コーヒー党の方必見!!

5秒で喫茶店。インスタントコーヒーはここまでおいしくなった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしすぎるインスタントコーヒー「INIC coffee」

コーヒー、お好きですか? 筆者は日中ほぼコーヒーしか飲まないほどのコーヒー党です。朝起きたら1杯、食後に1杯…打ち合わせが続くと1日10杯以上コーヒーを飲むことも。

そんな筆者が、このたび本格的でおいしいインスタントコーヒーを見つけたのでご紹介します。

こちらの「INIC coffee」です。

イラストがかわいらしいですね コーヒー1杯分ごとにパックされています

コーヒー1杯分ごとにパックされています

ドリップしたコーヒーを“霧状”にして乾燥させる特殊な製法

コーヒー豆はすべて厳選されたアラビカ種の豆100%を使用しているんだとか。そのコーヒー豆を最高な状態でドリップするため、温度や時間などを厳しく管理。最適な環境下で抽出されたコーヒーを霧状にし、瞬間的に乾燥して水分だけを取り除くという特殊な製法でパウダー状にしてパックしています。

この製法で作られた「プレミアム微顆粒パウダー」のきめ細かさは、ほかのインスタントコーヒーと比べると一目瞭然! 指で触るとご覧のとおり。まるで片栗粉のような細かさです(一気に庶民的な説明、失礼しました)。

1杯分をお皿に出してみます

1杯分をお皿に出してみます

粒の大きさを普通のインスタントコーヒーと比較してみました

粒の大きさを普通のインスタントコーヒーと比較してみました

非常に細かい顆粒状であることがわかるでしょうか

非常に細かい顆粒状であることがわかるでしょうか

本当に5秒で溶ける! 味はインスタントとは思えないほど

水分だけを取り除いてきめ細かな微顆粒状(パウダー)に仕上げられていることもあり、実際に飲むときはたとえ水であっても5秒で溶けます。

今回はお湯で検証。すぐにいい香りが立ち上ってきます

今回はお湯で検証。すぐにいい香りが立ち上ってきます

混ぜなくとも本当にすぐに溶けました

混ぜなくとも本当にすぐに溶けました

同じ条件でいれたほかのインスタントコーヒー。溶けません

同じ条件でいれたほかのインスタントコーヒー。溶けません

そして肝心の味。少々お高めな喫茶店で出される、ドリップされたコーヒーを飲む感覚に似ています。さらっとしていて、ほどよい酸味も飲んだ後に残りつつ、苦みは決してしつこくない。

申し訳ありません。あまり、いやまったく高級なお店に行かない庶民である筆者に、これ以上適切な説明表現が見つかりませんでした。筆者の中で一番しっくりきた表現としては「くどくないおいしさ」という言葉でしょうか。インスタントコーヒーにありがちなえぐみや雑味がないのが新鮮でした。ちなみに、着色料や香料、添加物はいっさい使われていません。

これまでのインスタントコーヒーでは味わえなかった味を、手間をかけることなく飲むことができるという点においては、かなりレベルの高い逸品だと思います。ちなみに、今回飲んだのは「スムースアロマ」という種類。ほかにも「モーニングアロマ」や「オーガニックアロマ」など、いくつかのラインアップがありますよ。

アイスクリームなどにかけて食べてもおいしい

今挙げたコーヒーのほかにも、抹茶バージョンやホットチョコレートバージョンもあることを発見した筆者(ほかにも種類はあるようです)。同じくパウダー状なので、お菓子作りにも活用できるのではないかと思い、アイスクリームにかけて食べてみました。

かわいい瓶に入ったチョコパウダー

かわいい瓶に入ったチョコパウダー

抹茶フレーバーです

抹茶フレーバーです

甘いだけではなく、それぞれちょうどいい苦みがあるので、甘めのアイスクリームにかけて食べてみたのですが、どちらもマッチします。

アイスと抹茶のコンボ最強

アイスと抹茶のコンボ最強

コーヒーをかけたアイスクリームは、いわゆるアフォガート的な味わいになりました。

アフォガート的な味わい

アフォガード的な味わい

最後はスイーツのお供としてのいただき方の紹介になってしまいましたが、コーヒーとして驚くほどおいしいので、もう今までのインスタントコーヒーは飲めなくなるかもしれませんよ。以上、5秒で溶けるのに本格的なコーヒーが味わえる「INICコーヒー」のご紹介でした。

びーいーぴー

びーいーぴー

おいしい食べ物、楽しく食事ができそうなものに興味あり。気になったら、値段や大きさ、ニオイは二の次。とりあえず調査。ときには体を張ったレポートも厭わない、アラフォー2児の父。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
こだわりの逸品最新記事
こだわりの逸品記事一覧
2017.10.17 更新
ページトップへ戻る