実際にライブとフェスで使ってみました

音楽を聴くとき用の“耳栓”がある!? 音質はそのままに耳を守ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽を聴くときに使う耳栓がある!?

筆者はよくライブを見に行くのですが、たまに、音が大き過ぎてつらい…ってときがあります。楽しめないくらいの大音量だったり、高音が痛かったり、会場や席によっていろいろありますよね。
そんなときにも気持ちよく聴けたらいいのになあ、と思ったときに見つけたのがこの耳栓でした。

音質は変えずに、音量だけを下げてくれる耳栓なんです

これは「Crescendo」の「イヤープロテクター」という耳栓で、音楽を愛する人を難聴や音響障害のリスクから守ってくれる製品。今回購入したのは、ライブやフェスなどで音楽を聴く一般の音楽ファン向けに作られた「Music(音楽用)」です。ほかにも、「Dance」「DJ」「Guitar」、果ては「Fly」「DIY」など、シーンに合わせたモデルが展開されていて、欧米ではミュージシャンを中心に愛用されているんだとか。

中には大小の耳栓とケースと説明書(英語のみ)

中には大小の耳栓とケースと説明書(英語のみ)

簡単にいえば、音質の変化を最小限にとどめつつデシベル(音量の単位)を下げることを目的に作られた耳栓というわけです!

その仕組みは、音楽用に開発されたフィルターにアリ

大きいほうのイヤーチップ(左)にフィルターが入っています

大きいほうのイヤーチップ(左)にフィルターが入っています

よく見てみると、大きいほうのイヤーチップにフィルターが入っています。これが普通の耳栓と音楽用の耳栓の一番の違いで、この特殊なサウンドフィルターが、音楽の音質はそのままに、音量を下げる働きをしているのです。イヤーチップはあくまで耳にフィットさせるためのものなので、フィルターを入れ忘れないようにしないと効果はありません。

フィルターは取り外し可能です

フィルターは取り外し可能です

取り付けも簡単

取り付けも簡単

説明書にあるように、指で押すと簡単にフィルターが取れました。
小さい錠剤みたいなパーツですね。イヤーチップがゴムなので取り付けも簡単。しかし、しっかり溝があるので簡単に外れてしまうということもなさそうです。

筆者は耳の穴のサイズが小さかったので、このフィルターを小さいイヤーチップに入れ直しました。

実際にライブハウスで装着してみました!

ちょうどライブに参加する予定があったので、このイヤープロテクターの効果を試してみたいと思います。

ケースに入れていざライブへ!

ケースに入れていざライブへ!

今回は100円均一で購入したスポンジタイプの耳栓も持って行って、聴き比べしてみます。

ライブハウスで使ってみます

ライブハウスで使ってみます

キャパシティー100人くらいのライブハウスで使用してみました。
この日のライブは、普通に聴くと「ちょっと高音が痛いかなぁ」くらいの音圧音量で、そのままでも大丈夫なのですが、長時間だとちょっと疲れてしまいそうな感じ。

まず100円均一のスポンジ耳栓をしてみます。

よくあるスポンジタイプの耳栓

よくあるスポンジタイプの耳栓

んー。単純に耳に指を突っ込んでふさいだような感じですね。
音量はもちろん小さくなりますが、音がこもってしまって聴きたい音が聴き取れない感じです。
なんのためにライブハウスにいるんだろう、って気持ちになります。

次は音楽用の耳栓を。

実際に着けてみました

実際に着けてみました

着けてみた感想は、スポンジタイプの耳栓より着けやすい! 耳のサイズは個人差があると思いますが、筆者は小さいほうがしっくりきました。色が白ということもあり、髪の毛などで隠れていないかぎり、着けていることがすぐにわかる感じですね。

着けたときの感じは100均の耳栓と同じく、こもった感じがするのですが、演奏が始まってビックリ!! しっかり歌や楽器が聴こえます!
ちょっと痛いなぁ、と思っていたギターの高音部分も気にならないですね。
音圧が感じづらいかと不安に思っていたのですが、ライブは視覚もありますからね。
十分ライブ感を楽しめました。

大音量の野外フェスでの使用感もチェック!

野外ライブフェスで使ってみます

野外ライブフェスで使ってみます

今度は野外フェスで使用してみました。
会場が大きいこともあり、近くで聴くとなかなかの音圧音量ですね。

100円均一のスポンジ耳栓だとやはり全体的に遮断されてしまい、すごくもったいない感じがしてしまいます。

そこで音楽用の耳栓を装着!
うん、しっかり聴こえます! さらに、ライブ中に友人に話しかけられたのですが、その声もしっかり聞こえることにビックリ。

その効果は想像以上! お仕事にもおすすめです

ということで、ライブハウス、そして野外フェスで使用してみましたが、さすが音楽用の耳栓! という印象。
まさに音質を変えずに、そのまま全体の音量を下げている感じでした。
フィルターで完全に遮音されているわけではないので、装着したままでも会話ができます。

ライブハウスや野外フェスでよく音楽を聴く方。特に長時間聴く方には、この「Crescendo Music 音楽用耳栓」本当におすすめです。楽器別やシーン別にさまざまなラインアップがあるので、お仕事で何かしらの音の大きい場所に行く必要がある方にとっても、難聴のリスク低下にかなり役立つと思いますよ。

イイモト・ノミイ

イイモト・ノミイ

フリーランスのライターです。価格.comで見つけた「いいモノ」を実際に購入し、使用した上でどんどんご紹介します。よろしくお願いいたします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.7.27 更新
ページトップへ戻る