いいモノ調査隊

虹色の炎がゆらめく!幻想的で癒されるキャンドル

キャンドルの炎のゆらめきを眺めていると、心が落ち着きませんか。筆者は、大好きなお風呂に入るときはいつも、アロマオイルの香りとキャンドルの炎の揺らぎで身体も心も癒しております。先日さらに身体と心を癒してくれそうな、素敵なキャンドルを発見いたしました。「レインボーキャンドル」、文字通り虹色の炎がゆらめくキャンドルとのこと。さらなる癒しを求めて、早速購入してみました。

ネットで購入したのですが、きれいに飾りがついた状態で届きました。そのままプレゼントしてもよさそうです

ネットで購入したのですが、きれいに飾りがついた状態で届きました。そのままプレゼントしてもよさそうです

中はこんな感じのキャンドルになっています。上部の金属部分が約5分間、虹色に燃焼します

中はこんな感じのキャンドルになっています。上部の金属部分が約5分間、虹色に燃焼します

筆者が購入した「レインボーキャンドル」は、虹色に燃焼する金属部分と通常のキャンドルとして燃焼する部分の2箇所からなります。まずは、上部に火をつけると、約5分間虹色の炎が楽しめます。その後、火種が下にすべり落ちて通常のキャンドルに点火する仕組みになっています。下部はいわゆるティーライトキャンドルで、燃焼時間は約2時間です。

虹色に燃焼する仕組みは、金属の炎色反応。炎色反応とは、炎の中に入れた金属が、種類によって特有の色を示す反応のことをいいます。虹の七色を示す金属をうまく配合し、一定の分量を連続してきれいに燃焼させることで、幻想的な炎を実現しています。

実物よりも色が混ざり合って見えますが、色の違いはお分かりいただけると思います

実物よりも色が混ざり合って見えますが、色の違いはお分かりいただけると思います

虹色にゆらめく炎は、いつもの炎にまして美しく、とても心を和ませてくれます。筆者は、5分間燃焼する「レインボーキャンドル」を購入しましたが、より長く虹色の炎を楽しみたい方には、15分用や30分用もあるので(15分用と30分用は専用の燭台が必要になります)、購入を検討されてはいかがでしょうか。

自分で使ってもうれしいですし、友人にプレゼントしても喜ばれそうです。また、結婚式のキャンドルサービス用に使ってもいいかもしれませんね。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る