選び方・特集

《2022年》シャワーヘッドおすすめ12選。美容・節水も期待できる人気製品に交換しよう!

住まいに初めから設置されているシャワーヘッドは、これまで、劣化や故障により買い替えるケースが大半でした。ところが最近は、高機能な製品が続々と発売され、浴び心地や洗浄力、節水率などの点で、自分の望む条件に合った製品に買い替えるケースが増えています。最新のシャワーヘッドは、バランス釜などの交換できないタイプの水栓を除けば、好みのものに手軽に交換でき、バスタイムをより快適なものにしてくれます。そこで今回は、これまで100本以上のシャワーヘッドを試してきた専門家が、製品の選び方を紹介。実際に使ってみての評価もお伝えします。

<監修>:眠りとお風呂の専門家、公認心理師、SleepLIVE株式会社代表 小林麻利子氏
「美は自律神経を整えることから」をテーマに、科学的根拠のある最新データや研究から、睡眠に課題を抱える方へ睡眠や入浴をはじめとしたマンツーマン指導を行う。実践的な指導が人気を集め、3000人以上の悩みを解決。多くの書籍を出版し、テレビや雑誌、Webなどのメディアでも活躍中。睡眠研究所の立ち上げや、講師育成などにも力を入れている。
日本国内では数少ない、お風呂の専門家としても著名。各種メディアへの情報発信のほか、テレビドラマのお風呂監修なども務める。お気に入りのシャワーヘッドは、アラミック「節水シャワープロ・プレミアム ナノバブル」。微細なバブルを大量に発生させるので、化粧落としや洗顔に便利で、止水スイッチと水流切り替えボタンの位置が近く操作がしやすいなど、「気持ちがよくて扱いやすい」とのこと。

シャワーヘッドの機能とチェックポイントを専門家が解説

ここ数年、清潔志向の高まりや、「おうち時間」を充実させたいというニーズにともない、高機能なシャワーヘッドが人気を集めています。微細なミストや肌当たりのいいシャワー水流を発生させることができるものもあります。特に、高価格帯の製品には複数の機能が搭載されていることも多いので、まず各機能についてチェックポイントを見ていきましょう。

ミスト ―― 頭皮や毛穴汚れを除去したい人は注目

最近の高機能なシャワーヘッドを代表する機能が、微細な気泡を含むミスト水流です。この気泡は、直径が1〜100μmのマイクロサイズのバブル(ファインバブル)や、直径が1μm未満のナノサイズのバブル(ウルトラファインバブル)で、いずれもマイナスの電子を帯びています。これに対して、一般的な人の毛穴の直径は100〜300μm、毛髪は80μm程度。人の毛穴や毛髪より微細なバブルは、毛穴の奥に入り込んで、プラスの電子を帯びた皮脂汚れなどを浮かせて取り除く効果があるとされています。また、マイクロ・ナノサイズのバブルは、直径1μm未満の大きさでは目視ができませんが、1〜100μmの大きさだと、お風呂に張ったお湯の中に入れた場合、気泡が広がって白濁し、なめらかなシルキーバスとしても楽しむこともできます。

元々シャワーの水流は、洗顔や化粧落としで顔に直接かけると、肌にダメージを与える可能性があり、美容に気を遣う人にとってはあまり好ましくありませんでした。ところが、マイクロ・ナノサイズのバブルをシャワー水流に含め、ミストシャワー状にすることで、シャワーを顔に直接かけてもダメージを抑えられ、人気を集めるようになりました。

「人気のミストシャワーでも、すべての肌当たりがやさしく刺激が少ないわけではありません。もし顔に直接かけてみて刺激を感じるようであれば、一度手ですくってから顔を洗い流すようにしましょう。ミストシャワーは保水力も通常のシャワーより高くなるといわれているので、美容に気を遣う人にはおすすめです」(小林氏)

