選び方・特集
人気お笑いコンビ、宮下草薙の宮下兼史鷹さんにインタビュー!

宮下草薙・宮下さんイチオシ! ソロプレイも楽しい「ボードゲーム」《前編》

「お笑い第7世代」の一角として人気沸騰中のお笑いコンビ「宮下草薙」の宮下兼史鷹(けんしょう)さんは、実はボードゲームマニア。先日、TV番組「ヒルナンデス」にリモート出演した際、画面に映った自宅にあるボードゲームがマニアックだと話題に。本稿では、そんな宮下さんに海外ボードゲームの話を中心にインタビュー! ボードゲームとの出会いなどをじっくりと聞いた。

聞き手は、「ボードゲーム王選手権2018」優勝者の筆者、河上拓。

※緊急事態宣言下だったため、写真の一部は本人が撮影

相方・草薙さんもハマったゲームが登場する【後編】はこちら!
宮下草薙・宮下さんイチオシ! ソロプレイも楽しい「ボードゲーム」《後編》

【PROFILE】
宮下兼史鷹(みやした・けんしょう)さん
1990年11月16日生まれ、群馬県出身。相方、草薙航基さんとお笑いコンビ「宮下草薙」として活動中。「お笑い第7世代」として注目を浴び、多くのメディアに出演中だ。春のシーズンレギュラーとして出演中の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系列)で「アグリコラ 日本語版」(旧版)を紹介して話題となった

初めて買ったボードゲーム「カルカソンヌ」に感動!

河上 ボードゲームを遊び始めたのは何歳の頃ですか?

宮下 小さい頃からおばあちゃんに教わって、「UNO」とか花札とか将棋で弟と一緒によく遊んでいました。海外産のボードゲームで遊び始めたのは18歳ぐらいからですね。

河上 何かきっかけがあったんですか?

宮下 家族と一緒にボードゲームで遊びたいなーっと思ってインターネットで調べていたら、「カルカソンヌ」を見つけたんです。まだ製品名に「J」が付いていない頃のドイツ語版に、日本語訳の説明書が付いたバージョンを買ってきて、弟と一緒に遊びました。そしたら(海外ボードゲームって)こんなに楽しいんだ!と思って。

「カルカソンヌ」は、多くのゲーム賞を受賞したタイル配置ゲームの金字塔と言われる名作。現在、日本の建造物タイル「観光」が入った日本版「カルカソンヌJ」(写真)が発売中

宮下 今まで遊んできたボードゲームとは違う!って感動して、そこから「ディクシット」とか人気のゲームにも手を出していきました。ルールがイチから作られていて独創的なものが多いので、説明書をじっくりと読まなきゃ遊べないんですけど、苦労してやってみるとどれも面白くて。年々、遊ぶゲームが時間のかかるものになっていって、最近は「ガイアプロジェクト」とかじっくりと遊ぶ重量級ゲームに行き着いた感じですね。

「テラミスティカ:ガイアプロジェクト 日本語版」は、世界中に熱狂的なファンを持つストラテジーゲーム「テラミスティカ」のシステムをベースにした派生作。宇宙を舞台に、技術の発展や入植などを行い、惑星の勢力を争う

おばあちゃんのイレギュラーなプレイが面白い

河上 そういった長時間ゲームは、友達と遊ぶことが多いんですか?

宮下 いや、基本は家族とですね。弟と2人プレイが中心です。あとたまに、おばあちゃんがまざったりします。実家に母親と母方の両親、あと弟が暮らしていて。最近まで僕も実家暮らしだったからよく一緒に遊んでいました。今も実家に帰ったら、みんなでボードゲームで遊ぶのが定番になっています。緊急事態宣言が出てからは帰れてないんですけど……。

河上 家族みんなで遊ぶ時は、どういったゲームで遊ぶんですか?

宮下 さすがに長時間ゲームはおばあちゃんには難しいので、「カルカソンヌ」とか「ディクシット」でよく遊んでいます。おばあちゃんは、ちょっとイレギュラーなプレイをするんで面白いんですよね。たとえば「ディクシット」って、回答者のうち何人かの人にだけ伝わるような絶妙なお題を出さないといけないゲームなんですけど、おばあちゃんの場合、カードに鍵のイラストが描いてあったらそのまま「鍵!」とか、見たまんま言っちゃったりして(笑)。

「ディクシット 日本語版」は、2010年に「ドイツ年間ゲーム大賞」を受賞し、世界中に“コミュニケーション・ボードゲーム”のブームを巻き起こした人気作

カードに描かれた抽象的なイラストを見て、思い浮かんだ言葉を他プレイヤーに伝えるゲーム。語り部(親)は、正解のカードを全員に当てられる、もしくは誰にも当てられないと失点となるため、数名にのみ伝わるお題を考えて出していく

「Spirit Island」をソロプレイ

河上 ゲームカフェに行ったりはしないんですか?

宮下 僕、人見知りなんで行ったことがなくて。TVゲームはオンラインで遊ぶんですけどね。家族以外だと、相方の草薙と遊ぶか、ひとりプレイですね。

河上 ソロプレイでよく遊ばれているんですか?

宮下 好きですね。というか、最近はほぼソロプレイしかやっていないですね。緊急事態宣言が出てからは、しばらく仕事がなかったりして、その間はずっと「ガイアプロジェクト」のソロプレイばかりやってました。

宮下さんが「テラミスティカ:ガイアプロジェクト 日本語版」をソロプレイしている時の写真。NPCを相手に戦う

河上 ソロプレイでも、ゲームの面白さはあまり変わらないものなんですか?

