているものが多い

表地だけでなく裏地もメッシュとなっているものが大半なので、長袖でも通気性は最高にいい

表地だけでなく裏地もメッシュとなっているものが大半なので、長袖でも通気性は最高にいい

肘や肩などに転倒の際に衝撃を吸収してくれるプロテクターが装備されているモデルがほとんど。標準装備されていなくても、プロテクターを入れられるポケットは用意されている

夏向けモデルに標準装備されていることが多いメッシュタイプのプロテクター。全体がメッシュなので通気性はいいが、ガード力はそれなり

肘や肩などのプロテクターは交換可能。メッシュタイプでも、裏地のみをメッシュとしたものなどいろいろな種類があり、素材や厚みが異なる硬さが違うプロテクターがいくつかリリースされている。もちろん、ソフトタイプよりもハードタイプのほうがプロテクト性は高い。夏場はメッシュタイプを装着し、涼しくなったらハードタイプにするという使い方もアリだ

事故の際に深刻なダメージを負うことになりかねない背中にも、脊髄プロテクターが入ってるものが多い。標準装備されていなくても、別途購入して取り付けられるようになっているモデルもたくさんある

標準装備されていることは少ないが、胸部プロテクターも装着できるモデルが近年急増。写真はポケットに収める仕様だが、ベルクロやスナップで装着するものもある

夏向けモデルに限ったことではないが、近年は“いかにもバイク乗り”的なデザインでないバイク用ウェアが増えている。比較的タイトなシルエットであったり、フードを付けてカジュアルな感じにしていたりと、デザイン性が高い。それでいて、バイクに乗った時の体の動かしやすさや使いやすさ、風の抵抗を受けないようにするなどのバイクウェアとしての基本的な性能はしっかり備えられている。

ヘルメットをかぶるため、本来、フードは不要。しかし、フードがあるとカジュアルに見えるからか、近年はフード付きモデルが増加。もちろん、走行中に風でバタつくのを防げるように、着脱や固定できるようになっている

ポケットの形状などはモデルによって異なるが、おしゃれなデザインのウェアでもグローブを着けたままでも開閉できるようにファスナーには持ち手を延長するパーツが取り付けられている

タイトなシルエットのモデルは、袖のバタつきを抑えるベルトなどはないものが多い、袖口から風が入るの防げる調整機構は大半に装備されている

注目の夏向けライディングウェアをピックアップ!

今回ピックアップした製品の中には、“ライダージャケットっぽくない”とは言えないモデルもあるが、普通の街中で着ていても違和感はないものを集めてみた。細かい仕様に差はあるが、快適性と安全性はほぼ同等。自分好みのデザインのウェアを選んでいいだろう。なお、ここで紹介する製品は、すべて標準装備のプロテクターをオプションのものに変更でき、別売の胸部プロテクターも装着できるようになっている(一部、胸部プロテクターも標準装備されているものもある)。

クシタニ「FULL MESH PARKA JACKET K-2337」

レース用の革ツナギなどで定評のあるクシタニから選出した「FULL MESH PARKA JACKET」は、ツートンカラーでやや派手な気もするが、実際に見ると色に落ち着きがあり、派手派手しさは感じない。生地は表地も裏地もメッシュ素材で、肩、肘、背中のプロテクターも通気性に配慮したベンチレーションソフトプロテクターとなっている。フードも付いているが、バタつきを抑えるループも装備されているので問題なし。少し丈は長めだが、前身頃が前傾しやすい作りになっているのも◎。

【素材】表地:ポリエステル100%(メッシュ)、ナイロン100%(別布) 裏地:ポリエステル100%(メッシュ) フード裏:綿100% 【サイズ】M、L、LL、XL 【カラー】ブラック、ネイビー、レッド、オリーブ

クシタニ「FULL MESH JACKET K-2338」

シンプルなデザインが好みなら本製品のほうがいいかもしれない。素材やプロテクション機能は前述のモデルと同じ、だが、大人っぽい雰囲気に仕上がってる。単色に見えるデザインだが、同系色のスラブ調プリントを施し、生地に表情を持たせているのもポイントだ。肩の動かしやすさを重視し、肩部分に伸縮性の高い素材も採用しているほか、ラグラン袖となっているため、ややバイク乗りっぽい感じではあるが、背面に装備されたウエストベルトで腰まわりを絞れば、スリムなシルエットに。少しお腹まわりが気になっているライダーには、「FULL MESH JACKET」のような仕様のほうが、むしろありがたいかも!?