水流 ―― 毎日使うものだから、浴び心地が好みのものを選びたい

シャワーを毎日浴びる人は多いですが、シャワーやバスタイムで最も多いのが就寝前でしょう。それだけに、シャワーは浴び心地がやさしく、寝つきを妨げないもののほうが望ましいといえます。最近のトレンドとして、やさしく心地よい浴び心地のシャワーヘッドが好まれる傾向にあります。シャワーヘッドの水流は、大きく分けると、気泡を含んだやわらかいミスト水流と、体の各部分を洗いやすいストレート水流、さらに、圧力の強いジェットバス水流に分かれます。

「ミスト水流やストレート水流は、水流のやさしさや広さ、水圧が製品によってかなり異なるので、よく比較すると、より好みの水流のものが選べます。ただし、量販店の店頭でもシャワーヘッドをデモンストレーションしなくなった最近は、この見定めがとても難しいといえます。そこで、これまで100本以上のシャワーヘッドを検証して浴び心地をテストしてきた結果を基に、解説していきます」(小林氏)

止水・水流切り替え ―― こまめに洗うなら片手で操作できるのが理想

一時止水の操作ができるシャワーヘッドなら、手元で素早く水流をストップできるので、効率的な節水が図れます。実際に、止水ボタンを使用したところ、節水効果が高まったという調査報告もあるほどです。また、水流切り替えスイッチを使えば、体の部分ごとに異なる水圧や水流で洗うことができるため、より効果的に洗えて、結果的に節水効果を高められることもあります。

「止水ボタンや水流切り替えスイッチは、片手で操作できるかどうかもポイント。止水したり、水流を切り替えたりする場合に、いちいち両手を使っていると、操作がおっくうになることも。また、それぞれのスイッチが付いていても、グリップが太すぎたりすると、女性の小さな手では操作がしにくいこともあります」(小林氏)

塩素除去 ―― 肌のダメージを軽減したい人は重視。原水と切り替えられると便利

浄水機能は、シャワーヘッド本体に内蔵された浄水カートリッジが、水道水の塩素を一定程度除去するものです。日本の水道水は、病原菌を破壊する塩素が比較的高濃度で使用されているため、安全性が高いと言われていますが、人の皮膚や髪の毛にはタンパク質が含まれており、高濃度の塩素はタンパク質を破壊してしまいます。浄水シャワーヘッドでは、この水道水の塩素を除去することで、肌へのダメージを軽減する効果があるとされています。

「浄水機能を維持するには定期的な浄水カートリッジの交換が必要ですが、シャワーヘッド本体に原水と塩素除去水を切り替えるスイッチが付いているものなら、風呂の掃除をする場合は原水を使うなどして、浄水カートリッジの交換寿命を延ばすことができます。塩素除去機能は、単体の機能として備えているシャワーヘッドもありますが、マイクロ・ナノサイズのバブルを発生させるシャワーヘッドに付いていることもあります」(小林氏)

節水 ―― 節水目的だけなら、なるべく本体価格が安く水圧の強いものを

シャワーヘッドの節水効果は、いまやあたりまえの機能となりました。散水板の穴を狭めてシャワーの水圧を増圧させることで、同じ水量でもしっかりと汚れを取り除き、節水効果を高めます。これは、ホースの先端をつまんで水圧を高めるのと同じ仕組み。また、微細なバブルを発生させる時に空気を混ぜ合わせることでも節水になるので、マイクロ・ナノサイズのバブルを発生させるシャワーヘッドには、高い節水効果を備えたものもあります。

「節水率の目安は、節水機能に特化したシンプルで低価格なシャワーヘッドで35%以上、マイクロ・ナノバブルを発生させるシャワーヘッドで50%以上がひとつの目安といえるでしょう。マイクロ・ナノサイズのバブルを発生させるシャワーヘッドの中には、70%を超えるものもありますが、節水率が高いと一度に出る水量が少なくなるので、浴び心地が物足りなく感じられることも」(小林氏)

