レビュー
シリーズ第4作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開間近!

「エヴァンゲリオンマンチョコ」大人買い開封レビュー! なんと全20種コンプリート

前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の公開から早7年ちょっと。ついに第4作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が、2020年6月27日公開される。そんなファン待望の新作公開を前に、ロッテ「ビックリマンチョコ」とコラボした「エヴァンゲリオンマンチョコ」が発売された。

セブン-イレブン先行販売中の「エヴァンゲリオンマンチョコ」。1個108円(税込)。写真は、30個入り

セブン-イレブン先行販売中の「エヴァンゲリオンマンチョコ」。1個108円(税込)。写真は、30個入り

今回の大人買い開封レビューは、「価格.comマガジン」では「ドラゴンボールマンチョコ」「機動戦士ガンダムマンチョコ」に続いて3回目。もう慣れたもんである。早速開封の儀に移りたい。

「裏切ったな! 僕の気持ちを裏切ったな! 父さんと同じに裏切ったんだ!」(碇シンジ)

まずは、個包装の外袋からチェック。実はこのときからちょっと嫌な予感はしていた……。きっかけは外袋にあった。

外袋は2種類を用意。「ネルフのワンコ君」こと碇(いかり)シンジバージョンと、「碇君と一緒にいるとポカポカする」ほうの綾波レイバージョン

そう、イラストが“ビックリマン”風にデフォルメされていないのだ。「ビックリマンチョコ」とのコラボと言えば、コラボしたコンテンツのキャラクターを「ビックリマン」のイラストレーターが「ビックリマン」風にデフォルメして描き下ろしたイラストをシールに採用するのがスタンダード。それが欲しくてファンはこぞって買うのだと思うが、外袋から見る限り、それは期待しないほうがよさそうだ。でも、もしかしたら両キャラクターがフュージョンした、たとえば「スーパー碇ゼウス」とか、「ヘッドシンジロココ」とかがシークレットで用意されているかもしれない。

気を取り直して、開封していこう!

「あら。希望的観測は人が生きていくための必需品よ?」(葛城ミサト)

「エヴァンゲリオンマンチョコ」のコレクターシールは全20種。ラインアップは、外袋の裏側で紹介されていた。

シールのイラストのラインアップ。「エヴァンゲリオン」のパイロットたち5人が各2枚、「エヴァンゲリオン」4機種、そして4種類の「使徒」がリストアップされている。……てかこれ、必要? 何が出てくるのかわからないのも「ビックリマンチョコ」の魅力なのに……。とはいえ、「シークレット」シールが2枚入っているのはうれしい。何が出てくるのか……胸が高鳴る!

1枚目

30個入りには、碇シンジバージョンと綾波レイバージョンが15個ずつ入っているので、中身の違いを見るため、交互に開けていった。まずは碇バージョンから。

キタ―――――! 初っぱなからパッケージと同じイラストのヒロインをピックアップ! やっぱりかわいいな、「綾波レイ」

シール裏側はこの通り。キャラクター説明半分、新作映画の宣伝半分!

シール裏側はこの通り。キャラクター説明半分、新作映画の宣伝半分!

2枚目

出だしは好調だ。次は綾波レイバージョンを開けよう。

「リリス」!

「リリス」!

「サードインパクト」のトリガーとも言われている「リリス」を引いた。え、リ、リリス? あれ、さっきのラインアップのリストに入ってたっけ……。入ってない! 「シークレット」やんけ! 「リリス」、「シークレット」やんけ! 2枚目で「シークレット」の「リリス」を引き当てたやんけ!

3枚目

興奮冷めやらぬなか、3枚目へ。

「僕は、エヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジです!」と、今にも叫び出しそうな第3新東京市立第壱中学校の生徒のひとりが出た。シール背景の後光がハンパない!

4枚目

綾波、リリス、碇シンジ。流れ、いいよ。すごくいいよ。さあ、来い、4枚目!

リリーース! 速攻、「シークレット」がダブった〜! こ、こんなことある? 世間はリリスであふれているの?

“ダブリリス”。もう、どんなインパクトが起きちゃうんだよ……

“ダブリリス”。もう、どんなインパクトが起きちゃうんだよ……

5枚目

“トリリリス”はイヤ!と念じながら5袋目を開けた。

エヴァンゲリオン2号機を操縦する“第2の少女”「式波・アスカ・ラングレー」

エヴァンゲリオン2号機を操縦する“第2の少女”「式波・アスカ・ラングレー」

キター!