【素材】表地:ポリエステル100%(メッシュ)、ナイロン100%(別布)、ナイロン72%、ポリウレタン28%(ストレッチ部)、ポリエステル100%(内襟) 裏地:ポリエステル100%(メッシュ) 【サイズ】M、L、LL、XL 【カラー】シルバー、ネイビー、レッド、オリーブ
※右側にある写真はカラー違いのモデル。「FULL MESH JACKET」は前側もうしろ側も同一色

RS タイチ「エアー パーカ RSJ307」

アウトドアウェアのようなデザインだが、袖の内側や胸部、背面上部など広範囲にメッシュ素材が配置されているので通気性はいい。しかも、裏地のメッシュ素材は同社独自のライディング専用の機能を持つ「T-DRY」を採用しており、ムレを軽減するだけでなく、高い耐久性も備えている。レース用の革ツナギなども手がけるメーカーだけに、品質の信頼性は折り紙付きだ。ゆったりとしたサイズ感なので、きゅうくつな着心地が苦手な人にうってつけだろう。肩、肘、背中のプロテクターは標準装備で、フードは取り外しできる。

【素材】表地:ナイロン、ポリエステル 裏地:ポリエステル(T-DRY) 【サイズ】S、M、L、XL、XXL、3XL、WM、WL、WXL 【カラー】ブラック、デジタル カモ、フラッグ グレー、フラッグ グレー、エッシャー ネイビー、デルタ ピンク(WOMAN)、フラッグ ピンク(WOMAN)、デルタ イエロー

パワーエイジ「アーリーライダース PJ-9104」

少し丈が長めでスマートな印象のシングルライダースタイプの「アーリーライダース」は、メッシュ素材のテカりを抑え自然な風合いにしたり、襟や袖口といったチラリと見える部分にヒッコリー素材をあしらうなど、細かい部分のデザインにもこだわりが散りばめられている。それでいて、通気性は同社の2019年夏モデルの中でもっとも高いのだとか。タイトなシルエットながらストレッチ性も高く、速乾性も高いので動きやすさや着心地もいい。もちろん、肩、肘、背中には衝撃吸収性の高いソフト素材のプロテクターが標準装備されている。

【素材】ポリエステルメッシュ 【サイズ(メンズ/レディース)】M、L、XL、XXL/WM、WL 【カラー】ブラック、オリーブ、グレイッシュホワイト、ワインレッド
※メンズのXXLサイズはブラックのみ、レディースのカラーはブラックとグレイッシュホワイトのみ

パワーエイジ「イージーライドパーカー PJ-9103」

ここまで紹介してきたウェアに比べ、ライダーっぽさがもっともないのは本製品ではないだろうか。フードも付いており、まさに、普通に街中でパーカーといった感じだ。しかし、ライディングウェアを作り続けているパワーエイジらしく、バイクウェアとしての機能性も上々。高いストレッチ性を備える生地を立体断裁構造で仕上げることにより、前傾姿勢でもストレスが少ない。フードはバタつかないように固定でき、肩、肘、背中にはプロテクターを装備。裏地をなくし、徹底的に軽さを追求しているので、肌寒くなった季節には、ジャケットの下に着るインナープロテクターとして使える。

【素材】ポリエステルメッシュ 【サイズ(メンズ/レディース)】M、L、XL/WM、WL 【カラー】グレー、オリーブ、ダンガリー、インディゴブルー
※レディースのカラーはグレーのみ

デイトナ「Henlybegins メッシュパーカー HBJ-056」

高品質でコストパフォーマンスも高いバイクギアを展開しているデイトナらしく、本製品には肩、肘、背中だけでなく、胸部のプロテクターも標準装備されている。しかも、肩と肘のプロテクターはハードタイプ。この部分は転倒時に打ち付けやすいので、強度の高いプロテクターが採用されているのが魅力的だ。生地は軽くてソフトなので、軽快な着心地と安全性を備えたウェアがほしいなら、うってつけ。着脱タイプのフードは、バタつきが気になるようならバイクに乗る前に取り外しておけばいい。

【素材】表地:ポリエステル100%(TPUメンプレン) 裏地:ポリエステル100% 【サイズ】M、L、XL、2XL、3XL 【カラー】カモフラ、ブラック/シルバー、ブラック/レッド
※右側にある写真はカラー違いのモデル

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る