目的別、シャワーヘッドの選び方とおすすめ12選

シャワーヘッドにはさまざまな機能があり、製品の価格帯も2,000円程度から3万円程度までと幅広くなっています。高価になればなるほど、複数の機能を兼ね備えた製品が多くなります。ただし、多機能だからいいというわけではありません。シャワーヘッドの使用目的を決め、それに適した機能を備えた製品を選ぶのがいいでしょう。そこでここでは、目的別に、どの機能を重視すればいいかを提案。シャワーヘッドカテゴリーにおける価格.comの人気ランキングも基に製品を選定し、さまざまな検証を行い、小林氏と編集部の協力により、製品を評価しました。

美容に気を遣う人におすすめのシャワーヘッド5選

毛穴の汚れをしっかり取り除いたり、肌の保湿力を高めたりしたい人には、マイクロ・ナノサイズのバブルを発生させるシャワーヘッドがおすすめ。汚れをしっかり取り除いて、保温・保湿効果が期待できるとされています。顔にシャワーの水流を当てて洗顔をしても、肌にダメージを与えにくいので安心です。ただ、人によっては肌の若干の痛みを感じたりすることもあります。

マイトレックス「HIHO FINE BUBBLE+(ヒホウファインバブル プラス) 」
包み込まれるようなミスト水流が気持ちいい。ストレート水流も繊細でやわらか

1ml当たり最大約5億3,000万個のマイクロ・ナノサイズのバブルを含む、やわらかいミスト水流が楽しめる高性能モデル。特に、温度をほとんど下げずにミスト水流を発生させるため、心地のよいバスタイムが楽しめます。水流切り替えは3段階で、ストレート水流で素早く洗うことも可能。

【基本スペック】
ミスト:マイクロ・ナノサイズ、止水ボタン:なし、水流切り替え:3段階、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:ノーリツ・リンナイ・LIXIL(INAX)の一部機種を除いて可、付属のアダプターで取付け可能なメーカー:KVK、MYM、ガスター、本体重量:約280g
【編集部の評価】
汚れ落ち:5/水流のやさしさ:5/広がり:4/水圧:4/使い勝手:2/総合:4.0
【小林氏のコメント】
「ミスト水流とシャワー水流は、肌をなでられるような気持ちのいい水流です。水流が広範囲に広がり、包み込まれるような心地よさで、肌当たりのやわらかさはNo.1といってもいいでしょう。ハンドル部分はホースに向かって細くなっているので、持った時の安定感はしっかり。ストレート水流も十分な水圧です。ただ、ハンドル上部にある回転式スイッチのトルクがやや強く、片手で操作するのは難しいでしょう」

※掲載の製品内容は、2022年8月1日以降発売予定の新製品のものとなります。また、価格.com比較ページへのリンクは現行型番のものとなります。

MTG「リファ ファインバブルS RS-AF15A」
所有欲を満たすデザインと高い機能性で支持される定番モデル

直径約0.15〜45μmまでの気泡を最大約6,800万個発生させ、豊富なミストが楽しめる人気モデル。毛穴の奥に詰まった汚れまで洗い流せるほか、お湯を入れた浴槽にマイクロバブルを満たすことで、白濁したシルキーバスも楽しめます。水流切り替えは4段階に対応し、通常のミリサイズのバブルと、水圧が2段階のマイクロ・ナノサイズのバブルなどに切り替えることができます。

