目指せ“デキる男” 〜第一印象向上計画〜
目指せ“デキる男” 〜第一印象向上計画〜

大切なのは髪より頭皮! 薄毛やフケを予防するヘアケアの基本(シャンプー編)

ビジネスでもプライベートでも、第一印象は見た目で決まる! 清潔感のある“デキる男”になるための身だしなみ術を、ヘアメイクアップアーティスト 田村俊人が指南します。今回のテーマは「ヘアケアの基本」。「シャンプー編」と「ドライヤー編」の2回に分けてお届けします。

男性の髪は傷む前に切ることがほとんど。大事にすべきは頭皮です

まず知っていただきたいのが、ヘアケアの比重は髪より頭皮に置くべきということ。男性は女性と違い、髪を美しく伸ばす必要がない人が多いからです。また、男性の頭皮は皮脂の分泌が多いのでフケやニオイなどのトラブルが起きやすく、抜け毛もしやすい。そのため、しっかりと頭皮ケアをする必要があるのです。

一般的に男性の頭皮は女性に比べ皮脂分泌量が多いもの。そのピークは30代と言われています

シャンプーは頭皮の悩みに合わせて選びましょう

シャンプーは基本的に何を使ってもかまいませんが、迷った時はノンシリコンシャンプーを選ぶといいでしょう。洗い上がりの髪がキシみやすいため好みは分かれますが、頭皮に成分が残りにくく、髪の短い男性には合っていると言えます。ただし、フケ、薄毛、頭皮のベタつきなど特別な悩みがある場合は、その症状に対する効果をうたっている製品を使用するのが得策です。

ちなみに僕は、髪が短い男性がコンディショナーを使用する必要はないと考えています。コンディショナーに含まれている髪の毛をつるつるに仕上げるためのコーティング成分は、頭皮に残りやすく毛穴詰まりの原因に。頭皮のことを考えるなら、シャンプーだけのほうがベター。髪が長めの人でも、つけるのは毛先だけで十分です。

価格.comで「メンズシャンプー」をチェック!

シャンプーは強めの力で頭皮をマッサージするように

頭皮をケアするためのシャンプーのポイントは大きく3つ。「シャンプーを原液のまま使わないこと」「爪を立てないこと」、そして、「頭皮をマッサージするようにシャンプーすること」です。

まずは整髪剤やゴミ、ほこりなどを落とすため、髪をよくすすいでください。時間がある時や汚れがひどい場合は、シャンプーを使用して予洗いしましょう

原液は刺激が強いため、手に取ったシャンプーにお湯を少量加えて軽く泡立てます

原液は刺激が強いため、手に取ったシャンプーにお湯を少量加えて軽く泡立てます

洗う時、抜け毛を気にして頭皮にやさしく指を当てる人が多いですが、それは逆効果です。むしろマッサージするように適度に刺激を与えてください。頭皮は動かすことで血行がよくなり、抜け毛の予防になります。シャンプー程度の刺激で抜けてしまうのは、近いうちに生え変わる運命だった髪。抜けたからといって悲観する必要はありません。

耳のうしろや首との境目など、特にニオイが出やすい部分から洗っていきます

耳のうしろや首との境目など、特にニオイが出やすい部分から洗っていきます

爪を立てず、指の腹で頭皮をマッサージするつもりで洗います。下から上に頭皮を引き上げるようにすることで、顔のたるみの改善も期待できますよ

頭皮にシャンプーの成分が残らないよう、すすぎはしっかりと

頭皮にシャンプーの成分が残らないよう、すすぎはしっかり!

頭皮用アイテムを取り入れればより効果的

頭皮ケアへのモチベーションが高まったなら、シャンプーしながら使用できる頭皮用の美容家電にも注目してみるといいかも。頭皮をしっかり動かしてヘッドスパのようにマッサージしてくれるだけでなく、ブラシの繊細な動きによって、人の指では取ることが難しい毛穴の皮脂も、さっぱり洗ってくれます。気持ちよくシャンプーができるのでリラックス効果もありますよ。

パナソニック「頭皮エステ〈皮脂洗浄タイプ〉EH-HM77」は、4つのブラシがそれぞれ別方向に回転してヘッドスパサロンのテクニックを再現。マッサージしながら皮脂を洗い出します。ブラシの回転速度を選べるので、コンディションによって使い分けが可能

 

アンファーの頭髪研究とパナソニックの機械工学により開発された「頭皮エステ<スカルプD メカノバイオ> EH-SHM87」。頭皮への密着度が高い「スカルプDブラシ」と、心地よいリズムで頭皮をケアする「スカルプDモード」を搭載。頭皮を大きく動かして寄せ上げます

価格.comで「頭皮エステ<スカルプD メカノバイオ> EH-SHM87」をチェック!

ヤーマン「アセチノヘッドスパ IB-20」は、240個の突起が皮脂を搾り出す「頭皮洗浄」と、吸いつきながら頭皮をもみ上げる「もみだし」という2種のアタッチメント付き。用途に合わせて使い分けができます

しっかり乾かすまでがヘアケアです。次回「ドライヤー編」へ続く!

正しいシャンプーの仕方はマスターできましたか? 続く後編では、頭皮を守る正しいドライヤーの使用法についてお話しします。

田村俊人

田村俊人

美容家 Hair&Make-up artist。祖母の代から美容師一家に育ち、自身もヘアメイクの道へ。女性美容術のアレンジではなく、独自の理論で男性美容術を確立。「稼ぐ男のバレない男性美容」(主婦の友社)など著書多数。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る