ボドゲ「街コロ」は合コンにも使える? 経済観念もわかる!?

犬山紙子さんとインスタ美女による優雅な「ボドゲ女子会」レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月28日、東京・JELLY JELLY CAFE 渋谷店にて、イラストエッセイ「負け美女」が人気のエッセイスト、犬山紙子さん司会進行による「ボドゲ女子会」が開催されました。会場では、普段はモデルとして活躍しているという4人の美女が集まり、ボードゲーム「街コロ」をプレイ。4人とも、ボドゲは初心者なのだそうです。
「理系じゃないとできない」「ルールが多いし複雑でめんどくさい」「なんか地味」などのイメージを持たれがちなボードゲームですが、今回は、「合コンでボドゲってどう?」など、ガールズトークをはさみながら、ワインを片手にオシャレなゲームプレイが繰り広げられました。

「ボドゲ女子会」に参加した美女のみなさん。左から、井村亜里香さん 、唯可さん得あゆさん畑有里紗さん

犬山さんの司会のもと、「ボドゲ女子会」が始まりました。ほとんどが、「ボードゲームは初めて」という美女たち。普段どういったゲームを? と犬山さんが質問すると、「オセロとか将棋とか、先を読むゲームが好き!」「トランプめっちゃ好き!」「スマホアプリとかでゲームやるけどすぐ飽きちゃう」とのこと。

犬山さん(写真左)が司会進行役を務めました

犬山さん(写真左)が司会進行役を務めました

「街コロ」とは、サイコロを振ってコインを集め、農場や駅、ショッピングモールといった施設カードをコインで買い集めるカードゲーム。プレイヤーたちは「麦畑」と「パン屋」だけの小さな街を持っている状態からスタートします。自分の街を発展させていき、「駅」「ショッピングモール」「遊園地」「電波塔」の4つのランドマークを先に完成させたプレイヤーが勝利するというルールです。ドイツ年間ゲーム大賞2015にもノミネートされた、ボドゲ界では有名で人気のあるゲームです。

初めの数ターンでは、初対面ということもあってか、みなさん「麦畑」や「牧場」のカードで地道にコインを集めていましたが、ゲームが進んでいくにつれ、自分だけが得するカードを買って着実にコインを貯める方や、他人からコインを積極的に奪っていく方など、だんだん個性が出てくるのがおもしろいです。選ぶカードによって、「わたしは他人をおとしめるような勝ち方はしたくない」「とかいって、嘘だったりして(笑)」とウラを読みあったり、コインやカードを奪われると「まさか、他人の男も取るタイプ!?」とからかったり。ボードゲームは、やっていくうちに、プレイヤーの性格が透けて見えるようでおもしろいです。

コインで買うことができる「施設カード」。施設カードの種類によって、「銀行からコインをもらう」「プレイヤー全員からコインをもらう」などコインの入手方法が書かれています。どんな組み合わせでカードを集めるかが、勝利のポイントになります

ゲームの初期段階では、全プレイヤーのランドマーク(施設カード)は伏せられ、「建設中」となっています。決められた枚数のコインを集めると、カードを表にし、ランドマークを手に入れることができるようになります

他プレイヤーからコインを積極的に奪っていく畑さんに対し、「もしかして、他人の男を奪うタイプだったの!?」と驚いたり

ゲームの終盤では、4人が次々と「あと1枚で上がり」という、全員リーチの状況に。真剣にサイコロを振り、美女たちが出目に一喜一憂していました。結果、1位になったのは畑さん、そのほかのみなさんは2位でした。

4人とも、ゲームが進むにつれ、他プレイヤーからコインをもらえる「カフェ」カードやランドマークの「駅」カードも手に入れて、ゲームは盛り上がってきました

どんな状況でも攻撃の姿勢を崩さない得さんに対して「カイジみたい」という声も。「ギャンブルってこういうことなのかって思った。負けた分取り返さなきゃ気がすまないもん」と得さん。でもボードゲームはお金をかけない遊びなので、大丈夫です!

他プレイヤーのカードを交換したりと、「街コロ」らしい盛り上がり。「(交換するカード)は『チーズ工場』にします」と、得さんのカードを指差す唯可さん。「チーズ工場」でコインを稼いでいた得さんはがっかり顔です

結果、1位になったのは畑さんでした。得さん、唯可さん、井村さんは2位です

結果、1位になったのは畑さんでした。得さん、唯可さん、井村さんは2位です

1位の畑さんのカード(今回、時間の関係のため「電波塔」は手に入れなくてもオッケーということになりました)

「街コロ」はサイコロの出目で結果が決まる運の要素が強いゲームです。初心者にもやさしいルールで、さまざまな年代・レベルの方がいっしょに遊びやすいようになっています。「合コンで『街コロ』やるのってどうでしょう?」との犬山さんからの質問には、一同「アリだと思う!」。「男女2人ペアでプレイするのも、仲良くなれそう! 地味な男性のほうが、ボドゲ頑張ってくれそうだし」「ハズレの合コンでも、『街コロ』があればその場は楽しめますし」「普通の合コンよりも、中身を知れそう」「相手の気持ち考える人かなとか、器用な人なのかなとか」「経済観念もわかるかも?」「堅実派とか、ギャンブル派とか」などなど、美女と犬山さんの5人は盛り上がっていました。

最後に犬山さんが4人に感想を聞いたところ、「これから寒くなってホームパーティーをよくするようになるので、女子会とか、鍋を囲みながら楽しみたい」と井村さん

1位になった畑さんは、「順位がころころ変わるし、4位かと思ったら急に1位になれたりするのがおもしろい!」とコメント

「わたしも初めからもっと攻撃的なカードを買っておいたほうがよかったかも!」「友情にヒビは入ってないけど、『街コロ』の中ではまじムカつく! って思う(笑)」と、本気で悔しそうな唯可さんと畑さん

ゲームが終わると、「またやりたい!」とみなさん口々におっしゃっていました。「勝っても負けても、もう1回やりたくなってしまう。これがボードゲームの魔力」と犬山さん。結局、誰のワインも全然減らず、みなさん予想以上に「街コロ」に熱中していたようです

「街コロ」はボードゲームのほかに、iOS/Android対応の「街コロ」をモチーフにした全く新しい無料スマートフォンアプリ「街コロマッチ!」が配信されています。1人でもコンピューターと対戦できるほか、身近な友達と対戦したり、全国のプレイヤーと遊ぶことも可能です

なお、今回使用したボードゲーム「街コロ」は、「街コロ+(プラス)」や「街コロ#(シャープ)」などの拡張キットも用意されていますので、興味をもたれた方は、いろいろ調べてみてはいかがですか?

価格.comでAndroidアプリ情報「街コロマッチ! 」を調べる

堤 智代(編集部)

堤 智代(編集部)

ホビーやおもちゃを中心にレビュー記事を担当しています。ラジコンやプラモデル、フィギュアを取り上げることが多いですが、それら以外でも楽しそうな製品を紹介していきたいと思います!

製品 価格.com最安価格 備考
街コロ 2,945 ボドゲ
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
イベントレポート最新記事
イベントレポート記事一覧
2017.4.29 更新
ページトップへ戻る