【基本スペック】
ミスト:マイクロ・ナノ・ミリサイズ、節水率:最大約40%、止水ボタン:なし、水流切り替え:4段階、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:TOTO・LIXIL(INAX)など(ノーリツ、リンナイ、LIXIL(INAX)の一部で取り付け不可)、付属アダプター:KVK・MYM・ガスター用、本体重量:約340g
【編集部の評価】
汚れ落ち:4/水流のやさしさ:3/水流の広がり:4/水圧:4/使い勝手:3/総合:3.6
【小林氏のコメント】
「適度にやわらかい水流で、包み込まれるような浴び心地がいいですね。水流をモチーフにしたデザインのボディも高級感があっていいです。グリップは左右非対称の形状ですが、左右どちらの手で持っても親指が引っかかりやすく、すべりにくくなっています。多機能な4段階の水流切り替えボタンはしっかりとしたクリック感があり、操作ミスを防げますね」

水生活製作所「バブリージョワー JS222-N」
大量のマイクロ・ナノバブルを発生。高水圧で塩素除去もできる

ミスト水流では、マイクロ・ナノサイズのバブルを1cc当たり最大約1億7,000個発生させ、塩素除去機能も搭載。薬剤を用いない膜ろ過方式の長寿命カートリッジを採用し、ろ材を通っても水圧が低下しにくいように工夫されています。

【基本スペック】
ミスト:マイクロ・ナノサイズ、止水ボタン:なし、水流切り替え:なし、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:MizSEI・TOTO・SANEI・LIXIL(INAX)・KAKUDAI・TBC・ミズタニ、付属のアダプターで取り付け可能なメーカー:KVK・MYM、本体重量:約300g
【編集部の評価】
汚れ落ち:3/水流のやさしさ:4.5/水流の広がり:3/水圧:4/使い勝手:3/総合:3.5
【小林氏のコメント】
「やわらかい水流としっかりとした水流を組み合わせているので、さまざまな人が心地よさを感じやすいでしょう。活性炭を用いた自然由来のろ材が肌にやさしく、安心して使えます。ただ、ハンドル部分が太いので、ミストとシャワーの水流切り替え時は、シャワーヘッドを持つ手と反対の手を使うことが必要です」

コイズミ「ウルトラファインバブルシャワーヘッド Salon Sense300 KBE2030S」
広範囲のミストで汚れをやさしく落とす。機能性も必要十分

1ml当たり約6,100万個のマイクロ・ナノサイズのバブルを発生。散水板の面積が広めで、広がりのあるミスト水流が出るようになっています。ストレートとミスト水流の2段階の水流切り替えレバーと、止水ボタンを備えており、機能性にもすぐれています。

【基本スペック】
ミスト:マイクロ・ナノサイズ、節水効果:約30%、止水ボタン:あり、水流切り替え:2段階、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:SANEI・TOTO・LIXIL(INAX)バランス釜以外・KAKUDAI・TBC・YUKO・ミズタニの一部製品・MYMの一部製品、付属アダプター:KVK・MYM用、本体重量:約250g
【編集部の評価】
汚れ落ち:4/水流のやさしさ:3/水流の広がり:4/水圧:4/使い勝手:3/総合:3.4
【小林氏のコメント】
「ミスト水流の範囲が広く、中央部に多くの水流が集まるため、汚れを洗い落としやすいです。水流切り替えレバーは、両手で操作することになります。グリップのカーブが深く、持ちやすいので、取り回しはよかったです」

SANEI「ミストシャワーヘッド mitos PS3063-81XA-CMP」
“人肌温度”でやさしく汚れを洗い落とすミスト水流が人気

1ml当たり約6100万個のマイクロ・ナノサイズのバブルを発生し、手洗いよりもやさしく汚れを落とすという、やわらかい水流が特徴。微細なミストが毛穴の奥まで入り込み、メイクや汚れなどをしっかりやさしく洗い流してくれます。メーカーによれば、水温42℃に設定すると、人肌の温度に近くて洗顔に適した36.5℃のミスト水流を発生するとのことです。

