いいモノ調査隊
園芸用ネットがあると便利

思ったよりカンタン♪な「グリーンカーテン」の作り方

今年も夏は節電モード。エアコンの温度設定もちょっと高めに…いや、できれば使わないで過ごしたいものです。とはいえ、暑いものは暑い。特に日差しが照りつける部屋で、エアコンなしでは室内の温度はあっという間に40度を超える暑さに。日本にはすだれやよしずという、外の日差しをさえぎる日本古来のすぐれた商品がありますが、それ以上に効果があるといわれているのが、グリーンカーテンです。

植物の葉は日光をさえぎり、また吸収した水分を葉の気孔から蒸発させます。この蒸散作用で周囲の気温が下げられるため、単純に日をさえぎったよりも効果が高いのです。ところで、グリーンカーテンって、どうやって作ればいいのでしょう?

簡単に説明すると、日差しをさえぎりたい窓の外側に園芸用ネットを張り、そこにつる性の植物(アサガオ、ゴーヤ、ヘチマ、キュウリなど)を茂らせてカーテンのようにするだけです。ネットの長ささえあれば、1階の庭から2階の物干し台までカバーすることも可能です。

このように、2Fベランダ物干しから1Fまで園芸用ネットを吊るします。1階の庭から2階の物干し台までカバーすることも可能

このように、2Fベランダ物干しから1Fまで園芸用ネットを吊るします。1階の庭から2階の物干し台までカバーすることも可能

2Fから見るとこんな感じになっています

2Fから見るとこんな感じになっています

もちろんマンションのベランダプランターでも作成可能です。今年は、グリーンカーテンで自宅の壁面を緑化して、暑さ対策をしてみては?

(回遊舎/番場由紀江)

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
ガーデニング用品・農業資材のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る