綾波レイと人気の双璧をなすアスカ。彼女に「あんたバカァ?」と強めにののしられたい。

6枚目

謎の組織「ゼーレ」によって、月面で建造された“エヴァンゲリオン6号機”。渚カヲルが操縦する

謎の組織「ゼーレ」によって、月面で建造された“エヴァンゲリオン6号機”。渚カヲルが操縦する

7枚目

エヴァンゲリオン3号機を内部から侵食して憑依した使徒

エヴァンゲリオン3号機を内部から侵食して憑依した使徒

8枚目

制服バージョンの「綾波レイ」

制服バージョンの「綾波レイ」

ダブったと思ったら、1枚目のプラグスーツ版ではなく、制服バージョン。ということは、パイロット5人に用意される2パターンは、制服姿とプラグスーツ姿と予想できそうだ。

「綾波レイ」の2パターン。裏面の説明書きも内容が異なる

「綾波レイ」の2パターン。裏面の説明書きも内容が異なる

開封の儀も中盤にさしかかったころ、ついにアレを引き当てた。

16枚目

碇シンジが搭乗するEVA(エヴァ)。「ネルフ」が人類最後の希望として開発した、対使徒迎撃用の汎用ヒト型決戦兵器だ

さすが初号機。これだけグッと寄ったアングルで特別感が醸し出されている。……と思っていたら、25枚目に衝撃の事実が発覚する。

25枚目

また「エヴァンゲリオン初号機」……

また「エヴァンゲリオン初号機」……

あれ? ほかのエヴァンゲリオンと同じく、ヒザから上を写したイラストだ。となると、こちらが通常版で、さっきのアップの初号機は「シークレット」ということ? 失礼だが、アレが? 「シークレット」2枚がそろったのはうれしいが、なんだか複雑な気分……。

「奇跡ってのは、起こしてこそ初めて、価値が出るものよ」(赤木リツコ)

いろいろとあったが、何とか全30袋の開封を終えた。その結果は以下の通り。

左が碇シンジバージョンで、右が綾波レイバージョン

左が碇シンジバージョンで、右が綾波レイバージョン

「碇シンジ(制服版)」や「第4使徒」がどちらのバージョンからも出ているので、パッケージの違いは封入シールに影響しないようだ。「シークレット」はすべて碇シンジバージョンから出ているが、これはおそらく偶然だろう。

裏面にはナンバリングが振られているのだが、ダブリを抜いてその順番に並べてみた。

左上がNo.1の「碇シンジ」で、右下がNo.20(シークレット)の「エヴァンゲリオン初号機」

左上がNo.1の「碇シンジ」で、右下がNo.20(シークレット)の「エヴァンゲリオン初号機」

な、なんと、30袋で全20種類をコンプリートできていた!

以前開封した「ドラゴンボールマンチョコ」と「機動戦士ガンダムマンチョコ」は1〜5枚足りずに惜しくも全部そろわなかったので、これはうれしい! 「ヨッシャー!」

ちなみに今までの結果を並べてみると、
●「ドラゴンボールマンチョコZ」30個入り→21種類/全24種類
●「ドラゴンボールマンチョコ超」30個入り→23種類/全24種類
●「機動戦士ガンダムマンチョコ 地球連邦軍」30個入り→19種類/全24種類
●「機動戦士ガンダムマンチョコ ジオン公国軍」30個入り→23種類/全24種類
●「エヴァンゲリオンマンチョコ」30個入り→20種類/全20種類

そもそもほかのシリーズは、シールが全24種類だったので全20種類の「エヴァンゲリオンマンチョコ」よりコンプリートが難しいわけだが、一応初のコンプリートとなった。

5人のパイロットの2パターンを並べると、なんかいい感じ

5人のパイロットの2パターンを並べると、なんかいい感じ

【まとめ】「大人はさ、ズルイぐらいがちょうどいいんだ」(加持リョウジ)

結局、「ビックリマンチョコ」とのコラボとは言え、「スーパーゼウス」や「ヘッドロココ」とコラボしたシールは1枚も用意されていなかった。これなら、「ビックリマンチョコ」でなくてもいいのではと思ったが、コラボチョコ制作側はアニメそのままのイラストのほうがファンがよろこぶと判断したのかもしれない。ま、裏面の半分が新作映画の広告だから、宣伝に「ビックリマンチョコ」をただ使っただけ感は否めない。

もうひとつ不満を言えば、採用されたキャラクターが少な過ぎる。「葛城ミサト」「赤木リツコ」「碇ゲンドウ」「加持リョウジ」「冬月コウゾウ」など、“大人のキャラクター”はどこへいったのだろう。あと、「シークレット」は「リリス」もいいけど、そこは「ペンペン」と「AAA (トリプルエー)ヴンダー」でしょう! 誰が「初号機」のどアップシールでよろこぶねん!!と、いろいろとファンのひとりとしての不満はあるが、全シールがホログラム仕様でキラキラだし、新作映画公開前に、過去作のちょっとしたおさらいとして集めれば、気分が上がることは間違いない。

次回“コラボビックリマン”を作るとしたら、もう少し「サービス、サービス♪」してほしいものだ。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る