【基本スペック】
ミスト:マイクロ・ナノサイズ、節水効果:約30%、止水ボタン:なし、水流切り替え:2段階、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:SANEI・TOTO・LIXIL(INAX)バランス釜以外・KAKUDAI・TBC・YUKO・ミズタニ・ノーリツ・大阪ガスの一部製品・MYMの一部製品、付属アダプター:KVK・MYM・ガスター・LIXIL(INAX)バランス釜以外・リンナイの一部製品用、本体重量:約248g
【編集部の評価】
汚れ落ち:4/水流のやさしさ:4/水流の広がり:2/水圧:3/使い勝手:3/総合3.2
【小林氏のコメント】
「やわらかい水流が広範囲に広がるので、包み込まれるような浴び心地です。水流切り替えスイッチは片手で操作できますが、ヘッドの表面が滑りやすいので、もう少し安定感があるとさらにいいと思います」

やさしい水流でリラックスしたい人におすすめのシャワーヘッド3選

シャワーは、就寝前など、リラックスタイムに浴びることが多いもの。一日の疲れをいやし、気分転換を図ることが重要です。あまり刺激の強すぎるシャワーだと、寝つきが悪くなることもあるので、水流がやさしく、それでいて物足りなさを感じないような水圧のものがいいでしょう。一般的に、散水板の穴が小さく、一本一本の水流が細いものは肌当たりがやさしくなります。水が入ってきた穴の大きさと出ていく穴の大きさに差がつくように吐水口を設計することで、水流のやさしさが異なる水流が一度に出るようになっている製品もあります。

アラミック「節水シャワープロ・プレミアム ナノバブル」
なめらかな肌当たりとしっかりとした水圧を両立

穴の総数が239個という精密に加工された散水板から、1ml当たり1億9,000万個のナノサイズのバブルを含んだ水流を発生。なめらかな肌当たりとしっかりした水圧を両立させた水流が楽しめます。ソフト水流とハード水流の2段階の切り替えに対応し、止水ボタンも使用できます。

【基本スペック】
ミスト:マイクロ・ナノサイズ、節水率:最大約70%、止水ボタン:あり、水流切り替え:2段階、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:TOTO・LIXIL(INAX)・SANEI・KAKUDAI・GROHE・他海外製品、付属アダプター:MYM・KVK・ノーリツ・リンナイ・他社ガス機器用、本体重量:約170g
【編集部の評価】
汚れ落ち:3.5/水流のやさしさ:3.5/水流の広がり:4/水圧:4/使い勝手:4/総合3.8
【小林氏のコメント】
「水流切り替えと止水スイッチの距離が近く、女性の小さな手でも片手で操作ができるようになっています。中央部に水流が多く集まり、頭皮に当てた時に水流が気持ちいいです。グリップの中央部にふくらみがあり、前面に滑り止め加工が施されているので、しっかりと握りやすいのもポイントです」(小林氏)

三菱ケミカル・クリンスイ「WATERCOUTURE(ウォータークチュール) WS301-WT 浄水シャワー」
丸みを帯びたやわらかいデザインのボディがおしゃれ。浄水機能付き

散水板の296個の穴からミスト水流を発生。塩素除去機能も備えているので、肌の汚れをやさしく洗い流せます。著名なプロダクトデザイナー柴田文江氏がデザインした、丸みを帯びたやわらかいデザインも特徴。止水ボタンを備えるなど、操作性にもすぐれています。

【基本スペック】
ミスト:マイクロ・ナノサイズ、節水率:最大約38%、止水ボタン:あり、水流切り替え:なし、カートリッジ寿命:約1か月、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:TOTO・LIXIL(INAX)・KAKUDAI・GROHE、付属アダプター:MYM・KVK・SANEI用、本体重量:約212g
【編集部の評価】
汚れ落ち:3/水流のやさしさ:3/水流の広がり:4/水圧:4/使い勝手:4/総合3.6
【小林氏のコメント】
「水流はやさしく、広がりも十分。グリップの中央部にふくらみがあるのでしっかりと握れますが、女性の小さな手には少し太めな気もしました」

