買ったばかりで冷えてない…でも大丈夫です

アウトドアに最適! ビールやワインを“急冷・保冷”する逸品

このエントリーをはてなブックマークに追加

うっかり冷やし忘れてた…そんなときに!

ビールやジュースなど冷たい飲み物が欠かせないこれからの季節。特に灼熱(しゃくねつ)の屋外から帰ってきたり、お風呂上りなどに飲んだりする、キンキンに冷えたドリンクは最高ですね! そんなわけでこれからの季節は、冷蔵庫にいつでも飲み物を冷やしておきたいところですが、うっかり冷やし忘れたり、消費量に追いつかず、途中でストックがなくなってしまったりして、お楽しみが途中で途絶えてしまうという残念なことも起こり得ます。そこで、そんなときでも心強い味方となるのが今回ご紹介する商品です。

長方形の箱型で、側面に回し手が付いた本体。コンパクトで場所も取らず、アウトドアに持っていくのにも◎

長方形の箱型で、側面に回し手が付いた本体。コンパクトで場所も取らず、アウトドアに持っていくのにも◎

幅22.5cm、高さ13.7cm、奥行き12cmほどの小脇に抱えたり、両手で軽く持てたりするプラスチックのケースなのですが、中にドリンク缶を入れて、氷をセットし、サイドのハンドルを1〜2分グルグル回すことで、ドリンクを急冷させることができるというシロモノ。

フタを開けて、中に缶や氷をセットして使用します

フタを開けて、中に缶や氷をセットして使用します

しかし、「たった1〜2分で!? ホンマかいな〜」と筆者もなかば半信半疑で説明書のとおりに試してみました。すると、常温保存していたドリンクが2分足らずで冷え冷えになっていました!

中に250mlの細めの缶と、上から大きめの氷を5個セットしてフタをしました

中に250mlの細めの缶と、上から大きめの氷を5個セットしてフタをしました

あとはグルグルとひたすら2分程度ノブを回して、中の缶を回転させます

あとはグルグルとひたすら2分程度ノブを回して、中の缶を回転させます

回転させた缶を取り出します。缶を持っただけでもヒヤっとします。氷は溶けきるまで使うことができ、もちろん継ぎ足せば、次々に缶を冷やせます

氷があれば、常温からでもすぐキンキン

うっかり冷やし忘れたときはもちろんですが、持ち歩きにも適したサイズなので、アウトドアにも最適。氷さえ用意できれば、常温状態のドリンクを飲む直前に急冷させることができます。氷は溶けきるまで使用できるので、使いまわすことができ、氷が残っているかぎりは何本も冷やすことが可能です。

中の温度を測ってみたところ、常温状態の22度から7度まで冷えていました。ビールであれば飲みごろとされる温度帯。缶を回転させた効果なのか、ビールの場合は単に冷蔵庫で冷やした状態よりも泡がよりクリーミーになっている気がしました

使用可能な缶のサイズは250、350、500mlのオーソドックスなタイプはもちろん、450、490mlのボトル缶や190、250gの小型の缶にも対応します。気のせいかもしれませんが、ビールは冷蔵庫で冷やしたものよりもこちらの商品で急冷したほうがおいしいように感じています。生活になくてはならないものではありませんが、あると大助かりなアイテムです。

ワインなど“ビン”入りの飲み物にはコレ!

しかし、この「回すだけですばやく急冷! クール・クール KG-2012」は、前述のとおりあくまで缶用。構造上、ビンなどペットボトルには対応していません。そこでボトルの急冷には「ラピッドアイス」という商品を活用。保冷剤の一種のようなもので、冷凍庫で凍らせた後、ボトルにそのまま巻き付けることで冷やすことができます。説明書によると、使用前に−20度以下の冷凍庫で6時間以上保存した場合で、5〜20分ほど巻き付ければ冷やすことができるとのこと。そこで実際にどの程度まで冷やすことができるか試してみました。

ボトルの冷却用の「ラピッドアイス」。アームバンドのようにボトルの上からかぶせて使います

ボトルの冷却用の「ラピッドアイス」。アームバンドのようにボトルの上からかぶせて使います

−20度以下の冷凍庫で6時間以上冷やして使います

−20度以下の冷凍庫で6時間以上冷やして使います

外側はポリエチレン樹脂製。内側の冷却ジェルでボトルを包み込んで冷やします

外側はポリエチレン樹脂製。内側の冷却ジェルでボトルを包み込んで冷やします

この日の室温は24度ほど。常温状態のボトルの中のワインは24.5度でほぼ室温と同じでした。そして「ラピッドアイス」を巻き付けた後、5分後には20.5度まで下がっていました。しかし白ワインの最適な飲みごろ温度は10度前後。まだまだ冷やせたとはいえません。10分後に再び測ってみると18.5℃になりました。その後は10分おきに温度をチェックしましたが、それ以上は下がりませんでした。つまり、最初の状態から6℃まで下げることができたということになります。ちなみに温度はそれ以上下がらなかったものの、2時間以上は18.5度をキープしていました。室温にもよるとは思いますが、そこから考えると「ラピッドアイス」のほうは急冷させるというよりも温度を維持しておくのに向いているかもしれません。

ボトルの上からすっぽりかぶせて使います

ボトルの上からすっぽりかぶせて使います

使用前のワインの温度は24.5度でした

使用前のワインの温度は24.5度でした

最高18.5度にまで下がりました。その後も2時間以上は温度を維持

最高18.5度にまで下がりました。その後も2時間以上は温度を維持

ちなみに、本製品は約7〜8cm程度の直径のボトルに対応。ワイン以外にも瓶ビールにも使用可能です。冷蔵庫で冷やしておいた瓶ビールやゴムなどで周囲をとめれば缶ビールを栓で抜いた後でも卓上で冷たいままキープしておくのにもよさそうです。もちろん、再び冷凍庫で冷やせば繰り返し使えてエコですね。

瓶のタイプのビールにも。330mlだと少々すき間が開いてしまいますが、ゴムなどで押さえれば密着させられます

◆こちらの記事もおすすめ
⇒ BBQをもっと楽しく快適に! 持っていきたい便利グッズ29(ニク)選

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いいモノ調査隊最新記事
いいモノ調査隊記事一覧
2017.12.16 更新
ページトップへ戻る