宮下 敵がNPC(ノンプレイヤーキャラクター)として自動で動く「オートマ」ってシステムがめちゃめちゃよくできていて、建物もランダムで建ててくるし、こっちの思惑どおりにさせないように動くので、対人戦にはないソロならではの面白さがあるんです。

あと最近のお気に入りは、「Spirit Island(スピリットアイランド)」。日本語版が出てないから海外版を買って、有志によって公開されている和訳シールを貼って日本語化しました。

「Spirit Island」は、米国を中心に海外で高評価を得ている協力ゲーム。プレイヤーは精霊となり、島にやってくる入植者の人間と戦う

河上 和訳されたデータがWebで公開されているんですよね。でも、たくさんあるカードにすべて和訳シールを貼るのは大変ですよね……。

宮下 めちゃめちゃ時間がかかりました! その分、愛着がわいてずっと遊んでいます。協力ゲームだから、ひとりでもほぼそのままのルールで遊べるっていうのがすばらしい点なんじゃないかな。ソロプレイでこんなに面白かったのは、「FUSE」以来っていうぐらい最近のお気に入りですね。

宮下さんがシールを貼って日本語化したコンポーネント

宮下さんがシールを貼って日本語化したコンポーネント

「FUSE」は、宮下さんのYouTube公式チャンネル「宮下兼史鷹のBTGMチャンネル」でも紹介されている、爆弾解除がテーマの協力ゲーム。ディアシュピールから日本語版が発売予定

ソロプレイもできるのは、まさに僕好み

河上 最近発売された新作で、オススメはありますか?

宮下 新作はあまり遊べていないですけど、「ボルカルス」が面白かったですね。怪獣映画を再現したようなゲームで、プレイヤーが怪獣と人間に分かれて、怪獣の侵略を人間側が協力して阻止する。このコンセプトだけでもピンと来る人にはたまらないというか。

河上 国内の人気ゲームデザイナーが手がける連作シリーズの第1弾ということで、ゲームのシステムもよくできてますよね。

「ボルカルス」は、連作ボードゲームプロジェクト「Kaiju on the Earth」シリーズの第1弾。海外でも評価が高い「I was game」の上杉真人氏がゲームデザインを手がけた非対称対戦ゲームだ

宮下 日本産のボードゲームって、軽めのコミュニケーションゲームが多かったりするんですけど、「ボルカルス」は日本も本気を出したらここまでできるんだぞ!っていうのを見せてくれたっていうか。「キング・オブ・トーキョー」シリーズとか、海外でも怪獣テーマのゲームはあるんですけど、「ボルカルス」は日本の怪獣映画の雰囲気がより強くて、そういうのが好きな人にはたまらないんじゃないかと思います。

あと、今いちばん遊んでみたいのは「イーオンズ・エンド」。協力ゲームなんですが、ソロプレイも可能っていうのは、まさに僕好みなので気になっています。やっぱりひとりで遊べるのは大事なポイントですね。

「イーオンズ・エンド 完全日本語版」は、デッキ構築型の協力ゲーム。ソロプレイの評価も高い

「イーオンズ・エンド 完全日本語版」は、デッキ構築型の協力ゲーム。ソロプレイの評価も高い

新ネタの漫才をやる前日は、遊ぶならボードゲーム

河上 宮下さんはTVゲームでも遊ぶそうですが、ボードゲームでもソロプレイを楽しむっていうのは、ボードゲームならではの魅力があるってことですか?

宮下 TVゲームも大好きなんですけど、プレイしていて疲れるってことはほとんどないんです。だけど、ボードゲームに関しては、ものすごく脳が疲れるんですよ。

河上 確かに、重量級ゲームをプレイしていると、「今、脳の普段使わない部分を使ってる!」って思うことはよくありますね。

宮下 そうなんです。考え過ぎて脳みそがめちゃめちゃ疲弊するんです。けど、やっぱその分、「やった感」が出るというか。

河上 ボードゲームもソロプレイの場合は、行動パターンに沿って動くNPCと戦うから、TVゲームとやっていることは変わんないんですけどね。

宮下 手を動かして実際にコマやカードに触れているっていうのも大きい気がします。ゲームに勝てた時の達成感が僕の中で倍ぐらい違うんですよ。脳が疲れた分、僕は生きてる!って思えるというか(笑)。あと個人的な話になっちゃいますけど、TV番組で漫才の新ネタをやるっていう日の前日に、TVゲームをやっていた場合と、ボードゲームをやっていた場合って、セリフの出方が違うんです。前日に脳みそを使っているか使っていないかが顕著にそこで出てくる。ボードゲームをやった場合のほうが、すんなりいくんです。

河上 ウォーミングアップになっているんですかね。

宮下 だから、新ネタの漫才をやる前日にどうしてもゲームで遊びたくなったら、TVゲームじゃなくて、ボードゲームを選ぶようにしています。

-----
相方・草薙さんもハマったゲームが登場する【後編】はこちら!
宮下草薙・宮下さんイチオシ! ソロプレイも楽しい「ボードゲーム」《後編》

河上拓

河上拓

「日経エンタテインメント!」から「月刊ムー」まで、エンタメやホビーを中心に幅広く活躍するマルチライター。トランスフォーマーなどの変形玩具、海外ボードゲームに詳しい。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る