タカギ「シャワーヘッド キモチイイ浄水シャワピタ 止水ボタン付き JSB222」
水流が弱まらない浄水カートリッジを搭載。ランニングコストもお得

交換寿命約2か月で、たっぷり使える塩素除去カートリッジを備えた節水シャワーヘッド。やわらかい浄水なので、シャワーでリラックスしたい人にピッタリ。最大約34%の節水効果があり、止水ボタンも付いているので、エコに使えます。

【基本スペック】
ミスト:ミリサイズ、節水率:最大約34%、止水ボタン:あり、水流切り替え:なし、カートリッジ寿命:約2か月、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:タカギ・TOTO・LIXIL(INAX、一部製品を除く)、付属アダプター:KAKUDAI・KVK・MYM・SANEI用、本体重量:約178g
【編集部の評価】
汚れ落ち:2/水流のやさしさ:3.5/水流の広がり:3/水圧:4/使い勝手:3/総合3.3
【小林氏のコメント】
「水流はやわらかくて気持ちがいいです。塩素除去機能をオンにしても水流が弱まらないのがいいですね。グリップにカーブがあり、握りやすいので安定感がありました」

勢いのある水流でスッキリ洗いたい人におすすめのシャワーヘッド2選

もちろん、やや刺激のある水流で頭皮をスカッと爽快に洗いたいという人も多くいることでしょう。そんな人には、洗浄力が強く、水流の勢いが強いシャワーヘッドがおすすめ。また、脇の下など体の各部分をこまめに洗うため、水流切り替えボタンが操作しやすいと、よりいいでしょう。

田中金属製作所「ボリーナ リザイア TK-7150」
極微細なミストを発生させ、最大約50%の節水率を実現

早くからマイクロ・ナノサイズのバブルを発生するシャワーヘッドを開発してきた同社による特許技術「μ-Jet(ミュージェット)」方式により、ナノサイズのバブルを発生。節水率も最大約50%と高く、水道代を気にせずに、体の隅々まできれいに洗えます。また、シャワー後の保湿効果やシルキーバスの温浴効果も高めています。

【基本スペック】
ミスト:ナノサイズ、節水率:最大約50%、止水ボタン:あり、水流切り替え:なし、取り付けネジサイズ:G1/G2
【編集部の評価】
汚れ落ち:3/水流のやさしさ:3.5/広がり:4/水圧:4/使い勝手:4/総合:3.7
【小林氏のコメント】
「水流切り替えのできないシンプルなモデルですが、老舗メーカーらしく、やわらかい浴び心地のミストと節水率の高さは秀逸。グリップに凹凸加工が施してあるので、しっかり握れて取り回しがよく、止水スイッチのストロークが短く、軽い力で操作ができるのもいいですね。使い勝手はNo.1といってもいいでしょう」

オーラテック「ピュアブル2」
約120gの小型・軽量ボディで取り回しがいい。水流の広がりも十分

ナノサイズのバブルより大きな、マイクロサイズのバブルを発生させるため、ストレートな水流で肌や頭皮の洗浄がしやすくなっています。最大約40%の節水効果が期待できるなど、バランスのいい仕様。重量が約120gと軽量で取り回しがいいのもポイントです。

【基本スペック】
ミスト:マイクロサイズ、節水率:最大約40%、止水ボタン:なし、水流切り替え:なし、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:TOTO、LIXIL(INAX)、タカギ、SANEI、KAKUDAI、付属アダプター:MYM・KVK・ガスター用、本体重量:約120g
【編集部の評価】
汚れ落ち:4/水流のやさしさ:2/水流の広がり:3/水圧:4/使い勝手:4/総合3.4
【小林氏のコメント】
「今回検証に用いたシャワーヘッドの中で最軽量となり、グリップもしっかりと握れるので、取り回しのよさが光りました。気泡をマイクロバブルにしているのもポイント。散水板の面積が狭いわりに水流の広がりは十分で、肌へのダメージを抑えながら、しっかりとした水流で体を洗いたい人におすすめです」

