47都道府県! ご当地カップ麺だけで全国制覇(鳥取編)

“住みたい田舎No.1”鳥取には、クセになるソウルフード「牛骨ラーメン」がある!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ご当地ラーメンお試し隊」が全国のご当地ラーメンを収集し、その味を確かめながら、47都道府県制覇を目指す本連載も残すところ、あと7県。今回は、鳥取のご当地ラーメンに注目し、「大山どりだしらーめん」(出雲たかはし)と「牛骨ラーメン」(サンパック)の2つを取り上げます!

全国制覇まで、あと7県。今回は、鳥取のご当地ラーメンに注目!(写真は牛骨ラーメン)

全国制覇まで、あと7県。今回は、鳥取のご当地ラーメンに注目!(写真は牛骨ラーメン)

“住みたい田舎No.1”のご当地ラーメンとは?

鳥取といえば、らくだに乗れる日本最大級の砂丘「鳥取砂丘」が有名。大山(だいせん)隠岐国立公園をはじめ、4つの国立、国定公園がある観光県としても知られています。

そのほか、テレビCMでおなじみのベタ踏み坂「江島大橋」や、神話「因幡の白うさぎ」の舞台「白兎神社」、名探偵コナンの作者として知られる青山剛昌氏の資料館「青山剛昌ふるさと館」や、水木しげる氏が描く妖怪をテーマとした観光名所「水木しげるロード」など、ユニークな名所も。

ちなみに、県庁所在地である鳥取市は、田舎暮らし月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の「2017年版 第5回日本『住みたい田舎』ベストランキング」の総合部門で1位を獲得しており、観光客のみならず、移住したい人にとっても魅力的な町となっているようです。

そんな鳥取で見つけご当地ラーメンをご紹介。まずは、「大山どりだしらーめん」(出雲たかはし)から作っていきましょう。

出雲たかはしから発売されている「大山どりだしらーめん」を作っていきます!

出雲たかはしから発売されている「大山どりだしらーめん」を作っていきます!

透明なスープはさっぱりした塩味。飲んでいて飽きることがありません

透明なスープはさっぱりした塩味。飲んでいて飽きることがありません

麺はモチモチとした食感。スープとよく絡む縮れ麺です

麺はモチモチとした食感。スープとよく絡む縮れ麺です

「大山どりだしらーめん」は、地鶏「大山どり(だいせんどり)」を使った塩スープが絶品。比較的オーソドックスな味ですが、ダシが効いていて、最後まで飽きることなく飲み干せました。透明感が高くコシが強い麺との相性もよく、美味しくいただくことができます。

今回、具材にはチャーシューやゆで卵、ほうれん草などをチョイスしましたが、白髪ネギやアスパラなどとの相性も良さそう。クセがないスープなので、さまざまな具材とのアレンジを楽しむことができそうです。どこか懐かしい雰囲気もあります。

鳥取のソウルフード「牛骨ラーメン」

次に紹介するのが、サンパックの「牛骨ラーメン」。牛骨ラーメンは、鳥取では半世紀以上の歴史があるソウルフードで、ご当地グルメとしても知られています。牛骨ラーメンを食べて育ったという、鳥取出身者の方も多いのでは。それでは、そんな牛骨ラーメンを作っていきましょう!

サンパックの「牛骨ラーメン」。スープは、じっくり煮込んだストレートタイプです

サンパックの「牛骨ラーメン」。スープは、じっくり煮込んだストレートタイプ

スープの色は、やや黒ずんだ印象です

別に用意した具材を入れて「牛骨ラーメン」が完成! スープの色は、やや黒ずんだ印象です

牛骨ラーメンは、やや“牛の臭み”がしました。もしかすると、好き嫌いがわかれるところかもしれません

牛骨ラーメンは、やや“牛の臭み”がしました。もしかすると、好き嫌いがわかれるところかもしれません

牛脂の香ばしさと甘みがあるスープは、牛骨ならではの濃厚な味わい。筆者はたいへん好きでしたが、“牛の臭み”があるので、好き嫌いがわかれるかもしれません。しかし飲んでみると、スルスルと喉を通っていき、飲んだ後の後味もよく、スープの余韻をしばらく楽しめました。

麺は、スープとよく絡む縮れ麺を採用。生麺なので、プリプリの食感が楽しめます。硬さはゆで時間で調整できるので、お好みの硬さに仕上げるといいでしょう。ちなみに東京でも、この牛骨ラーメンを食べられるお店が増えてきているので、ぜひ食べ比べてみたいですね。

(おまけ)思わず、“パッケージ買い”したくなるお土産

写真左から「目玉おやじリンゴゼリー」と「ネギマンラーメン」

写真左から「目玉おやじリンゴゼリー」と「ネギマンラーメン」

今回のおまけは、目玉のおやじをモチーフにした「目玉おやじリンゴゼリー」(ニューエスト)と、ネギをモチーフにしたキャラクターを描いた「ネギマンラーメン」(DARAZ)の2つ。ユニークな製品で、思わず“パッケージ買い”してしまいました。このほかにも、鳥取のお土産店には、キャラクターをモチーフにした商品が並んでいたので、もしかすると、国内でも類を見ないキャラクター王国なのかもしれませんね。

連載41回目は鳥取! 47都道府県制覇まで、もう間もなく!

連載41回目は鳥取! 47都道府県制覇まで、もう間もなく!

オフィスマイカ

オフィスマイカ

編集プロダクション。「美味しいもの」と「小さいもの」が大好物。 好奇心の赴くまま、良いモノを求めてどこまでも!(ただし、国内限定)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.8.17 更新
ページトップへ戻る