とにかく節水したい人におすすめのシャワーヘッド2選

いまや多くのシャワーヘッドで節水機能はあたりまえとなりましたが、節水機能が高いからといって、水圧が弱いものを選ぶと、浴び心地が物足りなくなることも。単に節水率だけでなく、水圧の高さとのバランスが大切です。また、シャワーヘッドの本体価格についてもあらかじめ目安を立てましょう。そもそもの目的はコストダウンなので、節水ができても、シャワーヘッド自体の価格が高いものだとあまり意味がない場合もあります。また、止水ボタンを備えた製品だと、こまめに水流を止められるので節水効果が期待できます。

TOTO「コンフォートウエーブ3モード THYC69CA」
最大約35%の節水効果が期待できて、たっぷりとした浴び心地も実現

独自のノズルにより、大粒の水玉をスイングしながら勢いよく吐水するため、しっかりとした浴び心地が楽しめます。節水率は最大約35%で、たっぷりとした水量で洗っている感覚です。水流切り替えは3段階に対応しています。

【基本スペック】
ミスト:ミリサイズ、節水率:最大約35%、止水ボタン:なし、水流切り替え:3段階、取り付けネジサイズ:G1/G2
【編集部の評価】
汚れ落ち:2/水流のやさしさ:3/広がり:4/水圧:4/使い勝手:4/総合:3.4
【小林氏のコメント】
「散水板が大径で、まっすぐな水流で広範囲を洗い流せました。大粒の水玉がスイングしながら出てくるので、節水タイプとは思えないほど大量の水を浴びることができます。水流切り替えスイッチは軽快なクリック感で、片手で操作できました。グリップも握りやすくていいです。打たせ湯のような太い水流もあるので、気分転換に使うといいですね。ただ、本体価格はやや高めです」

カクダイ「リラックスストップシャワー 356-910-W」
低価格ながら、節水率と水圧のバランスにすぐれた高コスパモデル

2,000円台で購入できるという低価格で、節水率最大約35%を実現。コストパフォーマンスにすぐれています。水圧も十分で、止水ボタンも付いているので、より節水効果を高められるでしょう。

【基本スペック】
ミスト:ミリサイズ、節水効果:最大約35%、止水ボタン:あり、水流切り替え:なし、取り付けネジサイズ:G1/G2、適合ホース:KAKUDAI・TOTO・LIXIL(INAX)バランス釜以外・SANEI・YUKO製品、付属アダプター:KVK・MYM 用
【編集部の評価】
【小林氏のコメント】汚れ落ち:2/水流のやさしさ:3/水流の広がり:3.5/水圧:4/使い勝手:4/総合:3.3
「やさしい浴び心地の水流がたっぷりと出てきます。特に中央部の水流が多いので、頭皮も素早く洗えます。グリップが細めで女性の小さな手でも扱いやすく、コストパフォーマンスはNo.1といえるでしょう」

まとめ。気持ちいいシャワーでオン・オフの切り替えを

清潔志向の高まりや、おうち時間を充実させたいというニーズもあって、高機能なシャワーヘッドが注目されています。ただし、高機能であればそれでよし、というわけではありません。シャワーヘッドはむしろ、仕様に表れてこない「使用感」、さらにいえば浴び心地が大切な製品です。目的に応じた効果が得られ、バスタイムで気分転換ができて、一日のオンとオフの切り替えができるか。そんなことをテーマに、これまで100本以上のシャワーヘッドを試し、研究を重ねてきました。今回の検証では、そうした経験も基に、汚れ落ちなどと並んで浴び心地を重視し、各社の製品を評価させていただいています。ぜひシャワーヘッド選びの参考にしていただき、エネルギッシュな毎日を送るためのパートナーを見つけていただきたいものです。

>>価格.comユーザーのおすすめは?シャワーヘッドの人気商品ランキング

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る